今井美樹×Billboard LIVE。

今井美樹⑩
今井美樹 with 倉田信雄『Billboard LIVE』
大好きな今井美樹を聴くために、人生初めての【Billboard LIVE】に参加。
【Blue Note】時代の頃からいつかこの場所で歌う彼女の姿を観たかったので、
ようやく望みが叶うカタチとなった。
今井美樹(vocals)、倉田信雄(piano)による二人だけのステージ。
僕は公演2日目の2ndステージ、カジュアルエリア立見での鑑賞。
場所的には正面中央やや右寄りだったのだけど、
丁度真ん中に視界を遮る柱があって
(僕らから見て)左側でピアノを弾く倉田信雄の姿は全く見えない状態に。
お目当ての今井美樹は無事に見ることができたので良しとしました。
ハコがとても小さいので通常のコンサート会場とは違い、
本当に至近距離で彼女のことを見つめられる。
まるで息遣いまで聴こえてきそうな感覚。
事実、歌いながら足でリズムを取る靴音がステージいっぱいに響いていたり。
モスグリーンのベルベット生地のドレスを着て歌う彼女。
その姿は本当に気品が漂い、美しかった。
ステージ自体もとてもシックかつアダルトな雰囲気に包まれた中、
一曲一曲を丁寧に歌い上げていく。
連日のステージ続きのせいか若干、声が嗄れているような気もしたけど、
それでも透明感のある伸びやかな歌声は健在だった。
SET LISTは初期の頃からのファンにはタマらないものがありました。
シングルからはもはやスタンダード・ナンバーとなった『PRIDE』、
『Goodbye Yesterday』、『年下の水夫』、
この秋にリリースしたばかりの『宝物』と『ひとひら』を披露。
プラスまさかの『彼女とTIP ON DUO』!
なんとなく歌ってくれそうな気配をMCから感じ取れてはいたものの、
歌い始めた瞬間は鳥肌ものでした。
すっかりライブでは歌わなくなった曲なだけに感慨もひとしお状態。
直後の『野性の風』にも嬉しさが込み上げてきて。
そして締め括りがこれ又、『Pray』とくる。
♪あなたの明日が素晴らしい日々でありますように♪
いつどんな時に聴いても心に染み入る曲で、最後の歌詞がとても好き。
アンコールを含めて全11曲、80分ほどのステージだったけど、
満足度は通常のライブと同じくらい高かったです。
本編とアンコール後にサービスエリア自由席付近で鑑賞していた人たちが
今井美樹と気軽に握手をしていて、その光景がとても羨ましかったなぁ。
いつか再会するであろう、
次のステージこそは前の方へ座らなければ!と心に誓ったり。
人生初めての【Billboard LIVE】。
そのステージ、空間、雰囲気といい…
すべてにおいてとても大人な気分を味わうことができました。
corridor
さて。11月25日には3年ぶりとなる、
オリジナル・アルバム『corridor』がリリースされるので楽しみ♪

▲ SET LIST(2009.10.31 2ndステージ)
01.ひとひら
02.PRIDE
03.20才のころ
04.春の日
05.Martiniqueの海風
06.年下の水夫
~On A Clear Day(オスカー・ピーターソンSCAT)~
07.彼女とTIP ON DUO
08.野性の風
09.宝物
----------------------------------------------------------------------
Encore
10.Goodbye Yesterday
11.Pray
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/861-23a4b611
該当の記事は見つかりませんでした。