秘密。

シークレット
『シークレット』(2009)
●観た理由●
チャ・スンウォン主演作なので。
題材に惹かれるものがあったから。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
物語の展開やテンポは良く謎解きの過程も楽しめたのだけど、
どうもスッキリとしない感が残る作品だった。
畳み掛けるようなスピード感や仰々しい演出にノレなかったのか、
若しくは単に自分の理解力の無さが原因だったのかもしれないけど。苦笑
特にリュ・スンニョン(ジャッカル役)はオーバーアクト気味で、
その濃い演技に惑わされた感あり。
全く注意していなかった人物の“正体”を知った瞬間は『ヤラれた!』と思った
(更にそこからどんでん返しがあったりする)。
主人公ソンヨルを演じるチャ・スンウォンはやっぱり格好いい。
見事に鍛え上げた身体もチラリと見られて満足。笑
ただ、役柄には共感できなかった。
妻ジヨン(ソン・ユナ)を殺人事件の容疑者だと疑うのだけど、
初っ端から証拠隠滅をしたり一刑事として、
『それはどうなんだろう?』という行動が多かったから。
鑑賞後、観終わった韓流ファンらしき女性たちは口々に
『もう一回、最初から観ないと理解できない』と言っていた。
確かに一理あると思う。
それでもやっぱりこういう“どんでん返し”物は好きだったりする。
●満足度●
★★★☆

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

sabunori says..."なんとなくツッコミたくなる作品"
私もこういうドンデン返しモノは好きですね〜。
でも本作はちょっとツッコミどころが多かったかな。
ジャッカルは確かにオーバーアクトでしたねぇ。
見ていて暑苦しい暑苦しい。(笑)
あのソンヨルを怨んでいた同僚の存在も中途半端だったような・・・。
私としてはラストに思いがけず香港の風景を拝めたので嬉しくなってしまいました。
でもやっぱり夫婦仲直り旅ならあんな近場じゃなくヨーロッパぐらい奮発しなきゃイカンでしょう。(笑)
2010.10.07 21:31 | URL | #JalddpaA [edit]
Jasmine says..."No title"
こちらにもお邪魔します。
途中でピエロの正体に気づいてから、早く進んでって
感じで見てたので、ジャッカルがウザいし
伏線が張りすぎと思ってたら、最後にやられたって感じで
それなりに楽しめた映画でした。
チャ・スンウォンはカッコよかったな。
TBさせて頂きました。
2010.10.09 00:08 | URL | #zF.Cle0A [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん

確かにこの作品はツッコミどころが多かったですよね。
リュ・スンニョンの演技は観ていて本当に暑苦しかったです。
ただでさえ、仰々しい演出だと言うのに。
一瞬、竹内力のVシネマ・シリーズ『難波金融伝・ミナミの帝王』を見てるのかと
錯覚を起こしてしまいました。苦笑

ソンヨルの同僚の人物描写も中途半端でしたよね。
最後は二人の関係性がうやむやになっていましたし。
すべては観客を惑わすための策略だったのか、と。
でも、唸らされるような巧い描写ではなかったですけど。苦笑
香港は“あの人物”と偶然出くわすには、丁度都合のいい距離間なのだと勝手に解釈しました。笑
sabunoriさん、こちらこそたくさんのコメント&TBありがとうございました。
2010.10.09 13:53 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."Jasmineさん。"
Jasmineちゃん

こっちにもアリガトウ。
Jasmineちゃんはいろんな映画やTVドラマを観ているだけに、
ピエロの正体にすぐに気づいたんだね、さすが!
僕は最後の最後まで気づいていなかったという…。汗
すべてはあのジャッカルに振り回された感が強いかも。苦笑
それでも、あの“どんでん返し”には僕もヤラれた感があって素直に楽しめたよ。
チャ・スンウォンはホントにカッコよかったよね!
『戦火の中へ』も映画館で観ようかなと思ってます。
2010.10.09 15:21 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/997-237e6527
シークレット
犯罪組織のボス、ジャッカル(リュ・スンニョン)の弟が殺された。 殺人現場に残っていたのは現場に駆けつけた刑事ソンヨル(チャ・スンウォン)の妻、 ジヨン(ソン・ユナ)がその日身につけていたアクセサリーや口紅のついたグラスだった。 咄嗟に証拠を隠すソンヨル...
シークレット
韓国サスペンス映画を鑑賞。 「セブンデイズ」の脚本家 ユン・ジェグが監督・脚本、「チェイサー」の映像監督も参加と キャストも演技派のチャ・スンウォンだったので面白そうだけど、期待外れかもと 思いながら観たのですが、冒頭からスリリングな展開で面白い作品でした…
該当の記事は見つかりませんでした。