レポ・メン。

レポゼッション・メンレポゼッション・メン②
『レポゼッション・メン』(2010)
※注意!ネタバレしています※
●観た理由●
ジュード・ロウ主演作なので。
●豆知識●
人工臓器回収人(レポゼッション・メン)とは…
【通称レポ・メン。ローンを払えなくなった債務者から、強制的に人工臓器を取り立てる。
小型端末で債務者かを見分けることができ、市民から恐れられている存在。】
ジュード・ロウ(レミー役)はユニオン社№1の回収率を誇る超一流のレポ・メンを演じる。
レミー役はもともとレオナルド・ディカプリオにオファーされていた。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
普段なら観ないであろう、近未来を描くSFサスペンス。
大好きなジュード・ロウが出演しているというだけで観に行った。
とにかく!ジュード・ロウがカッコよすぎでキャアキャア&メロメロ状態。
今回の役の為にしっかりと身体作りをしていることもあって、
本当にNICE BODYになっていました。
男性的魅力炸裂のhairy chestは剃ってあったけどね。笑
何をやっても様になっていて、こういうアクション物も無難にこなせることを確認。
美しい顔立ちをしているなぁ…とホレボレしてしまいました。
改めて漫画家、萩尾望都(『ポーの一族』&『トーマの心臓』)の
世界観が似合いそうだと実感。
どんなに頭がM字になっていようと、あの色気と瞳で見つめられたら誰もがイチコロです。
妻キャロル(カリス・ファン・ハウテン)からもうひとりの女性ベス(アリシー・ブラガ)へと
想いがSWITCHする展開は、ややイージーすぎだと思った。
そこは私生活のジュードのプレイボーイぶりを連想してしまったな。苦笑
アリシー・ブラガがどうも魅力的に映らなくて、
ジュードの相手役に相応しくないと感じてしまった(失礼)。
作品全体を振り返れば、中盤辺りまではスピード感がなかったような。
映倫、R15+指定なだけあって、結構目を覆いたくなるようなシーンがあったり。
クライマックス。レミー&ベスが敵地に侵入し人工臓器のデータを消去しようとする場面は、
まるでセックスを思い起こさせるような表現だった。
かなり“S”が入っていたと感じたけどね。笑
真犯人の行方はフォレスト・ウィテカー(ジェイク役)と
リーヴ・シュレイバー(フランク役)のどちらなのか随時観察しながら観てしまった。
ネームバリューからすると、絶対にこの二人のどっちかだもん。笑
それにしてもジェイクの動機は弱すぎて説得力に欠けると思う。
でも更なる“どんでん返し”に思わず、『おぉっ!』と驚きを隠せなかった。
エリック・ガルシアの原作小説とは違う、
そのラストの展開は思いきり『バニラ・スカイ』(2001)を彷彿させる衝撃があった。
実は途中までの展開に『う~ん、ちょっと中弛みかも』と思えるところがあったのだけど、
僕はあの結末で大逆転ホームランとなり高評価へと変わった。
ここは意見が大きく分かれるところだと言える。
『ここまで引っ張っといて、それはないんじゃない!?』と憤慨する人もいるんじゃないかな。
結果的に僕はアイデアの勝利だと思える作品となった。
それにしても、どこまでが“現実”かつ“真実”なんだろう…。
レポゼッション・メン③レポゼッション・メン④
●満足度●
★★★★☆

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

rogue says..."おはよーございます♪"
王子! おはよ~ございます♪

今週で上映終了みたいなので観てきましたよ~。

中盤が退屈で、この調子で最後までいくんじゃないかと
ヒヤヒヤ?しましたが、
最後はハラハラドキドキで面白かったです。
レミーとべスのデータ消去シーンはもう釘付け。
今年いちばんの名場面かも(笑)
ラストの展開は衝撃的で、なんかイヤな気分になりました。
うんうん、『バニラ・スカイ』っぽい。

アリシー・ブラガはかわいいけど華がない感じかな。
『プレデターズ』ではけっこうカッコよかったけど・・。
ジュード・ロウはカッコよすぎでしたね。
アクションシーンでメロメロになりました☆
それにほんとナイスバディでした♪
2010.07.30 09:53 | URL | #saqCtuag [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんばんは!
おっ!遂に観てきたんだね♪
確かに中盤の描き方はちょっと退屈だったよね。
僕もその時点では点数が低くなっていたもん。苦笑
俄然、クライマックス直前から面白くなってきたよね。
レミー&ベスの“例”のシーンは普通のベッド・シーンより遥かに官能的だったよね。
確かに今年の名場面入り決定かも!笑
ラストの展開はそれまでが余りにも上手く行き過ぎていたので、
『そう来たか!』と思わず興奮してしまったよ。

アリシー・ブラガは、そう…華がなかったんだよね。
余り共感できるヒロイン像ではなかったし。
ジュード・ロウは本当にカッコよかったよね!
アクション・シーンもサラッとこなせちゃう辺りに益々惚れた。
オープニングの筋トレ・シーンの背中にはゾクゾクしちゃったもん。
rogueさんがジュードにメロメロになるの、100%理解できちゃいます!笑
2010.07.31 01:02 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/975-db0130fd
該当の記事は見つかりませんでした。