クリスチャン・ベイル×ターミネーター。

ターミネーター4ターミネーター4②
『ターミネーター4』(2009)
※注意!ややネタバレ気味です※
実は『ターミネーター』シリーズを一度もきちんと見たことがない。
今回はただ単純に大好きなクリスチャン・ベイルが主演なので観に行った。
こういうタイムパラドックス系は全シリーズを見ていなくても話についていけるだろうし、
予備知識は各方面で何かしら情報収集ができていたから。
クリスチャン・ベイルのファン歴は結構長くて、
ファンになったきっかけは『スウィング・キッズ』(1993)を見て以来。
当時、相次いで彼の出演作が日本公開されていて、
特に夢中になったのは『若草物語』(1994)、『ある貴婦人の肖像』(1996)、
『ベルベット・ゴールドマイン』(1998)の頃だった。
『アメリカン・サイコ』(2000)と『シャフト』(2000)辺りから
それまでの好青年役を卒業してクセのある役柄を演じるようになり、
体型も細身の筋肉質からマッチョへと変化していき、
僕がいちばん好きだった頃の彼の面影が消えていってファンとしては切なかった。
転機はやっぱり『バットマン ビギンズ』(2005)なんだろうな。
今ではすっかり(いい意味で)役者バカ俳優の領域に入ってしまったと思えるし、
かなりのメソッド・アクティング俳優の代表格になってしまった感もあり。
もちろん、そういう彼だからこそ今でも応援し続けているんだけどね。
さて、そのクリスチャン・ベイルの新作『ターミネーター4』
正直、こういうシリーズ物は『バットマン』のブルース・ウェインだけで十分だったので、
彼が出演すると知った時はかなり驚いた。
作品的にはなかなか骨太な仕上がりで、予想していた以上に楽しむことができた。
常に緊張感を保っていた感じ。
まず、オープニングのタイトルとスタッフ&キャスト・クレジットのCOOLさに惹かれた。
実は監督が『チャーリーズ・エンジェル』シリーズのマックGだったので、
もっとライトな仕上がりになっているのかもと思っていたから。
クリスチャン・ベイルはジョン・コナー役がとても似合っていた。
これまでのジョン・コナーに比べると、俄然男らしさが増し渋くなったと思う。
声が低音で素敵なんだけど、いつからこういう話し方になったんだろう?
思わず、ブルース・ウェインが近くに居るようにも感じたり。
でも残念ながら今回も『バットマン』シリーズでの受身的な役回りに映って、
いちばん印象に残ったのは彼ではなくマーカス・ライト役のサム・ワーシントンだった。
正直なところ、マーカス・ライトの役回りは美味しすぎると思う。
そりゃあ、ジョン・コナーの印象が薄くなってしまうのも仕方がないよ。
ルックス的に僕はそれほどサム・ワーシントンに惹かれなかったけど、
先に観た友人が評していた通り彼はどことなくベン・アフレックに似ているね。
マーカス・ライトの真実の姿に関しては、
前半の爆破のシーンで彼が全裸で脱出してきた時に
なぜか下半身へ目がいって(笑)凹凸がないことに気づき、
『どうも変だなぁ』…と思っていました。
それにしてもクリスチャン&サムの短髪姿は精悍さが増してGOOD!
この2人に加え、好きなコモン(バーンズ役)との
クライマックスでの3SHOTは本当に目の保養となりました。笑
僕的にはカイル・リース役のアントン・イェルチンも良かったです。
『スター・トレック』のパーヴェル・チェコフ役とは
またひと味違う雰囲気に新たな魅力を感じることができました。
今回の彼を見てエミネムにも似ていることに気づいたり。
物語の中盤。トラックで逃げるマーカスとカイルたちが
モトターミネーターに執拗に追いかけられるシーン。
一瞬、車内のドアからカイルが放り出されそうになるのを観ていた瞬間、
思わず僕も自分の身を避けてしまいました。笑
この作品はそれくらいスピーディーな映像と音響に迫力があって、
まるで遊園地のアトラクションに参加している気分を味わうことができた。
観ている途中で、なぜジョン・コナーとカイル・リースが逆転した年齢で
共存しているのか根本的な部分に疑問を感じていたけど(苦笑)、
観終わった後、これまでの経緯を書いてくれていたパンフレットを読んで納得。笑
あえて不満を言えば、これだけのシリアスな作品に仕上げることができたのならば、
もう少し人物描写にドラマ性が欲しかったかな。
そうすればもっとラストの展開に感動できたはずだと思えるから。
そのラストはどうやら公開直前になって変更したと知ったのだけど、
道理でラストシーンだけ妙に浮いているような違和感を覚えた訳だ。
…まだまだ明かされていない謎が残っているようなので、
ひとまず【5】の製作開始を期待したいところかな。
クリスチャン・ベイルクリスチャン・ベイル②
つい先日、プロモーションで来日していた時のクリスチャン・ベイル↑
このくらいの細さの彼の方が好きだなぁ。
そして、今から日本公開が楽しみな新作2本。
ジェームズ・マンゴールド監督、ラッセル・クロウ共演の
『3時10分、決断のとき』は8月8日。
マイケル・マン監督、ジョニー・デップ&マリオン・コティヤール共演の
『Public Enemies』は12月お目見え予定。
3時10分、決断のとき②Public Enemies
満足度:★★★★

▲ 余談。
スター・トレック②スター・トレック③
『ターミネーター4』を観終わった直後に、2回目の『スター・トレック』を鑑賞。
実は1回目を観た時、
あまりの専門用語の多さに頭が整理しきれなかったところもあったので、
2回目を観る前に『スタトレ』専門書なる本を立ち読みして再見。笑
今度は完璧に内容を把握できたし、大満足!
やっぱりザッカリー・クイント演じるスポックにキャアキャアキャア状態。
映画のシーンの同じところで、こっそりと『長寿と繁栄を』を真似してみました。笑
今回はサイモン・ペッグ演じるスコッティの存在が、
みんなが真剣に悩んでいる時の潤滑油に思えて貴重だなと気づいたり。
そして最後、ブリッジにメンバーが集まるシーンで結束力の想いが伝わってきて、
思わず泣きそうになってしまいました。
あーーーっ、やっぱり『スター・トレック』が好きだ!
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

湛 says...""
Elijahさん こんにちは。
クリスチャン・ベイルが出たので、思わずお邪魔してしまいました。

『ターミネーター4』 もう観たんですね。
私は来週にでも行こうと思っています。

クリスチャン・ベイルは本当に変わりましたね。
私は『太陽の帝国』が、彼とのファースト・コンタクトだったので
「あの子も大きくなったなあ(しみじみ)」という感で、常に観てしまいます。
ケネス・ブラナーの『ヘンリー5世』にも出ていたような記憶が・・・。
『スウィング・キッズ』観ていないんです。観たい!!
私が、変わったなあと感じたのは、『アメリカン・サイコ』でした。
段々、アクション・スターみたいになってますね。
ちょっと前のですが『サラマンダー』なども。

『ターミネーター4』に、リース役でチェコフ(役名ですみません)が
出ていると知って楽しみが増えました。
また、『Public Enemies』『3:10~』も、公開月情報を
ありがとうございます。楽しみです。





2009.06.18 09:13 | URL | #jPSsrOn2 [edit]
ヒデ says...""
イラ君にとってのクリスチャン・ベイルのように
初期の作品からリアルタイムで成長を見守りつづけている俳優って
残念ながらいないんだよなぁ。
どうやら先見の明がなくて、注目をしても売れずに消えていっちゃう・・・みたいな(笑)。
(日本の俳優だと、内田朝陽はいま何処??)

『T4』 は、まさにアトラクションみたいな映像作品だったねー。
あの大音響、そしてド迫力! 巨大スクリーンで観てこその作品。
しかし、『スター・トレック』、『T4』、『トランスフォーマー』・・・と
超大作の連続公開に、感覚がすっかり麻痺状態。
そういう狭間に観る、静かめな作品に妙にハマっちゃったりするんだよね、意外とさ。
そういう意味では 『愛を読むひと』 『人生に乾杯!』 は秘かに期待。
2009.06.18 11:01 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

ようこそ&こんにちは。
湛さんもクリスチャン・ベイルがお好きなんですね。
好きな俳優が出ている映画は、極力公開1週目に観るようにしています。
多分、クリスチャン・ベイルほど演技のスタイルやルックスが
歳を重ねるごとに変わっていく男優はいないような気がします。
僕が世界でいちばん好きな監督はスティーヴン・スピルバーグなんですが、
それにも関わらず未だに『太陽の帝国』を見たことがありません。苦笑
僕のファースト・コンタクトは『ヘンリー五世』だったのですが、
当時まだ幼さが残る少年だった彼には全く惹かれませんでした。
なので、『スウィング・キッズ』での成長ぶりに驚かされた記憶がありますね。
とてもいい作品だと思いますので、機会があれば見てみて下さい。
僕も『アメリカン・サイコ』の彼を観た時は、
あまりのイメージチェンジぶりにある意味、ショッキングでした。
その後の『サラマンダー』の役はまだ繊細な頃の余韻が残っていましたが。
最近の作品だと僕は『ニュー・ワールド』の彼が好きです。
新作の『3時10分、決断のとき』と『Public Enemies』では、
どうやら手から銃を離せない役柄のようですね。

アントン・イェルチンくん、『ターミネーター4』でも好演していましたよ。
出番も結構多いと思いますので、その点も楽しんできて下さいね。
2009.06.18 11:08 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデさん。"
ヒデさん

子役から大成する俳優は本当に一握りだと思うので、
彼はよくサバイバルできたなと嬉しく思ってしまいます。
長い時間、映画を観続けているとファンの特権とでもいうのか、
こういう楽しみ方が付随してくるんですよね。
内田朝陽くん…確かに最近あまり見なくなったと思っていたら、
どうやら『60歳のラブレター』に出ているみたいですよ。

『ターミネーター4』は本当にアトラクションに参加している気分になれて最高でした!
こういう映画を観るとスクリーンで観て良かったと心から思えますね。
確かに『スター・トレック』と『トランスフォーマー2』と
似たような大作映画が続いてますよね。
日本の配給会社ももう少しバランス良く公開したら、
共食いとならずに済むのに…と思ってしまいます。
ま。この夏の勝利は『ハリー・ポッター6』と決まっていますけどね!笑
僕も『愛を読むひと』はめちゃくちゃ期待しています。
最近もレイフ・ファインズ主演の『ことの終わり』を見直したんですけど、
やはり彼は繊細な演技が巧いなぁと思いました。
あ、そう言えば!『ファイナル・デスティネーション4/デス・トリップ3D』の
日本公開が10月17日に決まったみたいですよ♪
2009.06.18 13:13 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
rogue says...""
王子! こんばんは♪

『ターミネーター4』未見なので、観てから感想拝読しますね。

『スター・トレック』、1回目よりもさらに楽しんでいただけたようで♪
王子ももう立派なトレッキーの一員です!!!ようこそ!!!

王子はやっぱりザックなんですね~。ほんとにクリスに愛情注ぎました?笑
カーク役に決まるまでクリスのことなんてまったく知らなかったのに、
今では尊敬する俳優さんのひとりです。
彼はこんな作品に出てるよ~って、たしか王子に教えてもらったような気が・・・。

スポックといえば彼がヴァルカンを出る際、
議員の方々に挑戦的に「長寿と繁栄を」と言うシーンが好きです~☆
ニモイ・スポックがヴァルカンポーズであえて「Good Luck」というところも好き。
あ、この映画やっぱりスポックが主役だわ。笑 
スコッティもよかったでしょ?基本彼はマイペースですからね。
険悪なムードのなか「タオルを・・・」というところがかわいい☆

↑あ、めちゃネタバレさせてしまいました・・。不適切なら削除して下さい。すみません・・。
2009.06.21 21:23 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんにちは!
『ターミネーター4』
rogueさんの感想、楽しみにしてるね!

『スター・トレック』
うん。1回目の時より更に楽しめたよ♪
え?僕もトレッキーの一員として認めてくれるの!?…ヤッタ!
じゃあrogueさんに『長寿と繁栄を』←使い方、間違ってる??笑
実は2回目もやっぱりザッカリー中心で観ちゃいました。
クリス、ごめん!!汗
実は僕、中高生の頃に髪型がスポックみたいな時期があって、
プラス耳が尖っているので、よく同級生に『スポックみたいや』と言われていた過去あり。
だから尚更、彼に親近感が湧いちゃうのかも。笑
rogueさんは本当にクリス:カークが好きなんだね!
今じゃ僕なんかよりクリス・フリークなんだろうなぁ。
最新作『Unstoppable』でデンゼル・ワシントンとの共演が決まったみたいなので、
この勢いで益々STAR街道を驀進していってほしいよね!
僕も『長寿と繁栄を』&『Good Luck』のシーンが好き♪
特に後者は新旧のスポックの共演シーンだから感動も味わえるよね。
うん。今回はスポックが主役だった!笑
ウィリアム・シャトナーも出ていたら、
カークももっと印象深くなったのかもしれないなぁ…と思ったり。
まぁストーリー上、亡くなった役を出すのは難しかったんだろうけどね。
スコッティも良かった!ホント彼はマイペースだよね。
表情がいちいちオモロかったです。笑
>険悪なムードのなか「タオルを・・・」というところがかわいい☆
↑今度はこのシーン、憶えてない!
これは3回目を観に行けということ??笑
あ。全然ネタバレだとは思わないから大丈夫だよ。お気遣いアリガト♪
ちなみに『スタトレ』のブルーレイを買うかは検討中です。笑
2009.06.22 14:41 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
rogue says...""
王子! 再びこちらにお邪魔します~♪

『T4』の感想拝読しました~。私もまさかベイルがジョン・コナーをやるとは思わなかったので驚きでしたが、ベイルのジョン・コナーは今までのコナーのなかでいちばんカッコよかったです!今回はマーカスにもってかれた感があるにはありますが、次回以降もっと活躍してくれることを期待!それ以前に続編でもベイルはコナーをやってくれるかな。

モトターミネーターのシーンでカイルが車から放り出されそうになったのを助けたのって、スターちゃん(あの女の子)でしたよね?「すごい力!」と思って観てましたが、違うかな?カイルといえば、『男子トイレ相談室』の公開日情報ありがとうございます~♪あまり期待せずに観にいきます。まっ、ダウニー目当てですけど。笑

あ、『スター・トレック』3回目いかがですか?私はもうムリ。あと一回ぐらい行きたいけど・・。あ~、カークに会いたい!!
2009.06.28 22:26 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん②。"
rogueさん②

再び、ようこそ!
ね。やっぱりクリスチャン・ベイルがジョン・コナー役を引き受けたのは意外だったよね。
うん。でも確かにこれまでのジョン・コナーの中ではいちばんカッコいいと思う!
少なくともニック・スタールよりは何百倍もイイでしょう。笑
ただ、やっぱりサム・ワーシントンに持っていかれた感が強いので、
【5】のクリスチャンに期待したいところ。
そんなrogueさんにプレゼント↓
http://men.style.com/gq/features/landing?id=content_9037
クリスチャンはプロモーション活動にも協力的だったし、次も出るんじゃないかなぁ。
でも全米での興行成績が良くなかったから、
マックG監督は降板させられる可能性が高いとは言われてるみたいだね。
>モトターミネーターのシーンでカイルが車から放り出されそうになったのを助けた
↑このシーンね、僕も自分の身を避けることに必死だったので(笑)、
スターちゃんがカイルを助けたのかは憶えてないっ。汗
『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』は多分、僕は観に行かないと思うので、
rogueさんのレビューを参考にさせて貰うね♪

『スター・トレック』
大阪はいよいよ7月3日で上映終了みたいだね。早すぎるっ!!
あ~、僕はスポックに会いたい!!笑
2009.06.29 11:47 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/788-4feb4347
該当の記事は見つかりませんでした。