セックスと街2。

セックス・アンド・ザ・シティ2セックス・アンド・ザ・シティ2②
『セックス・アンド・ザ・シティ2』(2010)
※注意!ややネタバレしています※
●観た理由●
大好きなシリーズ物なので。
●豆知識●
前作『セックス・アンド・ザ・シティ』での、4人それぞれのハッピーエンド。
【ベストセラー作家のキャリー・ブラッドショー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、
式当日に結婚をドタキャンされたミスター・ビッグ(クリス・ノース)と、遂にゴールイン。
理想の結婚を求めるシャーロット・ヨーク(クリスティン・デイビス)は、
2度目の結婚にして悲願の妊娠・出産。
弁護士のミランダ・ホッブス(シンシア・ニクソン)は育児と仕事でパニック、
セックスレスの夫に浮気されて激怒するが、愛の力で復縁。
PR会社社長のサマンサ・ジョーンズ(キム・キャトラル)は、
年下の恋人とステディになるが、自由奔放な恋愛を諦めきれず前向きな別離を選ぶ。】
そして今回の続編では、その2年後が描かれている。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
もちろん、僕は迷うことなくWOWOWのTVシリーズで慣れ親しんだ、
日本語吹替版でのスクリーン鑑賞。
一緒に観たのは“サマンサ&ミランダ”の精神を持った男子親友。
僕は“キャリー&シャーロット”の精神を持っています。笑
全米の批評家筋に酷評されているような悪い出来とまでは思わなかったけど…
前作の映画版第1作目には到底及ばない出来だったことは認める。
やっぱり【1】の終わりで主人公キャリーが結婚した時点で、
物語に広がりを求めるのは難しかったと言える。
今回は陽気に笑えるシーンが多くて、ドラマチックな要素はほとんど無かった。
印象に残ったシーンはシャーロット&ミランダの2人が、
子育てに関して“毒”を吐き合うところ。
セックス・アンド・ザ・シティ2
これまでに余りなかった組み合わせと、
子どもを持つ者同士にしか解らないであろう悩みを共有しているシーンに
キャラクターの成長を感じずにはいられなかったから。
ちなみに、クリスティン・デイビスの顔が以前と変わったように感じたのは気のせい?
逆に今回のサマンサのアブダビでの言動は良くも悪くもヤリ過ぎ感あり。
この点はアラブ首長国連邦に住む人々を、
やや小バカにしていると捉えられても仕方がないと思う。
私生活でGAYだとカミングアウトしているマイケル・パトリック・キング監督だからこその
差別や偏見に対する慎重かつ公平な描き方の配慮がほしかった気もする。
それでもまぁ、サマンサがパイプを吸うシーンは爆笑ものだったけどね。
僕的にはやっぱり今回の舞台の中心地となるアブダビよりも、
N.Y.で活き活きと生活する4人の姿を追ってほしかった。
もちろん、彼女たちの愛する家族と一緒に。
それを活かした脚本を書くのは難しかったのだろうか?
アブダビでキャリーと再会したエイダン・ショウ(ジョン・コーベット)の
出番の終わり方はあんまりだ。
エイダンに対するキャリーの思いやりがあるシーンも挿入してほしかった。
この辺りのキャリーの行動は幼く感じてしまったね。
元カレとキスしたぐらいで大騒ぎしすぎだと思う、ティーンエイジャーじゃあるまいし。苦笑
ホテルのバトラーとのエピソードももう少し掘り下げて描いてほしかったな。
オープニングを飾るスタンフォード(ウィリー・ガーソン)&
アンソニー(マリオ・カントーネ)の結婚は有り得ないと思ってしまったり。
この意見はGAYにしか解らないものがあるかもしれないけど、
あの組み合わせはちょっと考えられないんだよね。
それにしてもアンソニーの弟ニッキー(ノア・ミルズ)は素敵すぎる!
もっとメインのストーリーに絡んでほしかった。笑
僕的には綺麗にまとめてあった【1】の“HAPPY END”のままでいてほしかったので、
今回は続編と言うよりも番外編(“アブダビへのバカンス編”)的な存在に思えたかも。
キャリーのファッションでいちばんのお気に入りとなったのは…
ミランダと市場を散策中にエイダンと再会した時に着ていたもの↓
セックス・アンド・ザ・シティ2②
特にDIORのシンプルなロゴ入りブラックTシャツが可愛く思えて欲しくなったほど。笑
セックス・アンド・ザ・シティ2③←このブルーのシャツも可愛かった。
ラストシーンはキャリー&ビッグが二人一緒のシーンではなく、
【1】のように4人一緒の場面で終わらせてほしかった。
あの4人だからこその『SEX and the CITY』シリーズだから。
さてこの先、無事に【3】が製作されるのだろうか?
次こそはキャリーの妊娠、そして出産で締め括られそうな予感がする。
今回の時点でキャリー&ビッグ夫妻は子どもを望んでいないようだったけど。
でもラストシーンにおける定番のキャリーのモノローグでは
“現時点での私”だと表現していたので、この展開も無きにしもあらずだよね。
マイケル・パトリック・キング監督、
次回はもう少し“喜怒哀楽”のバランスが良く中味のある脚本でお願いします。
…とナンダカンダ書きつつも、彼女たち4人の世界観は大好きだったりするのです。
愛すればこその“忠告”ということで。笑
あ。僕はやっぱりビッグのような包容力のある人に惹かれる。
僕もキャリーと同じように、
大好きな人の胸板にもたれたいなぁと思っちゃいました…キャッ@オトメン。笑
●満足度●
★★★★☆

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Jasmine says..."No title"
こんにちは。
たしかに中身のない脚本だったよね。
前作に比べるとホロリとさせられたり
共感できる部分もほとんどなかったし。

3作目はもういいかなと思いましたが
ファンとしては楽しませてもらいました。
TBさせて頂きました。
2010.06.25 16:19 | URL | #zF.Cle0A [edit]
Elijah(管理人) says..."Jasmineさん。"
Jasmineちゃん

こんばんは。コメントとTBありがとう。
うん。今回は中味の薄い作品だったね。
楽しめたけど、TVシリーズ&映画版前作ほど心に残らなかったなぁ。
僕も【3】はもう製作してほしくないけど、でも公開されたら間違いなく観に行ってしまうけどね。笑
2010.06.26 00:37 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/962-0d6807ba
SEX AND THE CITY2/セックス・アンド・ザ・シティ2
大好きな海外ドラマの劇場版「SEX AND THE CITY2」の吹替版を鑑賞。 前作は字幕・吹替の両方を観たけど、今回は時間が取れないので吹替だけになりそう。 キャリーはついにビッグと結婚、シャーロットは念願の妊娠をして次女を出産し ミランダはスティーブに浮気されたが
該当の記事は見つかりませんでした。