サイモン・ペッグ×UK発コメディ。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!②
『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(2007)
※注意!ややネタバレ気味です※
劇場公開されていた時に観ようか迷ってスルーした作品をWOWOWで見る。
…いやぁ!予想以上に面白くて、この作品が持つ魅力にヤラれてしまいました。
もっとフザけたコメディ映画かと思っていたら、意外とそうでもなくて。
もちろん、ベースは英国的なユーモア満載なんだけど、
殺害シーンやアクション・シーンはかなり本気モードで描かれていました。
エドガー・ライト監督の小ネタが効いたユーモア・センスは、
三谷幸喜監督に似ているような。
とにかく!なによりもいちばん魅力的だったのは
ニコラス・エンジェルを演じたサイモン・ペッグ!
『あれ?こんなにカッコよかったっけ!?』と思えるくらい、
このキャラクターにハマっていました。
彼が真剣に演じれば演じるほどどこか面白可笑しく感じつつも、
あの生真面目堅物エリート警察官ぶりに思わず惚れそうになってしまったほど。
思い返せば、オープニングのロンドン勤務時代の警察官姿で
既にキャアキャア状態だったような。笑
ストーリーものほほんとしたユルーイ展開で描かれていくのかと思いきや、
予想外の展開になっていてかなり興奮&驚き!
まさか、のどかな田舎町サンドフォードであんなことが起きるなんて!
『オリエント急行殺人事件』並みの敵の多さと老人POWERに度肝を抜かれました。
ま。別の意味でいちばん驚かされたのは、
ジャニーン役のケイト・ブランシェットだったけど。笑
もうね、いろんな映画の要素が随所に散りばめられていて、
バディ映画好きの人にはタマらないものがあると思う。
特に『ハートブルー』ネタを思わず実践してしまうシーンは最高でした。
ニコラス・エンジェルとダニー・バターマン(演じるのはニック・フロスト)の
友情&バディ加減も良かったなぁ。
ニコラスがダニーのために日本の花を買いに行くシーンが好き。
サイモン・ペッグ&ニック・フロストのコンビで演じられる、
3D映画『The Adventures of Tintin: Secret of the Unicorn』
(2011年10月or11月アジア公開予定)の
デュポン・デュボン刑事役が益々楽しみになってきた!
『ホット・ファズ』のテンポの良さと編集にCOOLさを感じていたら、
この映画の編集を担当したのは『スラムドッグ$ミリオネア』の
クリス・ディケンズだったので大いに納得。
ラストシーンのカッティングは本当にカッコよくてシビれた。
全編イギリス英語の発音が心地よくて、
町並みとロケーションも英国ならではの雰囲気があって、
その点でも十分に楽しめました。
あぁ、ずっと見逃したままの『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)も見たくなってきた!
クリス・マーティン&ジョニー・バックランドもカメオ出演しているみたいだし♪
ショーン・オブ・ザ・デッド
ちなみに最近密かにハマっていたUK発TVシリーズがあって、
それは『Little BRITAIN/リトル・ブリテン』(2003-2006)という作品。
リトル・ブリテン
2人の男優がこれだけのキャラクターを演じています↑
もう本当に差別と偏見極まりない作品なんだけど、
それを許せてしまえるくらいの面白さがある。
本当のところ、こういう作品を好きだと公言するには少し躊躇いがちだけど。笑
でも放送局はあのBBCなんだよね。
特に僕は英国首相補佐官であるセバスチャン・ラブのGAYエピソードが大好き!
マイケル首相×セバスチャン
…やっぱり僕はアメリカよりもイギリスのコメディの方が好きだなぁ♪

▲ おまけ。UK繋がりで。
Sherlock HolmesSherlock Holmes②
英国の小説家アーサー・コナン・ドイルが
創作した人物シャーロック・ホームズを題材にした映画版『Sherlock Holmes』
そのティーザー・ポスターが遂に解禁。
監督はガイ・リッチー、主演はロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウ。
気になる日本公開は12月から少し延期されて、2010年春となってしまいました。
2人に対抗する悪役でマーク・ストロングも出演しているし、早く観たいっ。
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

rogue says...""
そして、こちらにも~。

きゃあーっ!ダウニー!ポスターついに解禁なんですね~♪
それより『シャーロック・ホームズ』の日本公開が来年だなんて・・。
せっかく楽しみにしてたのに!でも情報ありがとうございます。
最近新作の情報は全然チェックしてないので助かります!

サイモン・ペッグいいですよね~。
そうそう彼『ホット・ファズ』では妙にカッコいいの。
作品自体もメリハリがあってクオリティ高いですよね。
私も『ショーン・オブ・ザ・デッド』未見です。
いつでもいいや、と思ってましたが観たくなってきた!
2009.06.21 21:53 | URL | #- [edit]
湛 says...""
Elijahさん こんにちは。

『ホット・ファズ』大好きな作風です。
公開時、観に行ったのが自分のみ。
周囲の映画好きさん達は誰も興味を持たず、
笑いを共有できなかった寂しい思い出もあります。
こちらで取り上げられて本当に嬉しいです♪
ケイト・ブランシェットの登場にも「おうっ!」となりましたが、
ティモシー・ダルトンの弾け方にも激爆♪したものです。

『Sherlock Holmes』情報を、ありがとうございます♪♪♪
ベイカー・ストリートを歩きたくてロンドンに行った浮かれ者としては
これは見逃せないのです!
然も、かつてないビジュアル系ホームズ×ワトスン♪
日本公開が来年になったのは悲しいですけれど、
来年の楽しみが増えたと思うことにしました。
でも、ロバート・ダウニー・Jr.のヘアースタイル・・・
19世紀英国紳士の必需品、シルクハットかぶれるのでしょうか?
2009.06.22 10:24 | URL | #jPSsrOn2 [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

『Sherlock Holmes』
隠し文章に気づいてくれてありがとう。笑
実はrogueさんを喜ばせたくて載せてみました。←ホントか!?笑笑
そうそう。僕もてっきり最初のアナウンス通り、
日本でも年内に観れるもんだと思っていたら来春に延期となっててプチ・ショック。
ちなみに『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』は、
7月18日からレイトショー公開が決まったよ♪

『ホット・ファズ』
もうこのサイモン・ペッグにヤラれちゃいました。
ホントにカッコよかったから!!
うん。映画自体もクオリティ高くて驚かされたもん。
いやぁ、サイモンをナメてました。汗
『ショーン・オブ・ザ・デッド』どっちが早く見れるかな?笑
もし見たら、感想教えてね!

rogueさん、たくさんコメントありがとね…Chu☆
2009.06.22 15:22 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

こんにちは。
『ホット・ファズ』
湛さんもお好きなんですね。
この作品って、日本の映画ファンの熱意で劇場公開が決まった経緯がありましたよね。
なので、しっかりと映画館で観られているとはお目が高いです!
ケイト・ブランシェットは最初気づかなくて、あの目と声でようやく気づきました。笑
サンタクロースの扮装をしていた、
ピーター・ジャクソン監督には全く気づきませんでしたが!
ティモシー・ダルトンのハジけた悪役ぶりには本当に驚かされましたね。
まさかあのジェームズ・ボンドが…って。笑
この作品はさりげなく英国の有名俳優たちがこぞって出ていたので、
その点も十分に楽しめました。

『Sherlock Holmes』
湛さんもこの作品を楽しみにしているんですね。
ベイカー・ストリートまで行かれたなんて凄い!
僕は過去にロンドンへ行った時、全く見向きもしませんでした。汗
そうですね。日本公開が少し延びたのは残念ですけど、
お楽しみはとっておきということで♪
ガイ・リッチー監督がどういう世界観に仕上げているのか楽しみです!
あ。実は僕もこのポスターを見た時、ロバート・ダウニー・Jrが
あのシルクハットを被れるのかちょっと気になりました。
帽子を被ると、こんな感じみたいですよ↓
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/gossip/2008/11/4969/
2009.06.22 15:54 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
maxi says...""
おはようございます。今日は梅雨の合間の晴れで、夏日になりそうというので、朝早くさわやかなうちに仕事を始めましたが、なんと『ホット・ファズ』ということで出て参りました。
「私はKinks好きならきっと楽しいよ」と言われて見たのですが、もう、田舎町にやって来たサイモンのバックに、"Village Green"が流れて、一発でやられました。はい、単純です(笑)
ほんとテンポが良くて意外な展開で楽しかった! でも、歴代ボンドの仲でもコネリーは別格として、ダニエル・クレイグの次に好きなあの007がまるで別人になっていたのは悲しかった!(最初、どこかで見た顔だけど、誰だろう、誰だろう状態でしたの)時は残酷だわ~。
2009.06.23 07:29 | URL | #hUL/1QHA [edit]
Elijah(管理人) says..."maxiさん。"
maxiさん

こんにちは。だんだんと暑くなってきましたね。
僕は汗かきなので、これさえなければ夏は大好きなんですけど。笑
『ホット・ファズ』
おお~っ、maxiさんもこの作品がお好きなんですね!
やはり人気のある作品なんだなと実感します。
僕は映画の最後、タイトルが出る時に流れる曲が好きです♪
この映画は本当に意外な展開となっていくところに驚きを感じ楽しめましたね。
かなり好きな一本になりそうです!
歴代ジェームズ・ボンド。僕のいちばんはダニエル・クレイグですね。
次にショーン・コネリー→ピアース・ブロスナン→ロジャー・ムーア→
ティモシー・ダルトン→(かなり大差開いて)ジョージ・レーゼンビーって感じです。
ティモシー・ダルトンはすっかり悪役顔になってしまった感がありますね。
確かに時の流れは残酷です…。
そうそう!maxiさんにご一報!
maxiさんが好きな『Billy Elliot』のミュージカル版のパフォーマンスが、
どうやら『トニー賞授賞式2009』のオープニングで見れるかもしれないですよ。
放送は6月28日(日)夜7時半~10時まで@NHK-BS2にて。
CHECKしてみて下さいね♪
2009.06.24 15:38 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
maxi says...""
Elijahさん、ありがとうございます。数週間前に『Billy Elliot』がトニー賞を総なめ(?)したとかいうニュースを読んで、ミュージカルになっているんだなあ、「意外だなあ」と思ったんですよ。(実はミュージカル苦手!)でも、ちょっと興味あるので見てみますね~。アダム・クーパーは出てこないですよね、当然。(笑)

あ、それから『Billy Elliot』つながりで、『愛を読むひと』を見に行かねばですね。Elijahさんのレビュー、とてもよかったです。
2009.06.25 01:14 | URL | #hUL/1QHA [edit]
Elijah(管理人) says..."maxiさん②。"
maxiさん②

あれだけたくさんの音楽を聴いているmaxiさんが、
ミュージカルを苦手だとはかなり意外です!!
『Billy Eliiot』…舞台版の監督が映画版と同じスティーヴン・ダルドリー監督なので、
僕的にその点も気になっているところです。
アダム・クーパーは映画版と同じくチラリ出演だったりして。
↑いえ、当然出てこないですよね。笑
アダムはこの9月にウィル・ケンプと一緒に来日公演しますよね↓
http://www.heishi.jp/
『愛を読むひと』の感想、読んで下さったんですね。ありがとうございます。
思いきりネタバレ状態ですみませんでした…あはは。
とても素晴らしい作品でしたので、機会があれば観てみて下さいね。
2009.06.26 15:17 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/790-92614e0d
該当の記事は見つかりませんでした。