堂珍と要ちゃんに惚れ直す。

CHEMISTRY⑧
CHEMISTRY『CHEMISTRY CLUB PREMIUM LIVE TOUR 2009』
※注意!ネタバレしています※
大好きなCHEMISTRYのファンクラブ限定ライブTOURの大阪公演に参加。
こういう企画はファンクラブ会員として、とても嬉しく有難い。
…とは言うものの正直なところ、最近の2人に対しては少し熱が冷め気味でした。
実は今回のライブでそろそろファンクラブを卒業しようかな…と考えていたので。
でもその想いは後々、前言撤回となりました。笑
今回のライブ会場は定番のZEPP OSAKA。
久しぶりにこの場所へ足を運んだのだけど、
かなり景観が変わっていて恥ずかしながら迷ってしまいました。
そんな時に丁度、道行くキャリアウーマン風のお姉さんが居て
優しく丁寧に場所を教えてくれました…感謝。
そうして無事に会場へ到着すると、
既に入場整理番号順に並んでいる人たちの列が見えてきました。
僕の入場整理番号は700番前後。
厳しいセキュリティの中(チケット・ケミクラ会員証・写真付き身分証の提示が必要)、
順序良く入場して行って…
スタンディングエリアの前から10列目くらいの左:堂珍嘉邦側をGET!
ライブ前のアナウンスはケミの2人によるもので…とにかく関西弁が下手で笑える。
そうこうしている内に場内が暗転、即座に明るくなってケミの2人が登場!
オープニング曲はUPテンポな『SUPERSTAR』でした。
曲を歌い出してすぐにスポットライトがはっきりと2人に当たった瞬間、
彼らの表情をしっかりと肉眼で確認できて僕のアドレナリンは最高潮状態に!
堂珍は顔がほっそりしてシャープに。川畑要ちゃんはスリムな筋肉質に。
とにかく『カッコいい!』のひと言に尽きる。
2人とも私生活で子持ちのパパさんとはとても思えない!
特に堂珍の髪型は思わず真似したくなるほどキマっていたなぁ。
無精ヒゲを生やしていなかったし。←堂珍に限っては無い方がいいから。笑
もう今回は本気モードで堂珍と目が合ったと言えちゃいます!
the CHEMISTRY joint album
SET LISTは最新アルバム『the CHEMISTRY joint album』
中心に構成されていて。
過去のヒット・シングルよりも普段のTOURで歌わないようなアルバム曲や
シングルのカップリング曲をあえてチョイスしてくれたような感あり。
事実、SET LIST全14曲中、シングル曲は3曲だけでした。
僕的にいちばんのハイライトとなったのは…
要ちゃんのアッパーチューンなソロ・ナンバー『Party Nite』と
二番の歌詞から堂珍が加わっての
シングル『Life goes on~side K~』の流れが最高だった。
2曲とも、ケミにしてはUPテンポな曲調なので、
とにかく聴いていて楽しい気分になれるから。
2人に誘導されるように手を左右に思いきり振って、ノリノリで聴いちゃいました。
実は『Life goes on~side K~』をフルで聴くのは初めてだったんだけど
(アルバム未収録なせいもあって…苦笑)、かなりお気に入りの曲になりそうです♪
あとは…『You Got Me』での
ケミ2人×オーディエンスとの掛け合いも楽しかったなぁ。
『Someday♪Somewhere♪You Got Me♪』
アンコールでは10月14日に発売される童子-Tとの
jointシングル『あの頃…feat.CHEMISTRY』のCD音源を皆に聴かせてくれたり。
その直後にこの日3人目となる女子が倒れたのも印象に残りました。
なので要ちゃん…オーディエンスに向かって何度も水分補給を促していたなぁ。
果ては熱狂的な(!?)男性ファンのリクエストにより、
『明治チェルシーの唄』のサビ部分をア・カペラで披露してくれちゃうサービスぶり。
更には抽選で10名に当たる2人の直筆サイン入りTシャツの
抽選会がその場で行われて。
その光景はまるでオーディションで選ばれる瞬間を待つ自分みたいな心境でした。
もちろん、ものの見事にハズれたけどね。笑
アンコール締めはシングル『You Go Your Way』で。
この曲を聴くと3年前に京都で行われた平安神宮でのライブを思い出しちゃいます。
そんなこんなで2時間ちょっとに及ぶライブは終了しました。
ケミ2人の魅力によって、僕は最初から最後までキャアキャア状態だったなぁ。笑
そうそう。2人がMCでライブ前日のことを話してくれたんだけど…。
堂珍はBARへ行ったらしく、後はホテルの部屋でカレーせんべいを食べていたとか。
外出時はニット帽を深めに被っていたせいもあってか誰にも気づかれなかったとのこと。
堂珍らしい行動範囲だね。笑
要ちゃんは梅田の阪急百貨店メンズ館で3時間も掛けて買い物をしていたとか。
さすがに気づいた人たちが居たみたいなんだけど、ソッとしてくれた様子。
僕なら絶対に声を掛けちゃうけどなぁ。笑
その後は歩いてヨドバシカメラへ行って、充電器を購入したとのこと。
2人のMCは相変わらずグダグダ感(堂珍=天然、要ちゃん=仕切る)があったけど…
ま、ソレもケミの魅力のひとつだからね。笑
ちなみに今回、僕はGOODSの購入を一切せず。
どうも欲しいと思えるアイテムがなかったので。
僕にしては珍しいことだよね。笑
最後に…今回のライブに参加してみて感じたことを。
2人とも公私共にHAPPYなようで、
それが歌の表現力とちょっとした仕草や表情に出ていて、
観ている僕もその気持ちが伝わってきてなんだか嬉しくなりました。
以前に比べると人気に陰りが見えていて、
今後の方向性を少し心配になったりしてはいたんだけど…
今回それが全然大丈夫そうに思えたし、
ヒット曲だけに左右されないであろう音楽に対する2人の想いやモチベーションを
改めて確認できたような気がして…今回本当に惚れ直しました。
ファンのことを大事に想っていてくれる気持ちも十分に伝わってきたし♪
これからも2人で仲良く力を合わせて、少しでも長く歌い続けていってほしいなぁ。
まずは、2011年の結成10周年が目前だね!
最後の最後に堂珍がさりげなくファンへ向けて放った想い。
『5年後、10年後も一緒に居よう』の言葉通りにね。
次の再会は要ちゃんが発表(!?)してくれた、
『このTOURが終わったら、またすぐに大阪に来ます』の
言葉を楽しみに待っています♪

▲ SET LIST(2009.9.16)
01.SUPERSTAR
02.合鍵
03.Once Again
04.PIECES OF A DREAM
05.キスからはじめよう
06.RAINBOW
07.Our Story
08.You Got Me~Rock With You(マイケル・ジャクソンCOVER)
09.Party Nite
10.Life goes on~side K~
11.my Rivets
12.ALIVE
----------------------------------------------------------------------
Encore
13.Why
14.You Go Your Way
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/837-286f9b6e
該当の記事は見つかりませんでした。