クリス・パイン×ザッカリー・クイント。

スター・トレック②スター・トレック③
※上記オリジナル・ポスターはIMAX版です※
a.『スター・トレック』(2009)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』同様、全米脚本家組合のストライキの影響で
2008年の全米公開が延期されていたシリーズ最新作。
僕は所謂、トレッキー:『スター・トレック』好きではない。
…と言うか、SF物が大の苦手だったりする。
もちろん、そのSFジャンルの代表と謳われる、
『スター・ウォーズ』シリーズを一度も見たことがない。
現実にありえない世界観を観たとして、
どうも冷めた目で観てしまう自分がいるからだ。
それなら現実に起きた歴史的なドラマを観ている方が好み。
これまでスクリーンで観てきた『スター・トレック』シリーズは、
『新スター・トレック』の劇場版のみ。
観に行った動機も当時、大好きだった人が好きなシリーズだったから、
デイトの口実として一緒に観たかっただけという…。笑
なので僕は『スター・トレック』と聞くと、まずパトリック・スチュワート
(ジャン=リュック・ピカード船長役)の顔を思い出すんだよね。
…とは言うものの、オリジナル版『宇宙大作戦』の存在もそれなりに知っていて。
でも僕の中でウィリアム・シャトナーと聞くと
ジェームズ・T・カーク船長よりも『デンジャラス・ビューティー』シリーズだし、
レナード・ニモイと聞くとミスター・スポックより
『スリーメン&ベビー』の監督をした人と連想しがち。
それなのになぜ今回観に行ったのかと言うと、
やっぱり魅力的なキャストに惹かれてなのです。
『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』の頃から
CHECKしていたクリス・パイン。
『ブラックホーク・ダウン』でひとめ惚れしたエリック・バナ。
そして僕にとって1990年代のアイドル的存在とも云えるウィノナ・ライダーが
久しぶりにハリウッド・メジャー系の大作映画へ出演となったから。
ちなみに彼女の作品で特に好きなのは…
『シザーハンズ』、『恋する人魚たち』、『ドラキュラ』、
『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』、『17歳のカルテ』辺り。
さて、『スター・トレック』の感想はと言うと…。
全米での高評価通りの出来に、僕も大満足の作品となりました。
ハラハラドキドキワクワクと最高に楽しめるエンターテインメント・ムービーといった感じ。
まず、いきなりのクライマックスかと思えたオープニングのシーンで既にノックアウト!
そしてタイトルが出た瞬間のあまりのCOOLさに、
思わず心の中で『おおーーーっ!』と叫んでしまいました。
それからもどんどんテンポ良くストーリーが展開していって。
宇宙という空間とU.S.S.エンタープライズの外観の美しさは本当にため息もの!
撮影監督のダン・ミンデルが醸し出す映像の色合いにも惚れてしまいました。
クリス・パイン演じるジェームズ・T・カークの
向こう見ずでやんちゃな感じがとてもGOOD!
とにかく!クリスがずっとスクリーンに出ずっぱりだったのが何よりも嬉しくて!
ただ、もう少し身体をシェイプアップしていたら満点だったんだけどな。笑
悪役ネロ役のエリック・バナは凄味があって良かったけど、
やっぱり僕的には特殊メイクをしているよりも史劇や王様の風貌の方が好みかな。
楽しみにしていたウィノナ・ライダー(アマンダ・グレイソン役)は
出演シーンがほとんどなくてガックリ状態でした。
スポックの母親役なので老けメイクだったし、再び出てきたと思ったら…。
その時のスポックの気持ち同様、僕も哀しみに暮れてしまいました。
全米版予告編でチラリと映っていた、
生まれたばかりのスポックを抱くシーンがカットされていたのも残念だったなぁ。
そんな中、予想外に惹かれたのが
ザッカリー・クイント(名前の表記は日本の配給会社によるチラシに準じています)!
冷静沈着でポーカーフェイスのスポック役にクギづけとなってしまいました。
あの髪型はともかくとして(笑)、彼の表情から美しささえ感じてしまったほど。
普段のルックスが大好きなMAROON 5のアダム・レヴィーン系だし♪
ザッカリー・クイントザッカリー・クイント⑤
ザッカリー・クイント②ザッカリー・クイント⑥
もう途中からお目当てだったはずのクリス:カークそっちのけで、
スポックが出てくるたびに心ウキウキしていました。笑
特に『ノーコメントだ』と言うシーンは可愛く思えて印象的。
ほかにも『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』の演技で、
イライジャ・ウッドに似た可愛らしさを感じたアントン・イェルチン
(パーヴェル・チェコフ役)も印象に残ったり。
ロシア語訛りのキャラクターなんだと思っていたら、
実際のアントンくんもロシア出身だったんだね。
これから益々売れっ子になりそうな予感で、
今後も日本:関西公開作として『ターミネーター4』と
『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』へと続きます。
監督のJ.J.エイブラムスの溢れんばかりの才能にも驚かされました。
単にカーク&スポックの青年期を描く【ビギニング】としてではなく、
長年のファンの喜ぶ姿が想像できるような
もうひとりのスポックを用意する辺りの脚本の巧さも秀逸。
多分、僕がここまでハマれたのは台詞が一切ない妙な宇宙人:エイリアン系が
出てこなかったからだと思う。
SF物でありながら、しっかりとした人間味を感じることができたから。
最後の最後にようやくクルーと同じ制服を着たカークは
すっかりその姿が様になっていて、特に何の思い入れもない僕でさえ(笑)
なんだか妙に嬉しくなってしまいました。
上映時間126分が本当にアッという間に過ぎ去っていったなぁ。
SFが苦手なこの僕でさえ魅了された、新たな『スター・トレック』
ぜひスクリーンで観る価値アリだと思います。
…と言うかもう一回、映画館で観たいくらいっ。
あぁ!僕も一度でいいからワープ&転送を体感してみたい!笑
スター・トレック④スター・トレック⑤
満足度:★★★★★

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

rogue says...""
王子! こんばんは♪

私がスター・トレックを好きな理由は、
>SF物でありながら、しっかりとした人間味を感じる
↑まさにここなんですよね。スタトレは人間ドラマなのです。

しかし王子にも大満足していただいたようで良かったです♪まずオープニング。もう芸術的ですよね。ものすごく力入ってるなって感じがしました。あのシーンだけでお腹いっぱい!!そんでオープニングのテーマ曲もいいでしょ~。私のこれから目覚まし曲に決定しました!

それはそうと王子がザッカリー(←王子の表記にあわせます)にここまでハマるとは!私は見れば見るほどクリス・パインにハマりましたけど☆でもザッカリー美しいでしょ。美しすぎるのです。とりあえずビジュアル的にはスポック役にぴったりですよね!ただ中身もやっとスポックらしくなってきたかな~というところで映画が終わってしまうのが残念!ウィノナ・ライダーとのシーンもだいぶカットされたようで、それも残念!DVDが待ち遠しい~♪

クリス・パインは素晴らしい演技でした。100点満点あげたいです。いや120点かな☆大好きなカークをますます好きになりましたから!ウィリアム・シャトナーのカーク船長にも常々口説かれたいと思ってる私ですが、クリスのカークにも口説かれたい!爆。ところでクリス、十分いい体してたと思うのですが、ダメ???

アントン・イェルチンくんはかわいいですよね~。『ターミネーター4』で来日してたそうで、やっぱりそっちか~って感じ。笑。『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』、関西でも公開されるんですか!?絶対観にいこ!!
2009.06.08 23:56 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

よっ!待ってました&こんにちは!
rogueさんが3回観てきたという『スタトレ』、僕も観てきたよ♪
いやぁ、本当に良かった!
最初は単なるドンパチ物かと思っていたら(汗)、ちゃんとドラマ性もあって…。
そっかぁ、このドラマにrogueさんは魅了されてたんだな、と!
オープニングも本当にカッコよかった!!
あの部分だけでお腹いっぱいという表現は良く解る!!
…でね、オープニングの曲、圧倒されすぎてあんまり憶えてないのです…。汗

ザッカリー・クイントは気づけばrogueさん以上にハマってしまいました。
ゴールデングローブ賞のプレゼンターの時には何にも感じなかったんだけどなぁ。
これもすべてrogueさんのBLOGで事前に学習できたおかげかも!笑
いやぁ、本当に彼は美しかった!!
その美しさをジャパン・プレミアの超間近で体感できた、
rogueさんが羨ましい…じゃなく憎たらしい!笑
写真も撮れて直筆サインまで貰えたなんて、
改めて凄いことだったんだなぁ!と思えたから。
ザッカリーとウィノナ・ライダーとの共演シーンはカットされてたみたいで、あぁ残念。
あ、もちろんrogueさんいちばんのクリス・パインもカッコよかったんだけど、
やっぱり僕はザッカリーのスポックに口説かれたい!笑
クリスね、今回もいい身体だったんだけど、
『スモーキン・エース』の時の方がもっと筋肉質で良かったから。爆
アントンくんは『スタトレ』よりキャストが少なく、
より目立つ『ターミネーター4』を選んだのかもしれないね!笑
『チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室』はこの夏に、
シネマート心斎橋でレイトショー公開されるよ~↓
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/lineup/20090416_3546.html
rogueさんの好きなロバート・ダウニーJr.も出てるよね♪
だから観たいんでしょ!笑
2009.06.10 16:01 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.06.11 16:47 | | # [edit]
Elijah(管理人) says..."管理人のみ閲覧できますさん。"
管理人のみ閲覧できますさん

初めまして。訪問ありがとうございます。
『A Single Man』の情報がお役に立てたようで良かったです。
コリン・ファースが主演ということで、たまたま興味のある作品だったもので。
僕も映画が大好きで、今年の劇場鑑賞数の目標は
週1本ペースの52本にしていますが難なくクリアーできそうです。
アマンダ・グレイソンが赤ちゃんの頃のスポックを抱っこしているシーンは、
確かに見た記憶があるので予告編だけの扱いだったと思います。
ザッカリー・クイントが演じるスポックはとても魅力的でしたよね。
ウィノナ・ライダーの出演作『クルーシブル』は内容が重たすぎて、
僕の中で再度見るには勇気とエネルギーが要る作品です。
逆に『ドラキュラ』は大好きで機会があるたびに見てしまいます。
今は製作15周年記念として07年に発売されたDVDにのみ収録されている、
アナザー・エンディングがどういうものだったのかが気になっているところです。
コメントをどうもありがとうございました。
2009.06.12 09:16 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/784-307ab28b
該当の記事は見つかりませんでした。