インディとチャーリーとミスト。

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)
インディ・ジョーンズ
あは☆やっぱりインディ・ネタは書きたくなっちゃう!
↑は映画館で無料配布されてるフリーペーパー。
遂に全米公開がスタート!
海外での評価は【賛】が多い中、
信頼性の高いRotten Tomatoesの支持率も今のところ79%でホッ☆
日本では、来月14日と15日に先行公開!
そんな中、TOHOシネマズが先陣を切って、プリセールを開始!
1㎜でも大きいスクリーンで観たいのもあって、
キタとミナミでいちばん大きいサイズのスクリーンを調べて、
丁度、TOHOシネマズなんばのSCREEN2でする事が判明。
やっぱ大画面&音響のイイ場所で、お祭りに参加したいもん♪
おまけに、この日はTOHOシネマズデイ!誰でも1000円で観れちゃう♪
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
もう待ちきれなくて、もちろん14日土曜の初日のチケットを確保!
もち、myベスト席で♪
インディ・ジョーンズ②
普段は先行公開や公開初日に無関心なんだけど、
インディ・ジョーンズだけはこだわる!
なんてったって19年ぶりとなるインディとの再会だもん!
仕事も休むことを優先しちゃいました。笑
やっぱり僕と同じように先行初日派が多いみたいで、
TOHOシネマズ梅田のセンターど真ん中の良い席は、
ほぼ満席状態になりつつある…さすが!
あとは当日に行くのみです♪
上映時間122分…思い存分、楽しんでこよう!
あ~、なんだか益々テンションが上がっていくよ~☆
そんなこんなで常に頭の中は、あのテーマ曲が流れてます♪

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(2007)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー②
気楽に観れる政治風刺コメディかと思ってたら、
結構、しっかり作ってある社会派映画だった。
なんかね、大学の講義を受けてる感じ。
中近東の政治情勢や信仰している宗教の知識がないとチンプンカンプンで、
次から次へと出てくる字幕を読むだけで精一杯!
正直、映画を楽しむどこではなかったなぁ=自分の頭の悪さ:無知にガックリ。
しかもお目当てのジュリア・ロバーツがほとんど出てない状態で、助演程度の役割。
これでゴールデン・グローブ賞において、
ジュリアが助演部門にノミネートされてたことに納得。
彼女、久しぶりのスクリーン復帰だったけど、
80年代のメイクをしてるせいか全然綺麗じゃなかったし、
しばらく見ない間に老けた気がしたなぁ。
逆に冒頭で出ていた『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラントの
スタイルの良さとフェロモンにびっくり!
そろそろ世代交代の時期かなと思ったり。
チャーリー・ウィルソン本人が語るラストの文字が、
その後の9・11に繋がることを考えると、とてつもなく重たい。
出来れば観る前にパンフを買って熟読し、予備知識を入れて観ることオススメ。
そうすれば、すんなり観れて楽しめると思います。
映画はその世界情勢を知ってて当然だという形で、いきなり始まるからね。

『ミスト』(2007)
ミスト
とにかく『凄い映画』の一言に尽きる!
単なるパニック物じゃなかった。ヒューマン・ドラマ的なものさえ感じたから。
観てる間中ずっとしんどくて、これっぽっちも安心して観ることが出来なかった。
イライラしたり、ウザく思えたり、怖かったり、泣きそうになったり…。
『レクイエム・フォー・ドリーム』を観終わった時の気持ちと似てたな。
(いい意味で)二度と観たくない:観れない映画。
けれど、間違いなく今年の【記憶】に遺る秀作だと言える。
僕はオリー(トビー・ジョーンズ)が店内で取った、ある行動を支持したい。
やはりこの世でいちばん恐ろしい生き物は、
地球外生命体ではなく【人間=怪物】なんだ。
こういう状況下でいちばん多いタイプの人間は、きっとジム・グロンディン
(フランク・ダラボン監督ご用達のウィリアム・サドラー)みたいな人物だろうと思った。
パニックから集団心理に感化され、ヒステリーになっていき、
遂には魔女狩りを始めていく。
映画は、最後の最期まで諦めずに【希望:信念】を持つことの
大切さを説いているように思えた。
或いは、信仰心を失いつつある米国人に対する警鐘なのか。
果ては今の世の中でどんなに【希望】を抱いたとしても、
【絶望】しかないという皮肉めいたものなのか。
スティーブン・キングが書いた原作の結末は、
その後の顛末を読者に委ねる形で終わらせてるみたい。
僕個人としては、この映画版の方が強烈なものがあってヤラれたとさえ思ってしまった。
正に、キャッチコピーの【映画史上かつてない、震撼のラスト15分】に嘘偽りなし!
ハリウッド映画が、まさかの『パンズ・ラビリンス』を彷彿させるような
アンハッピー・エンディングを魅せてくれるなんて!
そこが本当に衝撃的だった。
この映画には、事実やドキュンタリー映画に
匹敵するくらいの生身の人間の怖さがあった。
その登場人物たちの感情はリアルそのものだった。
あ~、そう考えると『インディ4』はフランク・ダラボンの脚本で観たかったよー!
ジョージ・ルーカスはなんで、デヴィッド・コープ版を選んじゃったのかな??
最後に。完全にスルーしようと決め込んでた、
この『ミスト』を観ようと思わせてくれたヒデさん、rogueさん、kenさん…ありがとう。

関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

さつき says..."インディ"
おー、ちょうど今からインディを観に行く所です!評判いいのね。ヨカッタ~
キーホイクアンはもう出てないのか… ?

SEX&THE CITYも来週公開とあって、
楽しみで仕方ありませんっっ

映画ももっと色々観たいんだけど、ドイツ語タイトルでドイツ語説明じゃ、どんな映画かいまいちピンと来なくて二の足を踏みがちなんだけど、Elijah君の情報が世界基準に早いので参考させてもらってます。
今後もよろしぅーー☆
2008.05.23 20:57 | URL | #Rdt3XBbw [edit]
Elijah(管理人) says..."さつきさん。"
さつきちゃん

『インディ4』
丁度、『インディ』観終わった頃かな??
なんてタイムリー!そっか×2!ドイツも全米公開日と同じ日だもんね!
日本より早く観れて羨ましいよ~~!
うん。もちろん否の意見もあるけど、概ね評判はいいみたいだよー。
さすがにキー・ホイ・クァンは出てないよねー。笑
でも最後にサプライズ・ゲストの噂があるんで、それが誰なのかかなり気になるんだけどね。
あっ!僕にネタバレしないでねっ。笑

『SATC』もドイツは全米と同じ日なんだねー。
これも羨ましい!
ただね、これは全米での評価が宜しくないんだよね。
そこがちょっと不安なので、期待のハードル値を下げようと思ってるんだぁ。

>Elijah君の情報が世界基準に早いので参考させてもらってます。
↑あー、この言葉…素直にめちゃくちゃ嬉しいよーーっ。どうもありがとう!
さつきちゃん発のドイツ映画情報も、ちょびっと期待しておくよ♪笑
こっちこそ今後もよろしゅう☆
2008.05.23 22:55 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
rogue says..."こんばんは!"
王子! こんばんは♪

どういたしまして☆
あんな訳のわからない記事を読んで頂いて、恐縮です。

むちゃくちゃ内容が濃くて、リアルで怖かったですね。

わたしもオリーの行動を支持します!
私自身もちょうど限界に達するところだったんで。
オリーがやらなきゃ私がやってた(笑)

この映画を観てから、自分は常に冷静でいられるかなとか、
自分だったらどのキャラクターにあてはまるかなとか、
いろいろ考えさせられましたね。
で、出た結論は、どんな時でも愛する人の手を離しちゃいけない、
ということです。え?そんな話じゃない?

『チャーリー』観に行く予定なのですが、予習した方がいいんですね?
貴重な情報ありがとうございます!

『インディ4』もいよいよですね☆
スクリーンのサイズを調べるなんて、さすが王子!
これからも王子についていきます!!!イヤって言わないで(^_^)
2008.05.24 21:59 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんばんは☆
『ミスト』
全然!訳の分からない記事じゃなかったですよー。
むしろrogueさんの伝えたい気持ちがストレートに書かれてあって、僕的にはいちばん分かりやすかったです♪
うん。もう想像以上に内容が濃くて、ホントにいろんな意味で衝撃的でした。
rogueさんもオリーの行動を支持してくれるんですね!
あー、僕もこの辺りで精神的にピークだったかも~。ウザい!の極地だったもん。
なので、彼の行動にスカッとしました。
もうね、スタンディング・オベーションしたい気分だった。爆
>オリーがやらなきゃ私がやってた(笑)
↑ここ!読んで、思わず笑っちゃいました。
もうrogueさんてば、正直でオチャメなんだから~。笑
うんうん。僕もこの映画を観ながら、もし自分だったら…と考えたりしました。
多分、僕は最初こそパニくるものの、だんだんと妙に冷静になっていく気がします。
それは諦めたか投げやりな気持ちで。
ただ、これまで観た数多くの映画の知識を活かして行動するとは思いますが。
キャラクター的には、僕はスーパーマーケットの外には絶対に出ない存在だと思いますねー。
なんせ人任せの王子ですから!爆
>どんな時でも愛する人の手を離しちゃいけない
↑おっ!rogueさんのこの見解は正しいと思います!
>え?そんな話じゃない?
ううん(笑)。根底にあるものはこういうことかもしれませんよ!

『チャーリー』
映画を観る前の予習って基本しない方が楽しめると思うんだけど、この作品に限っては予習をした方がいいと思います!
rogueさんって世界情勢に詳しい??
もし詳しくなかったら、チンプンカンプンになる可能性が高いかもです!

『インディ4』
うん!あと3週間を切ったんで、ホントにワクワクしてますっ。
もうめちゃくちゃ思い入れがある大好きなシリーズなので、どうせ観るんだったら、いちばん大きなスクリーンで!と張り切って調べちゃいました…あは。
うんうん!ぜひぜひ付いてきて!笑
むしろイヤとは言わせませんから~。爆
2008.05.25 18:31 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ヒデ・グラント says..."事実は映画よりも奇なり"
先行上映、
1㎜でも大きいスクリーン&音響のいい映画館で、仕事も休んでmyベスト席もゲットして・・・ まさに、お祭りの準備もカンペキ!!
本当に好きなんだなぁ~ インディ
既に観てきたマイミクさんが高い評価をしていたから、期待していいんじゃないかな。
お祭の日にボルテージが最高潮になるよう、6/14に向けて気分を高めていってください!!

『ミスト』 はホント、考えさせられる映画だったね。
なぜ昆虫があんなに巨大化してしまったのか? ハッキリとは明かされていないけれど、きっとアレだって人間の仕業(失敗?)であるわけで、そう考えると、やはりこの世でいちばん恐ろしい生き物は 【人間】 なのかもな。
あのラストもある意味、因果応報というか。

東京・江東区のマンションで起きた女性行方不明事件も、
犯人は、インタビューにも淡々と答えていた、2軒隣に住む男だったしな。
誰もが普通の顔をして普通に生活をしているけれど、
実はとても危ない人物だったなんてことも多いからね。
まさに ”事実は小説(映画)よりも奇なり” 

それと人間、未来を生きていく希望が持てなくなってしまうと、その時点ですでに「死んだも同然」(=選択肢の中から「生きる」というのが消えてしまう)のだと。
『ミスト』 の場合には、あれだけの壮絶な場面を目の当たりにしてしまってるから、なおさら未来に希望なんて持てないわな。
奇しくも、ミャンマーではサイクロンの被害が、中国四川省では大地震で大勢の死者が。
この先、助かった人達が希望をもって生きていけると良いな、と心から願います。
2008.05.27 15:25 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

『インディ4』
『インディ・ジョーンズ』シリーズは、もう本当に大好きなんですよ~。
僕にとっては、【映画】の醍醐味を教えてくれた作品そのものですから!
【映画】にハマるきっかけを与えてくれた作品でもありますね、きっと。
映画の神様の新作ですし♪
当日は多分、訳もなく泣いちゃってる気さえします。笑
【4】についての評価はすこぶるイイみたいなので、その点は安心してます。
でもきっと作品自体が良くなかったとしても、製作してくれただけでも有り難いので、文句は言わないと思います。笑

『ミスト』
本当に衝撃的な作品でした。
昆虫の巨大化は確かに人間の産物ぽいですよね。
結局、いつも危険な目に晒されるのは何も知らない民間人なんですよね。
どんな状況においても、いちばん恐ろしい生き物は人間に間違いないですよ…きっと、これからも。
最近の世の中は、本当に不審な人物が多いですよね。
それまでは海外での出来事のイメージが強かったですけど、ここ日本でも人を殺害する事に、なんとも思わない若者が増えてしまいましたよね。
決してそれを【映画】のせいにだけはしてほしくないですけど。
『ミスト』の登場人物たちは極限を経験してしまったが為に、あのような行動を取ってしまったんだと思います。
ああいう時こそ、本能よりも理性で判断できる強い精神力を持ちたいものです。
未来に希望を持って生きようとする心がけは本当に大切ですよね。
ミャンマーと中国での自然災害。
個人ひとりひとりの思いももちろん大切だと思いますが、それよりも国自体がどう迅速に(アフターケアも含めて)国民ひとりひとりを支援していくのか気がかりですね…。
2008.05.28 10:51 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ken says..."インディ祭り"
んー、スクリーンサイズまでチェックするとは、
さすがは王子ですね。
たしかにせっかく映画館で見るんだったら、
できるだけ大きいほうがいいもんなぁ。
しかしTOHOはいいタイミングで公開ですね。
あー、どこで見ようか悩んじゃう!

「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」のおかげでアフガン問題にかなり詳しくなりました(笑)
やっぱり近代史もきちんと押さえておかないとダメだなぁ。
で、トム・ハンクスはこういう役上手ですね。
細かい動きも含めてリアリティ感じちゃいました。
フィリップ・シーモア・ホフマンは文句なしですね。
ジュリア・ロバーツはモデルのジョアンナ・ヘリングが整形美人らしいので、
その辺までマネしてたらしいですよ(笑)
水着姿も披露してたしがんばってたと思います。

「ミスト」は僕の影響で見ちゃったんですね。
なんか王子を悪の道に・・・(笑)
ま、傑作なので許してください。
シチュエーションホラーとして秀逸なだけでなく、
圧倒的なラストの選択がやっぱりすごい!
まさに衝撃ですね。
解釈は観客の数だけあるだろうけど、
かなりリアルでした。

フランク・ダラボンの脚本ってどんなだったのかなぁ。
最後にインディがえらいことになってたりして・・・(笑)
2008.05.31 05:26 | URL | #VaGrzmSs [edit]
JoJo says..."お世話になりました"
Elijahさん、突然ですが、今月をもってブログを閉鎖することになりました。短い間でしたが、お世話になり、本当にどうもありがとうございました。

とはいえ、これからも遊びにまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!来月は、わたしも「インディ」観に行きますよ~!!
2008.05.31 20:38 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

『インディ4』
はい!もう思わずスクリーンのサイズをCheckせずにはいられなくて!
この気持ち、kenさんなら解ってくれますよね!?爆
TOHOは上手い具合に先行初日を合わすことが出来ましたよね~。笑
kenさんは、なんばパークスシネマ辺りで観るんじゃないかと睨んでるんですが!
ちなみに僕は、2回目はいちばん好きなパークスでゆっくり落ち着いて(笑)観ようと思ってます♪

『チャーリー』
確かにアフガニスタン問題には詳しくなれますよね。
9・11への由来も更に強く理解できましたし。
ただ、やっぱり日本人は難しい:受けにくい題材だと思いました。
トム・ハンクスは上手くて当たり前だとどこかで思ってしまってるので(汗)、出来る限りトム・ハンクス本人として見ないように意識しましたね。
逆にフィリップ・シーモア・ホフマンの方がカメレオン的演技で魅了されちゃいました。文句なしと言うのも納得です。
ジュリア・ロバーツ。
>モデルのジョアンナ・ヘリングが整形美人らしいので、その辺までマネしてたらしいですよ(笑)
↑これ、映画を観終わった後、パンフで読んで納得しました。笑
水着姿の撮影時は、実際に妊娠してたんですよね。
女優根性が凄い!と思えました。
ライアン・レイノルズと共演の『Fireflies in the Garden』の日本公開が楽しみですね♪

『ミスト』
そうですね。仲良くさせて貰ってる人たちの影響をかなり受けて、観に行ってしまいました。笑
この作品に関しては、ノー・プロブレムですよ!
かなり衝撃的で重たい作品でしたが、【映画】としては思いきり楽しめましたので。
いろんな意味で斬新でした。
本当にあのラストは圧倒的でしたよね!近年、稀に観るオチでした。
この結末に関しての意見は、人間の心理描写が生々しかっただけに、本当に観た人の数だけありそうですねー。
『インディ4』に関するダラボンの脚本は、インディと父と弟(オファーされてたのが、ケビン・コスナー)を軸にしたものだったみたいですよ。
もともとダラボンは『プライベート・ライアン』の冒頭30分間のノルマンディ上陸シーンのリライトをノークレジットで担当してたようで、その手腕を信頼されて今回もオファーされたんじゃないでしょうか。
ダラボンの前には、M・ナイト・シャマランとトム・ストッパード(『恋におちたシェイクスピア』の脚本家)にも依頼されてたみたいですねー。
ちなみに、速報です!
共通のマイミクさんのZAKさん……『ミスト』重くて嫌いらしいです。笑
2008.06.01 19:31 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."JoJoさん。"
JoJoさん

こんばんは。ご丁寧なコメントありがとうございます!
先日、JoJoさんのBLOGをいつものように訪問して、その事実に驚かされたばかりでした。
実は最近のJoJoさんの記事…どこか元気がないなぁ…と思ってたんですよね。
BLOGの閉鎖はとても残念に思いますが、こちらこそ本当に短い間でしたが、交流を持てたことに感謝しています。
もちろん!これからもどうぞ遊びに来て下さいね!
そしていつかのBLOG復活の時には、こっそり教えて下さいね!必ず、遊びに行かせて貰いますから♪

おーーーっ!JoJoさんも『インディ4』を近々、観に行かれるんですね!
お互い、思いきり楽しみましょう☆
2008.06.01 19:46 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
とらねこ says..."JOJOさんが・・・"
Elijahさん、こんばんは。
ちょっとお久しぶりです。
私のこと覚えてますか~?

Elijahさんが『ミスト』を見ている~!大丈夫かなあ?
と思いきや、今月で一番点数が高いじゃないですかv-12ビックリ!
私もすごくこれは面白かったですね~。
原作ファンとしてはどうしても最後が余計だなあと思っちゃうんですが。。。
でも、映画を見ちゃうとこっちの方がやっぱり強烈なんでしょうね。

ところで、JOJOさんが、訪問しに来てますね・・・v-409
思わず、Elijahさんはどうしてるかな?と思って、寂しくなってコメントしてしまいました。
いつもロムるだけでコメントを残さずすいません・・・
2008.06.03 18:08 | URL | #.zrSBkLk [edit]
Elijah(管理人) says..."とらねこさん。"
とらねこさん

こんにちは!ちょこっとお久しぶりです。
もちろん!とらねこさんのことは憶えてますよ~。
こちらこそ最近はコメントを遺せなくて、すみません!
記事はしっかり読ませて頂き、参考にさせて貰ってますよ♪

『ミスト』
確かに本来なら、あんまり得意ではないジャンルなんですよね。
『IT/イット』や『ドリームキャッチャー』系の展開なら、どうしようかと思ってましたから。苦笑
でも周りのブロガーさんの評価が高かったですし、いろんなところで話題にもなってましたから、観に行かずにはいられなかったんです。
想像以上のものがあって本当に衝撃的でしたし、正しく凄い映画を観てしまったという感じでしたね。
なので、気づけば点数もハイスコアになってました。笑
とらねこさんは原作をきちんと読まれてたんですね。
原作ファンの間では、あの結末が好きじゃない人が多いと聞きました。
確かに映画的な要素やインパクトを考えれば、ダラボン版の結末じゃないと地味に終わってたかもしれないですね。『ここまで引っ張っておいて!』みたいな。

JoJoさんのBLOGの閉鎖…残念ですよね。
でもBLOGの運営は人それぞれいろんな思いがあるでしょうし、僕は彼女の気持ちを尊重したいと思います。
またいつかきっと再開してくれることを信じてますから。
とらねこさんの久々のコメント、本当に嬉しかったです!
改めまして、これからもどうぞヨロシクお願いしますっ☆
2008.06.04 13:55 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/570-29b7e436
該当の記事は見つかりませんでした。