GERE 待たれる側の人。

HACHI 約束の犬HACHI 約束の犬
『HACHI 約束の犬』(2008)
誰もが知ってるであろう『ハチ公物語』のハリウッドVer.が日本先行公開。
普段の僕なら絶対に好んでは観に行かない作品。
その理由は、動物と子ども(特にハリウッド製)が主人公の映画は苦手だから。
ではなぜ観に行ったのかと言うと…大好きなリチャード・ギア様お目当てで。
既に観た人たちの評判は『感動する』とすこぶる良かったけど、
基本的に犬や猫に対して何の愛着もない僕にとっては
きっと退屈な作品なんだろうなと覚悟していた。
ちなみに、犬と猫が苦手な理由(Sorry)。
①猫の毛アレルギーがあるから。
②最近の飼い主たちのマナーの悪さのせいで、犬に対しても印象が悪くなりがち。
③もし自分が飼うとするならば、どうしても不衛生だと感じてしまう。
特に自分が食事をしている近くへ来られたら、かなり戸惑う。
友人が飼っている家へお邪魔して可愛がる分には平気なんだけどね。
…でも映画の出来は予想外になかなか良かったので、正直なところ驚いた。
ストーリーはシンプルかつ静かに進んでいくんだけど、
妙に心落ち着くものがあるというか…柔らかい雰囲気を醸し出していました。
日本映画『ハチ公物語』のリメイク作としても、
過剰な脚色をしていなくて心地よく観ることができたり。
最後もクレジットできちんと日本のハチ公に対する事実も伝えてくれていたし。
ラッセ・ハルストレム監督の抑えた淡い演出も好印象でした。
ハチの視線をモノクロで表現するところは解りやすかったし、効果的だったと思う。
そのハチを演じる3匹の犬たちの表情や仕草、
目で訴えてくる気持ちも印象に残ったなぁ。
ハチの飼い主となるパーカー教授演じるギア様は、
相変わらず素敵で特にひとり娘の結婚式でのタキシード姿には
私生活で今月還暦を迎えるとは言えメロメロになりそうでした。笑
きっと愛犬家の人たちにはタマらないものがある作品だと言える。
その証拠に、ハチの顔がUPになるたびに何かをするたびに、
あちこちから歓喜に悶えるようなため息が聞こえてきていたから。
もちろん、クライマックスのシーンでは泣いている人も居ました。
僕はどのシーンでもハチよりギア様を目で追っていたんだけどね。笑
それでもハチとジョーン・アレン演じるケイトとの再会シーンでは、
生きているもの同士の繋がりや想いが伝わってきて
思わず目頭が熱くなってしまいました。
…鬼の目にも涙。苦笑
HACHI 約束の犬←今。大阪で待ち合わせするなら、この場所で。笑
満足度:★★★

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ken says..."悪の帝王の目にも涙"
実は僕も生き物に関しては、
王子と似てるんですよね。
あんまり思い入れがないというか。
その分映画だと素直に愉しめちゃいます。

リチャード・ギアはなんだか楽しそうで、
見てるだけで感情移入できました。
途中ハチをしつけしようとして、
逆にしつけられてる感じが好きです(笑)

ラッセ・ハルストレム監督はうまいですよねー。
余計なことをしないで必要なことを描く才能が、
今回の脚本とすごく合ってました。
僕はラスト辺りはもう駄目で、
ボロボロ泣いちゃいました・・・。
待つってこんなに素敵なことなんだなぁ。

あのハチ公像カワイイですよね。
写真撮ってる人をよくみかけます。
2009.08.15 18:55 | URL | #VaGrzmSs [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

kenさんも動物に対して余り思い入れがないんですね。これはちょっと意外です。
映画に対する思い入れ度は凄いのに!←それは僕も同じだけど。笑
>その分映画だと素直に愉しめちゃいます。
↑これ、なんとなく解る気がします。
僕の場合、動物も子どももそうなんですけど、
現実の世界で一時的に可愛がることは出来るのに、
ずっと世話をしなきゃいけないと思うと面倒くさいみたいな。
ある意味、責任を持ちたくないと逃げる自身の表れだと自覚しています。苦笑
だからスクリーンだと客観的に観れて愉しめるのかなぁって。

リチャード・ギアは演技と言うよりかは素の部分を見せているようでしたね。
僕もボールを使うシーンで、逆に躾られてるところが好きです。
でも僕だったら喜んでギア様のボールを取りに行きますけど。笑
ラッセ・ハルストレム監督は『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』でも犬を描いていたようなので、
描くポイントをよく解っていたのかもしれないですね。
悪の帝王はラスト辺りから泣いちゃったんですね…その姿を想像するとなんだか可愛い。笑
僕は私生活で大抵待たされる側の人間なので、
そろそろ逆の立場の人間になりたいです。苦笑

あのハチ公像、やっぱり写真を撮ってる人が多いんですね。
僕はまだ人気が少ない時間を見計らってパシャリと撮りました。
なんか恥ずかしかったので。笑
2009.08.15 19:49 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/820-aea53f7d
該当の記事は見つかりませんでした。