第67回ゴールデングローブ賞ノミネート、発表。

第67回ゴールデングローブ賞のノミネートが発表された。
授賞式は2010年1月17日(現地時間)。
主要部門ノミネートは以下の通り。

●作品賞(ドラマ)
□『アバター』(12月23日日本公開)
アバター
□『The Hurt Locker』
The Hurt Locker
□『イングロリアス・バスターズ』(日本公開中)
イングロリアス・バスターズ
□『プレシャス』(2010年GW日本公開予定)
プレシャス
□『マイレージ、マイライフ』(2010年3月20日日本公開)
マイレージ、マイライフ

●作品賞(コメディ/ミュージカル)
□『(500)日のサマー』(2010年1月9日日本公開)
(500)日のサマー
□『ハングオーバー』(日本未公開:2010年3月10日DVD発売)
The Hangover
□『恋するベーカリー』(2010年2月19日日本公開)
恋するベーカリー
□『ジュリー&ジュリア』(日本公開中)
ジュリー&ジュリア
□『NINE』(2010年3月19日日本公開)
NINE②

●監督賞
□キャスリン・ビグロー…『The Hurt Locker』
□ジェームズ・キャメロン…『アバター』
□クリント・イーストウッド…『インビクタス/負けざる者たち』(2010年2月5日日本公開)
□ジェイソン・ライトマン…『マイレージ、マイライフ』
□クエンティン・タランティーノ…『イングロリアス・バスターズ』

●主演男優賞(ドラマ)
□ジェフ・ブリッジス…『Crazy Heart』
□ジョージ・クルーニー…『マイレージ、マイライフ』
□コリン・ファース…『A Single Man』
□モーガン・フリーマン…『インビクタス/負けざる者たち』
□トビー・マグワイア…『Brothers』(2010年日本公開予定)

●主演女優賞(ドラマ)
□エミリー・ブラント…『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(12月26日日本公開)
□サンドラ・ブロック…『The Blind Side』
□ヘレン・ミレン…『The Last Station』
□キャリー・マリガン…『An Education』
□ガボレイ・シディビー…『プレシャス』

●主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
□マット・デイモン…『インフォーマント!』(日本公開中)
□ダニエル・デイ=ルイス…『NINE』
□ロバート・ダウニー・Jr…『シャーロック・ホームズ』(2010年3月12日日本公開)
□ジョセフ・ゴードン=レヴィット…『(500)日のサマー』
□マイケル・スタールバーグ…『A Serious Man』

●主演女優賞(コメディ/ミュージカル)
□サンドラ・ブロック…『あなたは私の婿になる』(日本公開済み)
□マリオン・コティヤール…『NINE』
□ジュリア・ロバーツ…『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』(日本公開済み)
□メリル・ストリープ…『恋するベーカリー』
□メリル・ストリープ…『ジュリー&ジュリア』

●助演男優賞
□マット・デイモン…『インビクタス/負けざる者たち』
□ウディ・ハレルソン…『The Messenger』
□クリストファー・プラマー…『The Last Station』
□スタンリー・トゥッチ…『ラブリーボーン』(2010年1月29日日本公開)
□クリストフ・ヴァルツ…『イングロリアス・バスターズ』

●助演女優賞
□ペネロペ・クルス…『NINE』
□ヴェラ・ファミーガ…『マイレージ、マイライフ』
□アナ・ケンドリック…『マイレージ、マイライフ』
□モニーク…『プレシャス』
□ジュリアン・ムーア…『A Single Man』

以上。

▲ MEMO:『アバター』とジェームズ・キャメロン監督のノミネートを知った瞬間、
思わず放送禁止用語を口走りそうになりました。苦笑
キャメロン監督の元奥さんである『The Hurt Locker』のキャスリン・ビグロー監督、
どうかコテンパンに彼を打ち負かして下さい。笑
主演男優賞でジェレミー・レナーがノミネートされていないのは首をかしげる。
『Brothers』のトビー・マグワイアより彼でしょう。
ちなみにゴールデングローブ賞はジェイク・ギレンホールではなくトビーの方を推したんだね。
まぁ、あの役だとトビーの方が印象強いし難役だもんね。
『イングロリアス・バスターズ』のノミネートは素直に嬉しいです。
助演男優賞は、ほぼクリストフ・ヴァルツが受賞で間違いなし。
『プレシャス』は去年の『スラムドッグ$ミリオネア』的な立ち位置かと。
『マイレージ、マイライフ』のジェイソン・ライトマン監督は、
『JUNO/ジュノ』の雪辱戦となるか!?
それにしても主演男優賞ノミネートのジョージ・クルーニーは作品の選び方にセンスがあるね。
インテリ派だと強く感じます。
助演女優賞ノミネートのヴェラ・ファミーガは着実にスター街道を進んでいるね。
もう『エスター』のようなジャンルには出演しなくなるかもだね。笑
『(500)日のサマー』のノミネートも素直に嬉しい。
特にジョセフ・ゴードン=レヴィットの主演男優賞ノミネートはサプライズ的。
『ハングオーバー』は秋日本公開のはずが、
「主演の俳優が無名だから、ヒットが見込めない」ことを理由に公開が見送り状態に。
ただ今、日本劇場公開を望む署名活動が行われています。
興味のある人は【映画ハングオーバー劇場公開を絶対に求める会】でWEB検索してみて下さい。
↑記事を書いた翌日、日本ではDVDスルー扱いされることが判明。
『恋するベーカリー』と『ジュリー&ジュリア』の主演女優メリル・ストリープは、
やっぱり恐るべし存在!
日本で言えば、長年、主演を張ることができる吉永小百合的な映画スターだ。
『NINE』のノミネートも素直に嬉しい。
恐らく主演男優賞(コメディ/ミュージカル)はダニエル・デイ=ルイスが受賞しそうな気がする。
主演女優賞ノミネートのマリオン・コティヤールと
助演女優賞ノミネートのペネロペ・クルスは波に乗っているね。
ちなみに外国語映画賞でもペネロペ・クルス主演の
『抱擁のかけら』(2010年2月6日日本公開)がノミネートされています。
前評判の高かった『An Education』が
キャリー・マリガンの主演女優賞ノミネートだけで終わってしまったのが意外&残念。
今回は英国映画は敬遠の傾向があるのかな??
『インビクタス/負けざる者たち』の
クリント・イーストウッド監督のノミネートは、正直もうイイ。苦笑
マット・デイモンはこの作品と『インフォーマント!』の
W(主演&助演男優賞)ノミネートの快挙。
彼もジョージ・クルーニー同様に作品の選び方が上手いと思う。
『A Single Man』のコリン・ファースの主演男優賞ノミネートも素直に嬉しい。
初監督作で俳優たちの演技をここまで押し上げたトム・フォードの手腕はお見事。
早く日本公開が決まってほしい(第22回東京国際映画祭では上映済み)。
『ヴィクトリア女王 世紀の愛』で、
エミリー・ブラントが主演女優賞ノミネートされたことも嬉しい。
『プラダを着た悪魔』出身組は着実に演技派へと成長していっているね。
『The Blind Side』と『あなたは私の婿になる』で主演女優賞Wノミネートのサンドラ・ブロック。
両作品共に興行的にも大ヒットさせているし、見事な復活ぶりが素直に嬉しい。
彼女は観客が自分に何を求めているのかよく理解している女優のひとりだと思う。
逆に『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』で
主演女優賞ノミネートのジュリア・ロバーツは謎。
『マグノリアの花たち』の頃から好きな女優のひとりではあるけど、
正直なところ、今回も「あの役の演技くらいで?」と思う。苦笑
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』で助演女優賞ノミネートの時と同じで、
彼女はゴールデングローブ賞(と言うかプレス:外国人記者)に好かれているね。
但し、大本命のアカデミー賞では絶対にノミネートされないことを断言できます。
『The Messenger』で助演男優賞ノミネートされたウディ・ハレルソン。
作品賞にはノミネートされなかったものの、作品自体の評価が高いのでダークホース的な存在だ。
まぁ、でもクリストフ・ヴァルツには太刀打ちできないだろうけど。
『The Last Station』で助演男優賞ノミネートのクリストファー・プラマー。
こちらでもゴールデングローブ賞はジェームズ・マカヴォイではなく彼を推したんだね。
ここはかなり悔しいです!←かなり個人的な思い入れ度、強し。笑
…と言う訳で、僕の独断と偏見による戯言でした♪
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

rogue says..."こんばんは~。"
王子! こんばんは♪

ノミネート、さっそく拝見しました。
ジョセフくん、きたーぁーぁーっ!!!
まさかのノミネートですが、嬉しいです☆
『(500)日のサマー』がますます楽しみになってきた!
ジョセフくんに主演男優賞獲ってほしいけど、
この部門にはダウニーもいるし、う~ん、迷うな~。

『The Hangover』の公開が見送り状態なんてショック!
その理由がすごくムカつくんですけど!
ブラッドリー・クーパー好きなんだけどな~。
『A Single Man』も今のところ日本公開は決まってないんですね。
はやくマシュー・グードが見たいわっ!

あ、いちばん上の「アバター」のポスターを観たとき、
「王子、絶対毒吐くわ・・」と思ってしまいました。笑
2009.12.16 20:05 | URL | #saqCtuag [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんばんは!
YEAH!ジョセフくんのノミネート嬉しいよね~!!
いよいよ関西でも年明けには観られるので(珍しく東京と同日公開だし)、ホント楽しみだよね♪
rogueさんの好きなロバート・ダウニー・Jrもしっかりとノミネートされてるね!
でも、やっぱり受賞はダニエル・デイ=ルイスだって!笑
うん、『The Hangover』の公開は日本の配給担当であるワーナー・ブラザースの
近日公開作品リストから消えてたのでおかしいと思っていたんだよね。
そしたら、納得いかない理由で公開見送りになってたという…。
ブラッドリー・クーパー…僕も好きなんで、日本公開してほしい!
なにげにジャスティン・バーサも出演してるし。
マシュー・グードはメキメキと頭角を現してきたよね。
僕はもちろん『A Single Man』も観たいけど、
rogueさんのBLOGに最近まで貼り付けてあった『Leap Year』も早く観たいんだよね。
『アバター』…あは!やっぱり分かっちゃった??
もうノミネートを知った瞬間は【F】で始まる四文字言葉を連呼しちゃいました。爆
でもrogueさんは『アバター』を楽しみにしてるんだよね…SORRY!!←本気で謝ってません。笑
2009.12.16 23:32 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
湛 says..."リー・ペイスも見て見て~♪"
Elijahさん こんにちは。

「午前10時の映画祭」情報、本当にありがとうございました。
上映作品などシネマ・トゥデイで読んでましたが、実際の上映館も検索できて助かりました。
悲しい事に自転車移動可の範囲ではないし時間帯も厳しい(私の移動手段は殆どチャ~リ~です)。
でも!『第三の男』と『薔薇の名前』観たい!ゲイリー・クーパーもステキですよね~♪
ああ、私って本当に昔のオヤジ好き(^^ゞ

ゴールデングローブ賞はコリン・ファースに頑張って欲しいです!
そしたら、うちの(?)リーも多くの皆様にお目見えできます~。
(↑この口調、のだめちゃん風に読んでください)。
いつもながら見事なポスター・ギャラリー、堪能いたしました。『NINE』がクールですね。
アメリカ映画俳優組合賞の方にも、別バージョンを貼付されてましたね。あちらもカッコいい♪
やっぱりデイ・ルイス御大ですか?納得できるけれど、当たり前過ぎて面白くないな~。
・・・って、ホントにそれで決まりなんですか?(・ ・)?

2009.12.18 17:56 | URL | #nxzuATHA [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

こんばんは。
『午前10時の映画祭』…既にCHECK済みだったんですね♪
そうですか…距離と時間的に厳しそうなんですね。
それにしても自転車で通える距離に映画館があるとは羨ましい限りです。
僕は絶対的に電車で行かないと無理なんですよね。
実は僕、『第三の男』と『薔薇の名前』は見たことがないです。
後者はタイトルを聞くと、若き日のクリスチャン・スレイターを思い出しますね。
チラチラと流し見はしたことがあるんです。
湛さんは本当にクラシックな男優さんに詳しそうですね!

『ゴールデングローブ賞』
コリン・ファースは演技力があるにも関わらずこういった賞関係には無縁に近い人なので、
もっと評価されてもいい男優さんのひとりだと思っています。
なので、『The Single Man』でのノミネートは本当に嬉しいことです。
もちろん、この作品に湛さん最愛のリー・ペイスが出演していることは知っていますよ~♪
豪華出演陣にも関わらず音沙汰の無い『Infamous』も早く日本上陸が決まってほしいですね!

ポスター・ギャラリーを楽しんで頂いているようで、ちまちまと作成している甲斐があります。
『NINE』は米国版本ポスターが今のところ3パターンあるみたいで、使い回している状態です。笑
韓国版ティーザー・ポスターのデザイン(右の方)が僕的にいちばんCOOLなんですけどね↓
http://eplace.blog19.fc2.com/blog-entry-866.html
ダニエル・デイ=ルイスの受賞はあくまで僕の予想ですので軽く聞き流しておいて下さいね。笑
ちなみに前回のアカデミー賞の主要6部門受賞の予想を
すべて当てていることを付け加えておきます↓笑笑
http://eplace.blog19.fc2.com/blog-entry-708.html
2009.12.18 18:37 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/880-7c2f12e4
該当の記事は見つかりませんでした。