ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐。

クヒオ大佐クヒオ大佐②
『クヒオ大佐』(2009)
『南極料理人』で好演していた堺雅人と描かれる内容に惹かれて観に行った。
予告編から想像できるような全編コメディ・タッチではなくて、
ややドラマ要素の強い作品として作られていたのが予想外だった。
もちろん、コミカルなシーンが随所に散りばめられてはいるものの、
徐々にどこか寂しさを感じ切ないものが伝わってくるというか。
自称『米軍特殊部隊ジェットパイロット。父はカメハメハ大王の末裔。
母はエリザベス女王の妹の夫のいとこ』と名乗る結婚詐欺師、
クヒオ大佐のことも最終的にはどうも憎めないところを感じたり。
クヒオ大佐を演じた堺雅人はやはり演技が上手で魅入ってしまった。
つけ鼻に全く違和感を覚えることもなく。
いちばん印象に残った演技が実は腕立て伏せの長回しシーンだったりするけど。
観ていて、思わず何回しているのか数えてしまいました。笑
クヒオ大佐を心から愛してしまう弁当屋女社長、永野しのぶを演じたのは松雪泰子。
こういう苦労人というのか、幸の薄そうな役柄を演じさせても上手い。
物憂げな佇まいが絵になっていました。
でも実はこの作品でいちばん印象に残ったキャストはしのぶの弟、
永野達也を演じた新井浩文でした。
同日公開の『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』では1シーンのみの出演だったけど、
今回は出演シーンが多いプラス笑わせてくれる役柄で嬉しく思えたり。
当の本人は別にコメディ演技をしている訳じゃないけどね。
ぶっきらぼうだけど、ナンダカンダ言いつつ姉想いの弟役がとても様になっていた。
彼が口にする言葉がいちいち面白くて本当に笑えたなぁ。
特にクヒオ大佐との電話口でのやり取りは最高でした。
うん、確認することは大事。笑
実在した人物を描いてはいるものの、映画が始まってすぐに
『本作は実在の人物をモデルにした創作である』と断り書きが入るように、
かなり事実とは異なるようなので、
あまりその辺りを意識して観ない方がいいのかもしれない。
映画の中のクヒオ大佐は詐欺師云々の前に虚言癖のある病的な人物として
僕の目には映ったので、痛々しいというか哀れにさえ感じた。
その原因となったであろう彼が育った環境のことを考えたら、
作品を観ていてもう笑うことは出来なくなってしまった。
そういう意味でも、
『(辛いことがあったら)空を見ればいい』という台詞が妙に印象に残る。
被害者のひとりである浅岡春(演じるのは満島ひかり)が、
最後にクヒオ大佐に食ってかかる時に言い放った『どうして、わたしなの?』と
言いたくなる:聞きたくなる気持ちもなんだか解る気がしたり。
それにしても、しのぶはなぜあんな大金を
すんなりとクヒオ大佐に渡してしまうことができたんだろう?
僕には不思議に思えて仕方がなかった。
僕が彼女の立場なら、彼がお金について頼ってくるようになった時点で、
真っ先に相手の身元を調べ出すけどな。まずは迷わず名刺先へ電話を入れます。
恋をすれば周りが見えなくなるとはいうけど、
しのぶの人生の寂しさから取った行動でもあったんだろうな。
この作品…時代設定を平成初期ではなくて昭和だったら、
もっと現実味と説得力を持たせたような気がする。
吉田大八監督の演出は思いきり昭和っぽさを感じたんだけど。
それと冒頭&クライマックスに登場する某省官僚、藤原(演じるのは内野聖陽)の
シーンは、米国VS.日本とクヒオ大佐VS.騙された女性の関係を対比して
伝えたいものがあったのだろうけど、不要なシーンに思えてしまったなぁ。
鑑賞後。クヒオ大佐の発する言葉のイントネーションがあまりに心地よかったので、
ついついペ・ドゥナ演じた空気人形と
コラボレーションしてほしいなと思ってしまいました。笑
満足度:★★★

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/854-619fe236
該当の記事は見つかりませんでした。