今井美樹コンサート2010。

今井美樹
今井美樹『Miki imai Concert 2010』
今井美樹のコンサートに、いつもの女子友達3人と一緒に参加。
今回の会場は僕自身も初めての訪問となった梅田芸術劇場メインホール。
とてもシックでアダルトな雰囲気を漂わせるハコで。
座席は前から17列目のセンターど真ん中。
しっかりと彼女を見つめることができる距離感。
定刻通り、夕方5時半過ぎからのスタート。
相変らずスリムで美しい彼女のフォルムと伸びやかな歌声に魅了される。
ただ、いつもの透明感ある歌声と言うよりかは、やや声が太くなっているように感じました。
もしかすると声の調子が余り良くなかったのかもしれないね。
ステージは二部構成で、間に休憩ありのスタイル。
シングルからはスタンダード・ナンバーの『瞳がほほえむから』、
『PIECE OF MY WISH』、『PRIDE』の3曲を始め、
『DRIVEに連れてって』、『愛の詩』、『宝物』、『ひとひら』を披露。
僕的に特に聴くことができて嬉しかった曲は『A PLACE IN THE SUN』、
『The Days I Spent With You』、『愛の詩』の3曲。
3パターンあったステージ衣装でいちばん印象に残ったのは、
やっぱりアンコールでサラリと着こなしていた赤のドレス。
会場内で販売していたTシャツのカジュアル・スタイルで登場すると思っていたので、
この衣装チェンジにはかなり驚かされたなぁ。
彼女がステージに登場した瞬間、場内が騒然となったほどのエレガントさでした。
…さて。実は今回、自分の中で今井美樹のコンサートへ参加することを、
ひとまず“卒業”しようとぼんやり考えていました。
その理由を正直に言うと…彼女のコンサートにどこかマンネリを感じ始めていたからです。
彼女の歌声を“生”で聴けることの有り難味や純粋な喜び、
SET LISTに新鮮味をすっかり感じなくなっている自分が居ることに気づきました。
プラス、これまでずっと一緒に参加してきたメンバー全員で鑑賞することが
今後、難しくなってきたせいもあったり。
なので、丁度タイミング的にもそういう時期なのかもしれないなと思えました。
振り返れば、1993年秋の『flow into space』ツアーから参加できる限り、
彼女のコンサートを鑑賞してきたなぁ。
僕が人生で最も多く参加したライブは、きっと“今井美樹”だと思う。
第2部クライマックス。
『The Days I Spent With You』のイントロが流れた瞬間…
僕の頭の中で走馬灯のようにいろんな想いが込み上げてきて、
泣きそうになりながらも心の中で思いきり彼女と一緒に歌いました。
この曲は数多くある彼女の持ち歌でも格別に好きな一曲。
そして。今回のコンサートの締めに近年発表されたシングルの中で、
いちばん好きな『愛の詩』を歌ってくれたことも単なる偶然じゃないように思えたり。
それはまるで“今井美樹”からのこれまでのご褒美のように感じ取れました。
今後は“CD”というカタチで応援し続けることになると思うけれど…
これまで約16年間に及ぶ、たくさんの心地よい空間を提供してくれたことに心からの感謝を!
また、いつかの再会のステージまで。

♪私の手に残されたものならば
目の前に続く道
歩いてゆく 自分に生まれて来て
まだ借りがあるのだから

──『A PLACE IN THE SUN』(作詞:岩里祐穂)より抜粋。

♪春の息吹も 夏の陽射しも 秋の木立も 冬の星座も
あなたのそばで生きていたから気づいた

静かな瞳 着古したシャツ ソファーのきしみ 好きだった歌
あなたのそばで暮らした日々は帰らない

あなたを愛し あなたに抱かれ あなたと笑い あなたと泣いて
夜明けを歩き 明日へ願い 夢を見た

──『The Days I Spent With You』(作詞:岩里祐穂)より抜粋。

♪さよならをするために
誰もがめぐり逢うなら
それでもなお同じ笑顔に
もう一度出逢いたい

風やまない夜を越えて歩いてゆく
たった一度だけの人生を逃げないで
涙あふれ傷ついても
あなたのこころは死なない

──『愛の詩』(作詞:岩里祐穂)より抜粋。

▲ SET LIST(2010.3.13@梅田芸術劇場メインホール)
第1部
01.瞳がほほえむから
02.PRIDE
03.友だち
04.滴
05.オードリーのように
06.Ordinary magic
07.陽のあたる場所から
08.after all
09.PIECE OF MY WISH
10.ひとひら
11.A PLACE IN THE SUN
----------------------------------------------------------------------
第2部
12.DRIVEに連れてって
13.beautiful life
14.どしゃ降りWonderland
15.未来は何処?
16.初恋のように
17.海辺にて
18.The Days I Spent With You
19.re-born 
----------------------------------------------------------------------
Encore
20.宝物
21.愛の詩
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/927-f39eb037
該当の記事は見つかりませんでした。