ダージリン急行がNo.1。

『ダージリン急行』(2007)
ダージリン急行
──この映画の見どころは?
第一に、そのビジュアルかなぁ。
映像の色合いに、インドのロケーションに美術に小物の数々…
なにもかもがオサレ!
一緒に観た女子友達は、マーク・ジェイコブスがデザインした
旅行カバン一式にキャアキャア言ってました。笑
──面白かった?
うん、僕は好き。とにかく!全体の雰囲気が最高だった!
やっぱりウェス・アンダーソンの世界観はグッとくるし、
僕の心にピタッとハマるなぁ。
アメリカ人だけど、ハリウッドよりEU寄りのセンスもgood!
彼は兄弟や家族を描くことに探究心があるんだと実感!
ただね、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』と比べてしまうと、
あの作品は超えてないな。
ザ・ロイヤル・テネンバウムズ
良かったんだけど、ちょっと物足りなさを感じるのも事実。
だから反って、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』が
いかに傑作だったのかを改めて知れるきっかけにもなったな。
『ダージリン急行』ははっきり言っちゃうと、
あんまり話があるようでないんだよね。
そうだなぁ…3兄弟の旅に
同行取材させてもらった感覚に近いかなぁ。
特に映画的でドラマティックなエピソードがある訳ではないし。
僕はこの描き方に、なんとなーく『めがね』を思い出してしまったな。
『ダージリン急行』は、亡き父親といまを生きる母親に対する、
自立:決別:解放:巣立ちをするまでの過程を描いていたと思う。
──印象に残るシーンは?
長男のフランシス(オーウェン・ウィルソン)が
トイレで包帯を外すシーンかな。
それまで自分で作る規則にがんじがらめだった彼が、
その包帯を外すことで自らを解放したんだと思えたから。
この描き方が、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の
次男のリッチー(ルーク・ウィルソン)がヒゲを剃り、
坊主頭にするシーンと表現の意味が被ったんだよね。
飛行機を乗るのを止めて、
バイクで3人乗りするシーンもなにげなく好き。
ダージリン急行
↑三男のジャックなんて素足だし。笑
あとは…オープニングとエンディングの
表現の仕方が巧いなと思った。
3兄弟の心境の変化がここ一発で理解できる!
なんかエンディングが大好きな『リトル・ミス・サンシャイン』の
ラストシーンとシンクロして、ちょっとジーン。
──他に何か言いたいことは?
ナタリー・ポートマンの本編へのカメオ出演は、
同時上映の短編『ホテル・シュヴァリエ』を観てこそ、
活きると思います。
巷では、ナタリーがこの短編で脱いでると云われてますが…
あまり過度な期待感を持つのは止めましょう。
オールヌードではないですので。笑
常に落ち着いた演技を披露した、
エイドリアン・ブロディ(次男ピーター役)の
新たな一面を観れたのが嬉しかった。
相変わらず、スリムなフォルムがカッコ美しい!
お目当てのジェイソン・シュワルツマン(三男ジャック役)は、
やっぱりイイ雰囲気を持ってる男優さんだなぁ…と実感。
体型はずんぐりむっくりで、濃い顔立ちだけど…
誰が何と言おうと僕の中ではハンサムなのです!!笑
エイドリアンとジェイソンは本当に兄弟のように映ってたなぁ。
ちなみにこのホイットマン3兄弟。
どこが似てるんだろう?とパンフレットの写真を見て、
ようやく気づいたんだけど…【鼻】だ!笑
ひとつだけ欲を言うなら、ここにルーク・ウィルソンも加えて、
4人兄弟にしてほしかったな!笑
アンダーソン監督の気になる次回作は、現在製作中の
アニメーション映画『The Fantastic Mr. Fox』。
声の出演にジョージ・クルーニーを始め、
常連組のケイト・ブランシェット、ビル・マーレイ、
ジェイソン・シュワルツマン、アンジェリカ・ヒューストンら。
全米では09年11月公開予定なので、今から楽しみ!

『プライスレス 素敵な恋の見つけ方』(2006)
プライスレス 素敵な恋の見つけ方
──この映画の見どころは?
…うーん、正直難しいなぁ。苦笑
もしかしたら、自分の恋愛観や価値観や
道徳観を測れるところかも。
──面白かった?
僕はそれなりに楽しめたんだけど、
一緒に観た女子友達はご立腹でした。
観終わった後、パンフレットを買おうとしたら、
止められちゃったもん。笑
あのね、この作品…オドレイ・トトゥ演じる主人公に
共感できるかできないかで真っ二つに評価が分かれると思う。
チラシから感じ取れるような
ロマンティック・コメディとは全然違うので。
解りやすく言えば…『プリティ・ウーマン』の最悪版!?苦笑
じゃあ、僕がなんでそれなりに楽しめたのかと言うと…。
僕もジャンのようにかつて大好きだった人に貢いでたから。爆
彼は東京に住んでたんだけど、
大阪に帰郷するお金がないと言われると、
逢いたいがために平気で飛行機の往復代を出したりしてたからね。
着る服とかも平気でプレゼントしてたなぁ。
まぁ、映画のような高級ブランドではなかったけど。汗
↑今では絶対に考えられないことだけど!
だからジャンのキモチが少なからずも理解できたんだよね。
今、振り返るとその額を考えれば、
ちゃんと貯金をすれば良かったなと反省&教訓。苦笑
なので、中盤からジャンに貢ぐ未亡人の
彼を支配したくなる心境も経験済みです。汗
逆にイレーヌが物を買って貰いたくなるキモチも理解できて。
僕ね、大好きな人:彼氏onlyには
物で愛情表現をしてほしくなるんだよね。
特に自分がコレクションしてる物に関して。
それを買ってくれるかどうかで、
その人の僕への愛情のバロメーターを測ろうとするところがある。
まぁ、この件に関しては今の彼氏にみっちりと怒られたので、
もうすっかり反省してるけどね。爆
だって付き合い始めた頃は、
彼氏に逢うたびに『コレ買って!』とせがんでたから。汗
今の彼氏に、それ:物よりも愛情:キモチだと教えて貰いました。
↑決して、ノロケではないです。笑
…と言う訳で、この映画は
いろんな思いをしながら観つつ楽しんでたのです。笑
──印象に残るシーンは?
…正直、特に無いかなぁ。苦笑
この映画を観ていて気づいたことは、
ブランドを身につけるには
内面もそれに見合うように磨いておかなきゃダメだということ!
イレーヌがキャビアを注文して食べるシーンがあったんだけど、
その時の台詞が、正に彼女の人格と人生を
表してるように思えたんだよね。
どんなに背伸びや欲を出しても、
その階級層に見合う資質がないから無理なんだと…
そこで気づいてほしかった。
自分で働いてこその、物に対する有り難味にもね。
なので、いちばん最初にホテルマンとして働く
ジャンが断然輝いてたなぁ!
──他に何か言いたいことは?
大好きなオドレイ・トトゥ。
今回は役柄のせいもあって、あんまり可愛くなかったなぁ。
やっぱり彼女はチャーミングな役柄の方が似合うと思った。
なので、最新作のギョーム・カネ共演の
人間ドラマ『一緒に、それだけのこと(仮題)』が早く観たいなぁ。
Ensemble, cest tout
今回、一緒に観てくれた女子友達を誘って、
オドレイの魅力をリベンジせねば!笑
ちなみにオドレイの次回作は伝記物で、
今年フランスで公開予定の『Coco avant Chanel』。
そう、あのココ・シャネルを演じるのです!これも楽しみ♪

──次回、登場予定の人物は?
失恋の痛手からN.Y.を横断する女子。
フランスからスペインまで巡礼の旅をする3兄弟。

関連記事
スポンサーサイト

12 Comments

YUKi says...""
うふふ。
「プライスレス~」のパンフレット買う時
阻止しようとしてゴメン 笑。
やはりあのビッチには、おのれーーー!
はやくバチ当たれ!って祈ってました 笑笑笑。

昨日は話に出なかったけど
私もラストで兄弟が
ダージリン急行に飛び乗るシーン
「リトル・ミス・サンシャイン」の
あの高揚感や開放感と被ったんだ♪

ハシゴ面白かったです。ありがとうv-238
2008.03.23 13:38 | URL | #nGdA3O4A [edit]
Elijah(管理人) says..."YUKiさん。"
YUKiちゃん

『プライスレス』
イヒヒッ。
パンフ購買、見事に阻止してくれてサンキュー。笑
そのパンフ自体の出来はイイ感じだったよ~♪
映画館で売ってたポストカードも、YUKiちゃん『可愛い』と言ってたもんね。
アイテムに関してはgoodかな!笑
…やっぱりイレーヌの行動:言動にムカつくんだね。笑笑笑
ま、確かに一度も痛い目に遭わないのはダメだったよね~。
彼女…全然、学習する機会がなかったもんね。
んでも、本国フランスでは200万人動員のヒットだったみたいだよ~。笑

『ダージリン急行』
ぐふふっ。
やっぱYUKiちゃんも、あのエンディングに『リトル・ミス・サンシャイン』が被ったんだね!
この映画…きっと後からジワジワと味が出てくる作品になる気がする~。

こっちこそハシゴのお付き合いアリガトでした♪
また来月もご一緒ヨロシクです!
2008.03.23 16:48 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
chocolate says...""
「プライスレス~」これ、フランス行った時に上映中だったんだよな~
出発まであと1週間ぐらいしかないので、
この先は見ずに行くことになりそうよ。(泣)
「ダージリン~」は明日行ってくるわっ。
映画としては「ロイヤル~」の方が上なのか・・・ムムム。
ギョーム・カネの作品、私も見たいです。
フランス行ったら映画チェックしてくるからねー。^_^
2008.03.23 17:30 | URL | #y.wP8AhY [edit]
Elijah(管理人) says..."chocolateさん。"
chocoちゃん

『プライスレス』
へぇ~!chocoちゃんがフランス行ってた時に上映してたんだね!
うんとねぇ、この作品はわざわざ映画館に足を運ばなくてもイイかもだよ。爆
WOWOW待ちでイイと思う。苦笑

『ダージリン急行』
明日、観てくるんだねー。
僕的には『ザ・ロイヤル…』の方が上だったけど、旅好きのchocoちゃんが観たら、きっと僕とはまた違う感情を持つんじゃないかなぁ。
楽しんできてね!

そっか!もうじきフランスなんだね!
こっちも思い存分、楽しんできて下さーいっ☆
最新のフランス映画情報、楽しみに待ってるよん♪
2008.03.23 18:50 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
とらねこ says..."おはようございます♪"
こないだ初めて来て、Elijahさんに聞いてみたいことがあったんだけど、遠慮して一生聞けないだろうなあ、なんて思っていました。
Elijahさんの素直で真正直なブログ、これからも読ませていただきますね。

『プライスレス~』しか見ていないので、そちらの方だけコメントします。
すごく共感できる記事でした!私もイレーヌの現金主義が、素敵なラブコメからほど遠く思えてしまったのでした。
そのくせ、私も男の人が自分のために無理してくれるのが好きだったりして‥うう。
2008.03.24 09:44 | URL | #.zrSBkLk [edit]
Elijah(管理人) says..."とらねこさん。"
とらねこさん

ようこそ!再訪問とても嬉しく思います♪
…ところで僕に聞いてみたいことって何ですか??
一生聞けないとまで言われると、尚更、気になっちゃいます…。
どうぞ遠慮なく!笑
僕のBLOGは自分に正直に、決してウソのキモチで書かないことをモットーにしています♪
あまりにも正直に書きすぎて、誤解されちゃうこともたまにあるかもですが…。苦笑
こちらこそ、これからもどうぞヨロシクお願いします☆

『プライスレス』
感想に共感できると言って貰えて、とても嬉しいです!
やっぱりイレーヌの現金主義はイタだけなかったですよね~。
もっと可愛らしいラブコメだと思っていたので、ちょっと肩透かしを食らった感もあります。苦笑
『アメリ』のような作品に再び出逢いたいものです♪
とらねこさんも、やっぱり多少は自分のために無理してほしいんですねー。
その微妙な女子心、十分に理解できちゃいます。笑
2008.03.24 20:20 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
rogue says..."こんばんは~"
Elijahさん! こんばんは♪

『ダージリン急行』、言われてみれば、話があるようでないですよね(^_^: でも3兄弟に癒されたから、いいんです(笑)私が3兄弟の心境の変化を感じたのは、子どもたちを助けようと走り出した瞬間かな。あの時彼らはひとつになった!

ジェイソン・シュワルツマン、私もハンサムだと思います。すごく色っぽいし。ニコケイのいとこなんですよね?横顔がそっくりだなと思いました。

ルーク・ウィルソンを入れた4兄弟ってのもいいですね!彼は次男?三男かな?エイドリアンとどっちが年上なんでしょうか・・。
2008.03.24 23:59 | URL | #- [edit]
myrtille says..."こんにちは"
この2本、YUKiサンと一緒に観られたんですね~♪
「ダージリン急行」は私も絶対観たい!作品なんです
(まだ観れてないのです。涙)
「ロイヤル~」私も大好きなので、すごく楽しみです

それにしても Elijahサン、
すごく沢山の作品を鑑賞してらっしゃって本当にスゴイ!!
そして とても楽しい記事ですね♪
予告付きなのも素敵デス◎


2008.03.25 15:45 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんばんは!
『ダージリン急行』は、即興で作ったようなアドリブ感覚を味わえたんですよねー。
仲間で楽しく映画を作ってます!みたいな。
あの3兄弟にはイイ塩梅で癒されましたよね!
>私が3兄弟の心境の変化を感じたのは、子どもたちを助けようと走り出した瞬間かな。
↑これ!僕もそう思います!
ここから映画の雰囲気もちょっと変わりましたもんねー。
無我夢中で走る3兄弟の姿が印象的でした。

>ジェイソン・シュワルツマン、私もハンサムだと思います。
↑おっ!この反応は素直に嬉しいなぁ。笑
そうですね!彼はニコラス・ケイジのいとこです。
芸能一家の中で育ったサラブレッドですね。
横顔…確かに似てるかも!
僕は毛深さが凄く似てるなと思ってました。笑

ルークを入れた4兄弟案。
なかなかイイでしょ!笑
ルークは71年生まれ、エイドリアンは73年生まれなので…ルークが次男になるみたいです!
2008.03.26 20:34 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."myrtilleさん。"
myrtilleさん

ようこそ!こんばんは♪
初コメントどうもありがとうございます!
そうなんです!この2本はYUKiさんと観てきました♪
myrtilleさんも、『ダージリン急行』はCheck中の作品なんですねー。
ウェス・アンダーソン監督ワールドは健在なので、どうぞ楽しみにしていて下さいね!
早く観れるとイイですね!
それにしても、やっぱり『ザ・ロイヤル…』は多くの人に愛される映画なんだと嬉しく思っちゃいます☆

僕…映画は映画館派で、年間120本くらい観てるんですよ。
なので、ほとんど映画館に通ってることになっちゃいます。笑
記事…楽しく読んで貰えたようで、嬉しい限りです!
そういう言葉が日々の励みになりますもん、やっぱり♪
予告編も映画館の劇場予告を真似て、最近始めたんです。笑

myrtilleさん…またちょくちょく遊びに来て頂けたら、嬉しく思います。
これからもどうぞヨロシクお願いします☆
2008.03.26 20:50 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ken says..."紅茶"
たしかに中身があるようでない作品ですよね。
でも、ちょっとしたディティールを楽しむのがいいんでしょうね。
そういう意味では役者が生き生きしてたと思います。

あー、鼻は共通してるかもしれませんね(笑)
キャスティングでポイント絞ったのかなぁ。
兄弟ってどこかしら似てるもんですけど、
この三人はいい感じでしたね。
エイドリアン・ブロディは意外になんでもできるんだなぁ。

どうしても「ダージリン急行」のタイトルを見るたびに、
紅茶飲みたくなって仕方ありません(笑)
やっぱりインドだとチャイかなぁ。
2008.03.30 18:22 | URL | #VaGrzmSs [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

『ダージリン急行』
うん。ストーリーよりも雰囲気を楽しむ感じの映画だったと思います。
そう!俳優陣の演技を堪能できるところも、この映画の魅力ですよね!
…あの鼻、共通してるでしょ!笑
オーウェン・ウィルソンとジェイソン・シュワルツマンは、ウェス・アンダーソン組の人なんでキャスティングは納得なんですけど、エイドリアン・ブロディの参加はかなり意外でした。
でも実際に居そうな3兄弟に見えたので、このキャスティングで正解だったと思います!
ホント、エイドリアンは何でもこなせる俳優ですよね~。
なんか過去作の影響で、ちょっと影のあるイメージがついてるんだけど…。
でも今作を観て、もっと彼のコメディ演技も観てみたい気がしました。
そうそう!今、中津にあるカンテ・グランデ本店で、この映画とのコラボをやってて、ダージリン・ティーとチョコレート・ケーキの組み合わせで食べれましたよ!美味しかったです♪
2008.03.31 19:04 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/548-cfa474d9
該当の記事は見つかりませんでした。