ブッキー×アジアの純真。

ノーボーイズ,ノークライノーボーイズ,ノークライ②
『ノーボーイズ,ノークライ』(2009)
※注意!ややネタバレしています※
日本の俳優でいちばん好きな妻夫木聡ことブッキーの主演映画最新作。
今回は韓国との合作となりました。
脚本が『ジョゼと虎と魚たち』&『約三十の嘘』で
既にブッキーとコラボレーション済みの渡辺あやとくる。
ロケーションのほとんどが日本国内ではあるものの、
監督はキム・ヨンナム、相手役はハ・ジョンウとほぼ8割以上が韓国語台詞での作品。
もちろん、ブッキーもしっかりと韓国語をマスターした上での出演。
全体的にはなんとも不思議な匂いを感じる作品でした。
根本にあるテーマは【家族とは?】というものなんだと思う。
変な日本人や韓国人が出て来ず、
プラス変な日本が描かれている訳でもなかったので安心して観ることができました。
その辺りのテイストやリサーチは渡辺あやらしさだったのかもしれない。
ブッキーにしては珍しく影のある屈折した役柄だった。
ブッキー演じる亨の育った環境がそうならざるを得なかった訳だけど。
逆にハ・ジョンウ(ヒョング役)の
ひょうひょうとした雰囲気が作品全体を和ませていて好印象。
ジョンウはいろんなタイプの役柄を
きちんと演じることが出来る人なんだと改めて見直しました。
だって、今年観た『チェイサー』での不気味な面影は完全に消し去っていたから。
僕にとっていちばんのハイライトとなったのは、
何と言っても亨&ヒョングがのど自慢大会で
PUFFYの『アジアの純真』をカラオケで熱唱するシーンでした。
ブッキーが歌うところを見るのは初めてだったので、かなり新鮮だったなぁ。
しかも、なかなかの音程でカッコ可愛いすぎる。
この時のブッキー&ジョンウは演技を通り越して
思いきり【素】で楽しく歌っているように映っていて、
観ている僕も思わず顔がほころんでしまいました。
ホントに2人の波長がピッタリで、現場での仲の良さが伝わってくるシーンだったもん。
ほかには亨が元カノ(演じるのは貫地谷しほり)と一緒に
喫茶店で会計をするシーンがあったんだけど、
僕も思わず『あんな風にブッキーに支払われたい!』と
心の中でキャアキャア叫んでいました。笑
ラストシーンでのブッキー&ジョンウのキス・シーン(!?)もかなり衝撃的だった!
あの後、ヒョングが目を覚ましたのかどうかは判らないけど、
もし目が覚めたのなら男の友情を超越した男同士の愛情に
目覚めてくれたらいいのになぁ…と勝手な妄想を抱いてしまった始末。笑
ラストのヒョングによるモノローグがとても効果的で良かったな。
『泣くなよ王子 もし目が覚めたら笑ってやるよ』
このなんとも言えない不思議な余韻を残したままの終わり方が好き。
エンディングロールで流れるiLLが歌う『Deadly Lovely』も印象に残った。
この曲が『ピンポン』の主題歌として使用された、
SUPERCARの『YUMEGIWA LAST BOY』に似ているなぁ…と思っていたら、
元メンバーの人だったのでビックリ&大いに納得♪
描かれる内容は重たいはずなのに、
サラリと観れてしまう心地よさみたいなものがそこにはあった。
ジョゼと虎と魚たち春の雪ウォーターボーイズ
…と言う訳で、ブッキー主演作の中でも①『ジョゼと虎と魚たち』(2003)
『春の雪』(2005)に続き③『ウォーターボーイズ』(2001)と
タイに並ぶ好きな作品となりました。
やっぱりブッキー大好き!キャアキャアキャア!!
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
次に観るブッキー出演作は僕の中で秋の本命のひとつでもある、
『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』(10月10日公開)で決まり♪
共演は好きな松たか子、浅野忠信、広末涼子、堤真一と豪華キャスト陣。
太宰治原作による文芸物で、ブッキーは松たか子演じる人妻・佐知に
想いを寄せる青年・岡田役での助演出演。
満足度:★★★★

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

湛 says..."ブッキー意外と声が良い♪"
Elijahさん こんにちは。

実は『ノーボーイズ、ノークライ』
妻夫木君の「アジアの純真」コリアン・ヴァージョン
聴く価値有るかも?と思っていたのです。
彼の事は「可愛いよね」位の好感度なのですが、
いつだったか『天地人』の和歌を詠じるシーンで
「意外と良い声してるやん♪」と思ったのです。
私は声フェチなので男性の美声に弱くて(^^ゞ
これは私の素人感覚と思いますが、日本の俳優は
欧米の俳優に比べて「声」を使い分けない気がします。
声質も台詞回しも、あまり変えない一本調子な感じ。
洋画を絶対吹替えで観たくない理由が
役者本人のステキな声で聴きたいから、
という位に声にこだわる素人なのでした。
日本の俳優さん達も、舞台で観ると又かなり違う
かも知れませんけれどね。

2009.08.25 16:46 | URL | #jPSsrOn2 [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

こんばんは。
はい。ブッキーはイイ声していますよ♪
…で、肝心のブッキーの『アジアの純真』なんですが、
残念ながら思いきり日本語で唄っています。苦笑
ブッキーは確かにどちらかと言えば、カッコいいというよりかは可愛い系ですね。
TVドラマ『天地人』は時々気が向けば見てますが
(【映画俳優】としての彼が好きなので)、おとつい放送の回ではヒゲを蓄えていたので、
思わずキャアキャアとなっていた次第です。笑
僕も湛さんと同じく声フェチですよ。
特に電話越しで聴く声がタマらないです。
日本の俳優では佐々木蔵之介さんと竹野内豊さんの声が大好きですね。
その声を目覚まし時計のアナウンスに使いたいくらいですから。笑
言われてみれば、日本の俳優は声の使い分けが余り出来ていないと思います。
舞台出身の俳優さんは基本、出来ていると思ってますけどね。
僕も本来の俳優の声で観たい派なので、洋画は字幕に限ります。
海外ドラマはなぜか日本語吹替版でOKなんですが。笑
でも何れは字幕が無くなるかもと云われてますよね。
若い世代の活字離れが原因のようで…哀しいことです。
「意外と良い声してるやん♪」
↑あ。湛さんって、もしかして関西の人ですか?笑
2009.08.25 18:54 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/823-c78958f1
該当の記事は見つかりませんでした。