闇の子供たちと火垂るの墓。

重たく考えさせられる日本映画を、2本続けて観た。

『闇の子供たち』(2008)
闇の子供たち
とても不快な作品だった。もう二度と観たくない。
映画の完成度がどうとかではなく、余りにも内容がショッキング過ぎたからだ。
そこで描かれる物は、タイの闇で平然と行われる幼児買売春と臓器売買について。
性に対して何の知識もない幼き子どもたちに、
先進国の外国人:旅行者たちがとても言葉には出来ないような行為を、
発展途上国の貧しき彼らに強要する。
鳥かごの中の不衛生な状態で買われた彼らは遊び道具のように利用され、
そのまま病を発症する者さえいる。
内、AIDSを発症した子どもはゴミ袋に入れられ、そのまま清掃車へ放り込まれる…。
臓器売買に至っては、脳死状態ではなく麻酔こそされど生きたままで行われるのだ。
しかもそれを斡旋しているのが哀しいかな、タイの大人たちなのである。
観ていて、とてつもなく虫酸が走った。
小児愛に対する空想や妄想は個人の自由なので、それは全く構わない。
けれど、それを【実行】するのは絶対に間違っていると僕は思う。
個人が持つ性癖とは時に限りなく恐ろしいものなのだと痛感せずにはいられない。
正直、この作品の登場人物に感情移入できる人がほとんど居なかった。
唯一、共感できたのは出番が少ないながら
大手新聞社の記者・清水哲夫役の豊原功補くらい。
彼の言い分は中立的で、(いろんな意味で)いちばん大人だったと思う。
逆に音羽恵子役の宮あおいは、今回いちばん鬱陶しい存在だった。
居るんだよね…こういう独り善がりとしか思えない、
理想主義に燃える自己満足的な人間が。
綺麗ごとの正論だけで世の中、渡っていけない:改善されないと思うんだけど。
彼女が言っていることは根本を直すのではなく、氷山の一角に過ぎないのだから。
宮あおいも、いつまでこういう正統派の人物を演じ続けるつもりなんだろうか。
役の広がりが本当に無い女優だ(失礼!)。
但し、TVドラマ『篤姫』の存在感は抜群にいいと思う。
今回お目当てだった、駆け出し中のカメラマン与田博明役の妻夫木聡。
主演である江口洋介の横に並ぶと背の高さも含めて(苦笑)、
まだまだ青二才だと判る。
相変わらず爽やかだったけど、助演程度の出番だった。
タイ駐在の記者・南部浩行役の江口洋介。
彼の演技を観るのは久しぶりだったけど、
いい意味で灰汁が取れてカッコいい40代になっていた。
それにしても南部の正体を知った時の衝撃度と言ったら…!!
恐らくブッキーが出ていなかったら、絶対に観なかったであろうジャンル。
こういう出来事が起こりうる現実を
知るきっかけとなっただけでも、観てよかったと言える。
但し、人には薦められない。理由は、気分がどんよりするくらいの重たさがあるから。
もし観るのであれば、半端な気持ちではなく覚悟して鑑賞した方がいいと思います。
僕はこの映画…どうも好きになれないです。

『火垂るの墓』(2008)
火垂るの墓
高畑勲監督のアニメ版をきちんと正視したことがない。
余りにも哀しすぎる描写:展開なので、これまで断片的にしか見てこなかった。
そんな中、辛い思いをすることや泣くのを覚悟して実写版を観に行くことにした。
けれど予想を反して、全然泣くことが出来なかった。
感情を揺さぶる何かが足りなかったんだと思う。
現に、僕の後ろ方面に座っていたおばさんが誰かに言いたげな声で、
『今ひとつやったねー』と発していたのを否定出来なかったから。苦笑
観客に観せる必要があるシーンを、あえて割愛していたような気がする。
否定的な言い方をすれば、綺麗に描きすぎと言ったところか。
日向寺太郎監督はアニメ版と違うものを作ろうと意識した余り、
焦点がボヤけてしまったのかもしれない。
反戦としてのメッセージもほとんど伝わって来なかった。
清太役の吉武怜朗くんはイメージにピッタリで好演していたと思う。
これから期待の若手男優としてフレッシュな存在だった。
(映画の内容を考えると)不謹慎ながら、海辺での彼の褌姿にちょっとドキドキ!
節子役の畠山彩奈ちゃんは風貌こそイメージにピッタリだったけど、
肝心の演技が……。苦笑
それにしても清太の親戚である未亡人役の松坂慶子の
棒読み的演技は何とかならなかったのだろうか?
あれは計算されたパフォーマンス??
まぁ、清太の母・雪子役の松田聖子は【平和】の象徴だからいいとして。笑
今回、この作品を観て思ったのは。
どんな状況下においても、
大人が子どもにどう接し、導いていくことが出来るかどうかだった。
生きていく為と理解出来たとしても、
極力、自分は未亡人のような接し方をしたくないと感じた。
【戦争】というものは本当に人間の心を醜くし、不幸しか遺さないことを痛感する。
ちなみに結末は、野坂昭如の原作小説とアニメ版とは微妙に違います。
その点が唯一の救いかな。
正直、出来はアニメ版の方が断然にいいと想像できるので、
いつか必ずきちんと見ておきたい。

いよいよ明日は、僕の今年の夏のメイン・イベント【サマソニ08】!
COLDPLAYも無事、6日に日本入り♪
暑さに負けず、思いきり楽しんでこよーっと!!

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

myrtille says..."こんにちは"
ご無沙汰してます

最近、福岡まで映画を観に行くのがしんどくて
地元の映画館で上映されるまで待ってます
やっと「モンテーニュ通りのカフェ」を観ました~
(キム・ギドクの「ブレス」がようやく月末公開されます。遅)

「闇の子供たち」は福岡でしか上映されないようなので
がんばって観に行こうと思ってるのですが
予想以上に重たい内容のようですね~

私は宮崎あおいもすごく好きなので
彼女の出演作品は必ずチェックするのですが
確かに最近の出演作品はイマイチですね~
「初恋」以来、面白い作品が観れなくて残念です
クドカン新作の「少年メリケンサック」に期待です

「アクロス・ザ・ユニバース」は私もかなり楽しみです
2008.08.09 09:05 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."myrtilleさん。"
myrtilleさん

こんにちは!お久しぶりです♪
『モンテーニュ通りのカフェ』
観て来られたんですねー。
これは大阪でも変則的な公開形態でした。
いろんな人たちの人生観が心を優しくさせる作品でしたよね。
とにかく!セシール・ド・フランスが可愛かったです♪

『ブレス』
そちらではようやく公開されるんですね。
僕はキム・ギドク監督らしさがあって、なかなか良かったんですけど…巷ではあんまり評判が宜しくないんですよね。苦笑
過度な期待をせずに観ることオススメかもです。

『闇の子供たち』
これはかなり重たかったですねー。
本当にもう二度と観たくないですもん。
特に大人と子どもとの性描写のシーンに嫌悪感を覚えてしまいました。
宮あおい。僕は初期の頃が好きだったんですよー、特に『ラヴァーズ・キス』が。
『NANA2』の降板辺りから、あんまり好きじゃなくなりましたね。
決してキライではないですけど。
最近のクドカンは僕的にあんまりパッとしないですし、『少年メリケンサック』はどうでるんでしょうね。

『アクロス・ザ・ユニバース』
予告編を見るたびに興奮してます!
もうめちゃくちゃ楽しみなんですよ!!
観終わった後、きっとサントラCDを買いに走りそうな気さえしてます♪笑
2008.08.11 17:02 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ken says..."子供という存在"
やはりかなりハードな仕上がりになってるんですねー。
なかなかむずかしいテーマですけど、
キャスティングにも惹かれます。

そのおばちゃんのコメントは当たってるかも・・・。
アニメ版とは視点の置き方が違うので、
観客の期待に応えきれてなかった気がします。
したいことはわかるんですけど、
現代的過ぎましたね。

個人的には西宮のおばさんをああいうキャラにしてしまうのは、
原作からあまりにもかけ離れてて・・・。
松坂慶子は体当たり演技でしたが(笑)
畠山彩奈のビジュアルは完璧ですね。
2008.08.16 05:17 | URL | #VaGrzmSs [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

『闇の子供たち』
この夏のミニシアター系では健闘してるようで、シネコン:梅田ブルクでも上映が始まりましたね。
はい。作品はかなり硬派で重たい仕上がりになってます。
難しいテーマなだけに、十人十色の感想があると思いますね。
kenさんは、どんな感想になるんだろうなぁ。
キャスティングは贔屓目なしに(笑)良かったですよ♪

『火垂るの墓』
映画館のおばさんの発言…当たってるでしょ!笑
やっぱりアニメ版とは視点が違うんですね。
それは(アニメ版を)観てない僕でさえ感じ取れましたもん。
日向監督の意図することが今ひとつ理解できずに終わってしまった感ありです。
そうそう!描写が現代的だったし、余りにも小奇麗過ぎました。
西宮のおばさんの人物設定もかなり違うんですね。
実写版では単なる性悪おばさんにしか思えませんでした。
松坂慶子の演技については……もうノーコメント!笑
畠山彩奈ちゃんに関しては……。苦笑
2008.08.18 18:10 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/610-187d1d9b
該当の記事は見つかりませんでした。