2009年自分史総括。

2009年に映画館で観た映画は、103作品。
映画館へ足を運んだのは、107回。
内、GUYSと観たのは、45回。単独で観たのは、62回。

毎年、総括の時に記している言葉。
2009年もたくさんの映画のおかげで、いろんな国を旅することができました。
大いに励まされ癒され救われ考えさせられ楽しまされ笑わされ泣かされ…。
映画製作に携わるすべての方に心から感謝したいと思います。

僕の映画鑑賞に付き合ってくれたGUYSにも感謝。
奈良ちゃん…18作品。
奥野…16作品。
坂本ちゃん、吉村ちゃん…2作品。
有美ちゃん、和美ちゃん、ツージィ、渕さん、
ナカジ、友ちゃん、藤原ちゃん、山ちゃん…1作品。

2009年。
Elijahがハマった人たち
a.映画俳優
【イギリス】ジェームズ・マカヴォイ。映画俳優部門№1。
とにかく飽きることなく、この一年間ずっと大好きな状態が続いていました。
11月には念願だった『ジェイン・オースティン 秘められた恋』(2007)が
ようやくスクリーンで観られたし♪
『The Hobbit』二部作(2011年12月&2012年12月全米公開予定)の
キャスティングの噂は白紙に戻ったようだけど、マカヴォイくんで決まってほしいなぁ。
ほかには【アメリカ】ライアン・レイノルズ、【フランス】メルヴィル・プポー、
【韓国】イ・ジョンジェ、【台湾】ジョセフ・チャン、【日本】妻夫木聡にハマりました。
b.音楽
【イギリス】COLDPLAY。音楽部門№1。
僕にとって、最も2009年を象徴する存在となりました。
彼らの音楽が僕のiPod nanoから途切れることは一度もなかったです。
2月に参加した日本公演が遥か昔のことのように感じる今日この頃…。
ひとまず、年明けにWOWOWでO.A.される、
ドキュメンタリー番組『Viva!コールドプレイ』が楽しみ♪
ほかには【アメリカ】MAROON 5、【日本】平井堅にハマりました。
c.漫画家
【日本】よしながふみ。漫画家部門№1。
まるで映画を観ているような起承転結のあるしっかりとした作風に魅了されました。
特に『フラワー・オブ・ライフ』の完成度の高さは素晴らしかったです。
4月に日本公開された『西洋骨董洋菓子店』に続く、
よしなが氏作品の実写映画化『大奥』の公開が楽しみ♪
監督:金子文紀、主演:二宮和也(水野祐之進役)&柴咲コウ(女将軍、徳川吉宗役)の
組み合わせで2010年10月1日公開です。

映画に関して言えば。
今年は映画館で観たいと思える作品だけ劇場へ足を運ぶようにしたので、
明らかに2008年より鑑賞本数は減った。
そのおかげでワースト映画に出会う確率がかなり低くなったことが良かったり。
約20年間も映画館へ通い続けていれば、自分の好みの作品は確実に判るもんね。
まぁその分、苦手なジャンルに挑戦する冒険心がなくなってしまって、
安全パイばかりを観ることになってしまうけど…
それはもう後日、WOWOWのTV放送で追いかけていったらいいかな、と。
でもWEB上で誰かが絶賛している作品を映画館へ観に行って、
素晴らしい物語と出逢えた時の嬉しさは捨て難いけどね。
邦画以外の外国映画が①シネコンの繁栄
②ハリウッド映画のマンネリ化③ゆとり世代の字幕離れの影響もあって、
確実にヒットする作品しか上映しない傾向になってきているのは哀しい。
これまで当たり前だった字幕版での上映も、
日本語吹替版の方がいずれ上回る時が来るのかもしれない。
そんな状況だったりするけど、どうかミニシアター系の映画館には踏ん張ってほしいと思う。
もしかしたらこの先、今まで上映されてきたようなEU映画辺りも
どんどんDVDスルーになっていくのかもしれないなぁ。
今の邦画に満足できないような目の肥えた若い映画ファン&
斬新なアイデアを提供できる世界各国の若い映画製作者たちが育っていってほしいです。
BLOGに関して言えば。
今年もコンスタントに記事は書いていたけど、
コメントの受付を休止している状態がこれまででいちばん長かったと思う。
その間にtwitterによそ見をしてみたり。
でも、やっぱり自分にいちばんフィットするのはBLOGだと再確認できる機会となりました。
親しくさせて貰っているブロガーさん&マイミクさんとの繋がりも
今は程よい人数に限られているので、これからも狭く深く派で関わっていけたらいいなと思います。
プライベートに関して言えば。
仕事
今年、約4年間働いた職場を退社。
結果的にその件でいろんな人を心配させることになってしまった感アリ。
でも温かく見守り続けてくれた優しさに感謝している。
…と同時に心配してくれる人が居ることの有り難味を痛感する瞬間でした。
ちなみに元カレが僕のその間の状況を察知して、
『もしかして もしかしたら 仕事休業してるとか?』と
即行、メールが届いたりした時もあったけど…大丈夫、その点に関してはご心配なく。笑
恋愛
2月に2年3ヶ月、付き合った彼氏と別れた。
丁度、去年(2008年)の今頃はネガティブ・モードが最高潮だったと思う。苦笑
でも別れた今でもマメに連絡を取り合っているので、違和感なく友情は続いている。
まぁ周りから見れば、この関係はとても奇妙なようだけど。笑
だけど、こういう繋がり方もアリなんだと僕は言える。
大好きな人は変わらず居ます。
でもその人と付き合いたいという想いは特にないので、今の心地よい関係でいられたらイイな。
2010年
2009年と変わらず自分への模索が続く年になると思うけど、
その過程の中で少しでも自己発見できていければいいなと感じています。
2010年の目標は貯金をすること。←毎年、同じことを言っているけど。笑
そして、自分の心に余裕と優しさを持つことかな。
あ、痩せることも課題。本当に肥ってきているから。
今までは『ロード・オブ・ザ・リング』のイライジャ・ウッドに似ていると言われ続けてきたけど、
今じゃすっかり『シン・シティ』の時のイライジャ・ウッドに変貌しちゃっています。
髪をバッサリ切ってお洒落坊主にした瞬間は市川海老蔵に似ていると言われるけど。
でも、つい先日言われたのは…奈良県のマスコットキャラクター【せんとくん】だったり。
僕的にこれはかなりショッキングだったけど否定はできなかったので(苦笑)…
この先、そう言われないためにも痩せなくちゃ!

…という感じで2009年自分史総括を締め括りたいと思います。
どうやら2009年の記事はこれが最後になりそうです。
定期的に読んで下さった方、ありがとうございました。
2010年もお付き合いの程、どうぞヨロシクです。
それでは、良いお年を♪
※年明け!【2009年年間ベストテン】発表。乞う御期待!

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

rogue says..."お世話になりました!"
王子! こんにちは♪

今年も大変お世話になりました。
来年も王子にしっかりついていきます!!!
よろしくお願いします!!!

王子は今年も劇場でたくさんの映画をご覧になったんですね。
私はその何分の1かです。笑
年明けの【2009年年間ベストテン】がすごく楽しみ♪
王子のランキングはいつも興味深いです。
王子に比べると私のランキングなんて、ヘっみたいなもんですから。笑

>ゆとり世代の字幕離れ。
これはまったく知らなかったです。やっぱり字幕で観てなんぼですよ。ねぇ!
まあちゃんとした声優さんがやってくれるのなら吹き替えでもいいですけど。
吹き替えにタレントを使うのだけはやめてほしいなぁと思います。
でも映画館でも吹き替えが主流になるとしたら、もう映画館へは行かないかも・・。

王子はマカヴォイさんにハマってましたよね♪
『The Hobbit』、某アメコミヒーローの彼がやるとかいう噂も出てましたが、
どうなるんだろう・・。絶対マカヴォイさんにやってもらいたい!!!

ではでは、風邪などひかぬよう、よいお年をお迎えくださいませ。
あ、王子のイメージがすっかり“せんとくん”になってしまいました。笑
2009.12.30 11:07 | URL | #saqCtuag [edit]
湛 says..."大変お世話になりました。"
お疲れ様でございました。
Elijahさんのお陰で様々な情報を入手できました。
本当にありがとうございました。
私は目標の100本に後5本足らず、今年は95本で終わりました。
観たい映画が来てくれなかった事が大きな原因でしたが、
めげず来年も素敵な作品を求めて心の旅を続けます。
またまた情報に頼らせて頂きます故、宜しくお願い致します。
どうぞ、体調を崩されませんよう御自愛ください。良いお年を。
2009.12.30 12:03 | URL | #nxzuATHA [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんばんは!
こっちこそ今年もどうもありがとう&お世話になりました。
来年もしっかりついてきてね♪笑

今年は映画館で103作品観たんだけど、
去年はそれ以上の183作品だったから、僕的には少ない方なんだよね。笑
僕の年間ベストテンはかなり個性的だと思うけど、お楽しみに♪
ゆとり世代の字幕離れ…最近の子たちは字幕スーパーを読む力がないらしくて、
字幕のスピードについていけないんだって。
だから日本語吹替版を好む傾向があるみたいだよ。
うん。やっぱり外国映画は字幕に限るよね!
日本語吹替版は確かにきちんと経験を積んできた声優さんじゃないとイヤだ。
もうね、話題性の為だけにタレントを使うのは僕も止めてほしいと思ってるよ。
以前、『タイタニック』のTV放送を妻夫木聡&竹内結子が担当した時、
大好きなブッキーでも許せなかったもん。笑
来年もきっとジェームズ・マカヴォイにキャアキャア言ってると思う!笑笑
僕的にはキャスティングが決まっている『Wanted 2』よりも、
『The Hobbit』のマカヴォイくんを観てみたいんだよね。
絶対にあの世界観とコスチュームが似合うハズだから♪
『Wanted 2』より先に製作されるセス・ローゲンとのコメディ『I'm with Cancer』も楽しみだ☆

rogueさんも風邪をひかないように気をつけてね。
2010年も変わらずどうぞヨロシクです♪
あ、もう【王子】と呼んで貰っている場合じゃないかも!笑
でも、せんとくんと呼ばれるのはイヤだーーーっ。爆
2009.12.30 21:28 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

こんばんは。
こちらこそ仲良くして頂いてありがとうございました。
今年は湛さんと知り合うことができて良かったです。
それにしても湛さん!95本も観られていたんですね!凄い!
湛さんは観た映画の感想をBLOGやmixiなどに書いていないんですか?
ちなみに今年の僕の目標は週一ペースで考えて52本だったんですけど…
やっぱりそういう訳にはいきませんでした。笑
来年もお互い、素晴らしい作品と少しでも多く出逢えるとイイですね。
共に映画の旅を続けましょう。
湛さんも身体に気をつけて、良い年をお迎え下さい。
2009.12.30 21:37 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
sabunori says..."今年もお世話になりました!"
Elijahさん、今年1年お世話になりましたー。
私もElijahさん同様今年は特に「自分が本当に観たい映画だけ」に絞って劇場通いをしたので
劇場で居眠りする機会は多少減ったような気が。(笑)
来年も今年同様このペースで行こうと思います。
(でもこれだと上映期間が短いことが多くてフットワークを軽くしないとドンドン観逃してしまうのが
ツライところ)
ところで字幕離れのハナシ。
最近はシネコンの先売り状況をネットで見ると、(一般的な)人気作品は確かに吹き替え版から
売れているのがわかりますよね。
昔アメリカで外国映画がヒットしずらい理由が「彼らは字幕を読みながらスクリーンを追えないから」
と知ったときはかなりビックリしましたが、いまや日本もそうなってきているんですよね・・・。
吹き替え版が増えるのは仕方なくても、吹き替え版のみでの公開というのは勘弁して欲しいかなぁ。
来年も大好きな映画と大好きな俳優に少しでも多く出会えるといいですね、お互い。
あ、それとElijahさんには新しい恋の進展もね♪
それでは来年もヨロシクお願いいたします~。
良いお年を!
2009.12.31 22:22 | URL | #JalddpaA [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん

明けましておめでとうございます。
レスが年明けになってしまい済みません。
2009年はお世話になりました。また今年も変わらずヨロシクお願いします。

映画館通いはどこかで線引きをしないと年々、体力&精神的に
しんどくなってきているのもあったので(集中力が持続しないこともしばしば)、
2009年のペースが自分にとって最適に近かったように感じます。
僕も今年も【自分が本当に映画館で観たい映画】だけを追いかけていこうと思っています。
字幕離れ…やっぱりシネコンは日本語吹替版の方が売れ行きが早いんですね。
字幕版の上映が夜の回に偏ったりしているの見ても納得できます。
そうそう!昔は米国人は字幕を読む習慣がないんだ!と不思議に思っていましたが
(彼らは映画鑑賞に関しても英語しか無理みたいですね…笑)、
ここ日本も欧米化になってきているんだなぁと感じます。
このままだと益々、思考能力が低下していくように思えるんですが…。
僕も日本語吹替版だけの上映は勘弁してほしいです。
去年の『ファイナル・デッドサーキット 3D』は本当に最悪でしたもん!苦笑

今年もお互い、本当に素敵な映画と少しでも数多く出逢いたいものです。
sabunoriさんのアジア映画を中心とした感想を今年も楽しみにしています。
僕も恋愛の方もボチボチ頑張りますので。笑
あ、X’mas前後辺りから食べ飲み続きで、せんとくんになりそうな勢いです。笑笑
2010.01.03 12:49 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/889-3c786470
該当の記事は見つかりませんでした。