2008年Elijahがハマった人たち。

僕が2008年にハマった人たちをジャンル別で発表。

●映画●
ジェームズ・マカヴォイブロークン・イングリッシュ松山ケンイチ②
★ジェームズ・マカヴォイ★(イギリス)
ペネロピつぐないウォンテッド
今年、外国俳優の中で断トツにハマった人。
確かな演技力と作品の選び方のセンス、そして親しみやすい人柄を併せ持った男優。
上記公開作はどれもこれも僕にとって大満足の結果となりました。
それ以外でも、TVのO.A.で見た『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』、
『ラストキング・オブ・スコットランド』、
TVシリーズ『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』でその魅力を思い存分に堪能。
実は大好きな人に雰囲気が似ているのも惹かれた理由のひとつでした。
Becoming Jane
09年はアン・ハサウェイ共演の英国時代物『ビカミング・ジェーン(仮題)』
日本公開予定なので今から楽しみ♪
★メルヴィル・プポー★(フランス)
ゼロ時間の謎スピード・レーサー
ブロークンブロークン・イングリッシュ
今年はメルヴィル出演映画を日本で4本も観ることができたのが嬉しい。
もともと『いちばん美しい年齢 (とし)』の頃から好きだったけど、
『ぼくを葬る(おくる)』を経て、
『ブロークン・イングリッシュ』でもうかなり本気のノックアウト!
この作品で演じた彼を観るために、2回も劇場へ足を運んでしまいました。
改めてメルヴィルのことを大好きだと再確認できるきっかけとなったなぁ。
Un conte de Noël
アルノー・デプレシャン監督で豪華キャスト共演となる、
新作『Un conte de Noël』をぜひ観たい!
日本公開を切に願います!
★松山ケンイチ★(日本)
L change the WorLd人のセックスを笑うなデトロイト・メタル・シティ
今年、日本俳優の中でいちばんハマった人。
所属事務所の先輩であるブッキーこと妻夫木聡は僕の中ですでに殿堂入り状態。
『L Change the WorLd』は史上稀にみるワースト作品だったけど、
松山くんはきちんと役割をこなしていたし、ある意味、
めちゃくちゃ笑えるパニック・コメディに仕上がっていたので強烈な記憶として残ったなぁ。
それでもいちばん良かったのは、やっぱり『デトロイト・メタル・シティ』
カメレオン俳優の異名も納得の素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれました。
ウルトラミラクルラブストーリー
09年は『ウルトラミラクルラブストーリー』(6月6日)、『カムイ外伝』(9月)、
『ナクシタキオク(仮題)』(年内予定)と相次いで新作が公開されるので、
これからも追いかけていきます!

●音楽●
コールドプレイ⑩コールドプレイ⑧コールドプレイ33
★COLDPLAY★(イギリス)
美しき生命 / Viva La Vida Or Death And All His Friendsプロスペクツ・マーチ / Prospckt's March
08年は【映画】以上に【音楽】にハマった一年でもありました。
とにかく!COLDPLAYへの想いは半端じゃなかったです。
こんなにも彼らの音楽を愛するとは思いもしなかった。
もうずっと付いていけると思えた生涯初のアーティストとなりました。
iPod nanoにインポートされた一曲『美しき生命 / Viva La Vida』を聴いた回数は、
今日までに150回以上の自己最高記録を更新。
つい先日、TVでO.A.された『第36回アメリカン・ミュージック・アウォード』での
『ラヴァーズ・イン・ジャパン』のパフォーマンス。
楽しそうに歌いながらステージを走り回るクリス・マーティンの姿を見ていたら、
『あぁやっぱり彼らを好きでいて良かった!』と思わず顔がニヤけてしまいました。
年明けにはミュージカル『RENT』、ジャネット・ジャクソン、oasis…
そしてCOLDPLAYの2DAYSライブへ参加するので、今から本当に待ち遠しい!
ライブが立て続けにあることで、COLDPLAYの関西公演初日と
平井堅の『Ken's Bar 10th Anniversary
Valentine Special!supported by GODIVA』が重なってしまい、
堅ちゃんのライブへ参加できなくなったのが悔しいけど!
でも、COLDPLAYからファンへの今年のX’masプレゼントとして、
『Viva La Vida (Thin White Duke Mix)』
リミックス・トラックを貰えたので良しとしよう♪
7分24秒の超大作で、思わずクラブで踊りたくなってしまうような
軽快なアレンジに仕上げられています。
このリミックスを手掛けたのは、
マドンナとのコラボレーション(アルバム『コンフェッションズ・オン・ア・ダンスフロア』)で
有名なプロデューサーのスチュワート・プライス。
COLDPLAYのUK公式サイトで、
フリーダウンロード(期間限定)できるので興味がある人は訪れてみては?

●漫画●
正直なところ、『コレだ!』という人はいなくて万遍なくハマっていたという感じだった。
でも、『この漫画家だけはハズせない!』というのが自分の中でようやく判った一年でした。
以下、その漫画家たち。
バガボンド29デス・スウィーパー④チェーザレ 破壊の創造者⑥
井上雄彦きたがわ翔惣領冬実
オチビサン①花よりも花の如く⑤竹光侍⑤
安野モヨコ成田美名子松本大洋
3月のライオン②COPPERS カッパーズ①きのう何食べた?②限定版
羽海野チカオノ・ナツメよしながふみ
メンズ校④8(エイト)④海街diary② 真昼の月
和泉かねよし上條淳士吉田秋生

…以上、こんな感じでした。
どうやら2008年の記事はこれが最後になりそうです。
今年も読んでくれてありがとうございました。
2009年もお付き合いの程、ヨロシクです。
それでは、よいお年を!

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/677-3b9ea813
該当の記事は見つかりませんでした。