MOVIE POSTER GALLERY 2009 #3.

気になる映画たち。

バレンタインデーバレンタインデー②
『バレンタインデー』(2010年2月12日日本公開)
監督:ゲイリー・マーシャル
キャスト:ジェシカ・アルバ、キャシー・ベイツ、ジェシカ・ビール、ブラッドリー・クーパー、
エリック・デイン、パトリック・デンプシー、ヘクター・エリゾンド、ジェイミー・フォックス、
ジェニファー・ガーナー、トファー・グレイス、アン・ハサウェイ、アシュトン・カッチャー、
クイーン・ラティファ、テイラー・ロートナー、ジョージ・ロペス、シャーリー・マクレーン、
エマ・ロバーツ、ジュリア・ロバーツ、テイラー・スウィフト
バレンタインデー
バレンタインデー②
バレンタインデー③
MEMO:僕が2010年に観たくてタマらないアメリカ映画の
UK版ポスターが本国USよりひと足、先に解禁!
バレンタインデーのL.A.を舞台に5つの異なった物語が交差して描かれていく。
監督はゲイリー・マーシャルで、彼の下にかつての共演者同士を含めて集結。
こういった豪華キャスト陣によるロマンティックな群像劇は大好き!
しかも好みの俳優ばかりとくる。
気になるスターたちの役どころ(あくまで噂の範囲内ということと、
役柄を知りたくない人はこの先の【 】内を読まないで下さい)。
【ジェシカ・アルバ…アシュトン・カッチャーからプロポーズされる恋人。
ジェシカ・ビール…失恋したばかりでバレンタインデーにデートの予定のない女性。
ブラッドリー・クーパー…ジュリア・ロバーツと同じ飛行機に乗り合わせるGAYの男性。
ジェイミー・フォックス…『バレンタインデーのロサンゼルス』という特集のために
L.A.へ送られたスポーツ記者。
ジェニファー・ガーナー…アシュトン・カッチャーが心の奥底で思いを寄せている親友。
アン・ハサウェイ…街でいちばん大きなタレントエージェンシーでアシスタントとして働き、
郵便係助手の子と付き合っている女性。
アシュトン・カッチャー…花屋を経営する男性。
クイーン・ラティファ…フットボール選手のエージェント。
シャーリー・マクレーン…ジュリア・ロバーツの母親。
エマ・ロバーツ…ボーイフレンドに処女をささげようとするティーンエイジャー。
ジュリア・ロバーツ…イラクからL.A.へ帰国しようとしている女性陸軍将校。】
ちなみにジェシカ・アルバの役は
レイチェル・マクアダムスとエリザベス・バンクスがオーディションを受けたものの獲得できず、
ブラッドリー・クーパーの役はサム・ワーシントン、
ジェイク・ギレンホール、オーランド・ブルームにオファーがいったものの断った模様。
更にジェフリー・ディーン・モーガンも何らかの役でオーディションを受けたものの役を獲得できず、
キャサリン・ハイグルに至ってはオファーがあったものの高額な出演料を要求したようで、
製作会社サイドから断った模様(キャサリン側は違う理由で断ったと否定している)。
そう考えるとキャスティングって本当に大変そうだね。
US版予告編を見たけど、もうそれだけで顔がニヤけてしまいました。
日本も季節ドンピシャの同日公開で嬉しい限り♪
2010年は素敵なバレンタインデーを過ごすことができそうだ。笑

もう一本、同時期に日本公開される群像劇。
『ニューヨーク、アイラブユー』(2010年2月日本公開予定)
ニューヨーク、アイラブユーニューヨーク、アイラブユー②
監督:チアン・ウェン、ミーラー・ナーイル、岩井俊二、イヴァン・アタル、
ブレット・ラトナー、アレン・ヒューズ、シェカール・カプール、ナタリー・ポートマン、
ファティ・アキン、ジョシュア・マーストン、ランディ・バルスマイヤー
キャスト:ブラッドリー・クーパー、ヘイデン・クリステンセン、アンディ・ガルシア、
レイチェル・ビルソン、ナタリー・ポートマン、イルファン・カーン、オーランド・ブルーム、
クリスティナ・リッチ、マギー・Q、イーサン・ホーク、アントン・イェルチン、
ジェームズ・カーン、ジュリー・クリスティ、ジョン・ハート、シャイア・ラブーフ、
スー・チー、クリス・クーパー、ロビン・ライト・ペン、イーライ・ウォラック
ニューヨーク、アイラブユーニューヨーク、アイラブユー②
MEMO:こちらは『パリ、ジュテーム』(2006)に続くシリーズ第2弾で、
複数の監督たちによるN.Y.を舞台にしたオムニバス形式のアメリカ=フランス映画。
もともと配給するはずだった日本の映画会社の倒産により日本公開が延期になっていた作品。
ようやく違う配給会社により劇場公開が決定。
僕はどちらかと言えばオムニバス映画は苦手なのだけど、
日本版予告編を見たらなかなか面白そうだったので気になってきたという…。
ちなみにスカーレット・ヨハンソン監督&ケヴィン・ベーコン主演エピソードと
アンドレイ・ズビャギンツェフ監督&
カーラ・グギーノ、ゴラン・ヴィシュニック主演エピソードは
製作会社の判断で全編カットされた模様。
ニューヨーク、アイラブユー←こちらは俳優の表情が判る韓国版ポスター。

…以上、メモ書き付きポスター・ギャラリーでした♪

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

rogue says..."こんばんは♪"
王子! こんばんは♪

この2作品は私も気になってます♪
『ニューヨーク、アイラブユー』、一時はどうなるかと思いましたが、
無事公開が決まって嬉しいです♪

『バレンタインデー』のキャスティング解説&裏話ありがとうございます。
しっかり予習できました!
しかし出演したいと思ってる俳優さんが出演できなかったり、
出演してもらいたい俳優さんは断らざるを得なかったり、
キャスティングって難しいですね。
結果的に吉と出るか凶と出るかわかりませんしね。
わたし、こういう裏話大好きです。
これからもいろいろ聞かせてくださいねー!

ブラッドリー・クーパーの役は他にそのような候補者がいたんですね。
サム・ワーシントンとオーリーは正直ピンとこないなぁ。
ジュリア・ロバーツの役どころも非常に楽しみです☆

rogue的には、女性陣は『バレンタインデー』、男性陣は『ニューヨーク、アイラブユー』が好みかな。
ぶっちゃけ群像劇は苦手ですが、どちらも観ると思います♪
ブラッドリー・クーパーが両方に出てるってのが楽しみですね♪

『ハングオーバー』のリリース情報もありがとうございます。
何気にジャスティン・バーサも出てますよね♪
劇場公開がなくなったのは腹立つけど、
まあ3月にリリースしてくれるなら許す!

ブラッドリー・クーパーは、スポーツマン的なさわやかさがあって好きなんです~☆
来年は日本でもブレイクの予感???
2009.12.20 23:23 | URL | #saqCtuag [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんにちは♪
rogueさんもこの両作品をCHECKしていたんだね!
『ニューヨーク、アイラブユー』
この作品は日本公開のアナウンスが流れていたにも関わらず、
なかなか公開されないからどうしたんだろう?とはずっと思っていたのもあったので、
ようやくの公開かぁ!といった感じです。
久しぶりにイーサン・ホークをスクリーンで観られるし♪

『バレンタインデー』
こっちはポスターの解禁をずっと待っていたので、
ようやく記事にすることができて自分的に嬉しい!っていうのがいちばんあるかな。笑
製作発表の段階から追いかけていた僕好みのNEWSだったから♪
キャスティングって本当に難しいと思えるよね。
rogueさんの言う通り、結果的にどう転ぶのか判らない、
ある意味ギャンブル的な要素がある訳だし。
僕も昔からこういうキャスティングに関するトリビア情報は大好物なので、
また情報が入った時にでも伝えるね。
うん。ブラッドリー・クーパーの役は彼に到達するまでに3人の候補者が居たみたい。
サム・ワーシントンはクリスチャン・ベイルと系統が似て堅物なイメージがあるので、
こういうロマンティック・コメディ物は似合わない気がするんだよね。
オーランド・ブルームはルックスが美しすぎて、男性的な男らしい魅力をまだまだ感じないし。
ジェイク・ギレンホールは役柄的にも似合う気がしたんだけど、
『ブロークバック・マウンテン』のイメージが取り払えてないまま
この役を引き受けることに躊躇したのかな?と勝手に推測してみた。笑
逆にジュリア・ロバーツの役どころは正直、あんまり想像がつかないんだよね。
だって、陸軍将校には見えないんだもん。爆
僕は男女のキャスト&ストーリー的にも断然に『バレンタインデー』に惹かれちゃいます。
そっか、rogueさんは群像劇が苦手だったんだね…ちょっと意外。
僕はひとつの作品でいろんな人の人生を垣間見れたり、
たくさんの俳優を一気に堪能できるお得感があったりするので好きです♪

そうそう!ブラッドリー・クーパーが両作品に出演してるんだよね。
彼、すっかり売れっ子になっちゃってるもんね。
『ニューヨーク、アイラブユー』にキャスティングされた頃はまだブレイク前だったんだろうけど。
うんうん!彼はスポーツマン的な魅力があるよね。
でも日本では今イチ受けない気がするのは、なぜ??
僕的にこれから全米で公開される彼の出演作の中で気になるのは、
TVシリーズ『特攻野郎Aチーム』の映画版『The A-Team』のペック中尉役かな。
『ハングオーバー』は映画館では観れないけど(泣&怒)、お互い楽しもうね♪
2009.12.21 14:16 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/885-7b91b47c
該当の記事は見つかりませんでした。