メルヴィル・プポーがNo.1。

『ゼロ時間の謎』(2007)
ゼロ時間の謎
──この映画の見どころは?
豪華さと贅沢さかなぁ。
あと、犯人捜し。
──面白かった?
うん。僕的には横溝正史の金田一耕助シリーズを、
観てる感覚に近かったかなぁ。
──印象に残るシーンは?
メルヴィル・プポーの出番すべて!!キャアキャアキャア☆
メルヴィル・プポー④
──他に何か言いたいことは?
真犯人は他にいるんじゃないの??
あと、ローラ・スメットはやっぱり苦手…。

『ペルセポリス』(2007)
ペルセポリス
──この映画の見どころは?
うーん…正直、上手く言えないなぁ。
──面白かった?
面白いというのではなくて、勉強になったという感じ。
イランという国の女性に対する扱いの仕方は考えられない!!
──印象に残るシーンは?
主人公のマルジが好きな相手:男性から、
gayだとカミングアウトされるとこ。笑
──他に何か言いたいことは?
結構、重たい作品だったなぁ。
観るなら、ぜひフランス語版で!

『ラスト、コーション』(2007)
ラスト、コーション
──この映画の見どころは?
表向きは、タン・ウェイが着こなすチャイナドレス。
でも実のところは、やっぱりSEXシーンかなぁ。
──面白かった?
これも面白いとかではなくて、戦時下における人間心理を学んだ感じかなぁ。
──印象に残るシーンは?
あえて、アクロバット的なSEXシーン。
イヤらしいとか美しいとかではなくて、
肉と欲の激しい感情のぶつかり合いって感じだった。
──他に何か言いたいことは?
モザイクは要らない。余計、卑猥に感じる。
アン・リー監督って、穏やかで優しそうな表情してるけど、
内面にはかなり激しいものを持ってる人なんだろうなと思った。
かなり紳士で高尚で寛容な人なんだろうって。
あと、戦争からは何も生まれないということを痛感。
常に女性が身体を張って犠牲になるということも。
──舞台挨拶に来てた中孝介さんの印象は?
善くも悪くも、オーラのない人だなと思った。
とても身近に思える好青年って感じ。
インタビューの受け答えに慣れてない感じが初々しかった。
着てる服がオサレだったなぁ。
生歌も聴けたけど、僕にはピンと来なかったな(苦笑)…すんません!

『ヒトラーの贋札』(2007)
ヒトラーの贋札
──この映画の見どころは?
ナチス占領下の強制収容所で行われていた、
事実:ベルンハルト作戦を知れること。
──面白かった?
この手のジャンルにしたら、エンタメ性も兼ね備えて描いてるので、
すべてが重苦しくは感じなかったけど…
一緒に観た女子先輩曰く、贅肉の無い映画=
本来なら描くはずであろう酷い描写が極力、少ない。
それでも極限状況下での人間心理を観てる気がして、
楽しむどころではなかったな。
──印象に残るシーンは?
…ない。出来れば、そっとしておきたい。
──他に何か言いたいことは?
強制収容所で働かされた人たちの中でも、差があったということ。
人間が人間として扱われない非情さ、虚しさ。
もし自分が同じ立場に遭った時、どんな行動を取るだろう?
生き残った人たちは、どんな思いでその後を生きていったんだろう?
本当に戦争からは何も生まれない。

関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

ヒデ・グラント says...""
戦争を背景にした作品2本、
『ラスト、コーション』に関しては、日本人として胸の痛む主題だったね。

劇中のタン・ウェイの変身ぶりには驚いたな。清純そうな女子学生姿とチャイナドレスの妖艶なマダムが同一人物というのが信じられないほど。
色に溺れ、戒めにそむいた彼女に待っていた運命(ラスト)は切なかったな。

中孝介くん、1年前だったら「羨ましい~!」って言ってたかもしれないけれど、僕の中ではすっかりブームが沈静化。
もし次に戸田康平くんを見たら、そんときは散々自慢して、僕を羨ましがらせてください(笑)。
2008.02.06 20:51 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

『ラスト、コーション』
特に日本人を中心に描いているとかではなかったので、
僕はそういう点を余り気にせず観れました。
劇中で話す日本語も適切だったし。
アン・リー監督の日本人に対する配慮を感じ取れました。
タン・ウェイの変貌ぶりには驚かされましたよね。
マダム姿の時は本当に妖艶でした。
役の彼女の真意はどうだったんでしょうね。
ラストの瞬間、何が去来したんだろうと思いました。

あ。戸田康平さんを見て自慢することは、多分ないと思います…。苦笑
2008.02.07 13:21 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ZAK says...""
ナンバーワンが
一日に二つも

どっちがナンバーワンなのか
ジャンルでナンバーワンなのか
その日好きと思ったからナンバーワンなのか

あ、これね、たぶん(笑)

今回の四作品では
イラのナンバーワン
『ゼロ時間の謎』が気になったかな

ミステリーもの、ドンデン返しもの
結構好き・・・でもそこまでの流れが
やや苦痛だったり(笑)

「ラスト・コーション」の肉欲シーン
それだけは、どうしても気になる(笑)
つか「ぼかし」ってイランよね
この時代に・・・・・
いまだ性器がダメってのは、わかんない
イラが返って猥褻と思うのも良くわかる
そろそろ日本もオープンにしても
良いんじゃねぇかなぁと
ついつい熱く語っちゃいました


中孝介・・・・
またイラも
素直な素直なコメント・・・・・
生歌まで聴いてんのにさぁ
ホント微妙な天邪鬼(ニヤ)

まるでブッキーん時と違うやん(笑)
ま、わかるけど

中傷コメが、あったらさっさと消しちゃいなさい(笑)
2008.02.07 16:02 | URL | #23tr8otU [edit]
chocolate says...""
相変わらずたくさん見てるな~~~
私はやっぱり王子には追いつけないなぁ。(笑)

「ラスト・コーション」は見てきたよ。
私はあのお話自体も好きだし、
マイ婦人のチャイナドレスもみーんな素敵で、
あの世界に入り込みたい気にすらなりました。

「ゼロ時間~」王子は面白かったんだね。
私は火サスっぽいな~って思いながら見てたよ。

「ペルセポリス」原作の漫画読みました。
漫画は面白いよ!
2008.02.08 15:06 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."ZAKさん。"
ZAK兄

記事タイトルのNo.1の意味は…。
各記事4作品の中でのNo.1を表してました♪
>その日好きと思ったからナンバーワンなのか
↑なので、これに近いかな…さすが!笑

『ゼロ時間の謎』
これね、作品がNo.1って訳じゃなくて、主演男優のメルヴィル・プポーがNo.1なん。笑
ちなみに彼は『ぼくを葬る』の人ね。
あと、この作品の原作はアガサ・クリスティなんだよね。
だからエレガントな雰囲気もあったり。
退屈ではなかったけど、絶賛!って訳でもなく…結末までの流れに苦痛を感じるかは……。笑
至って、シンプルな展開だったよ♪

『ラスト、コーション』
やっぱ男連中は肉欲シーンに興味があるみたいだねー。笑
うん。ホントに【芸術】にモザイクなんて要らない。
今どきこういう正統なジャンルの映画で、性器を観て変に悪影響される人なんているのかなって思う。
逆にTVで、平気で胸を見せてる人との差が矛盾してて理解できないんだよね。

中孝介くん。
素直な感想でしょ??笑
うん。確かに生歌聴けたんだけどね…映画観終わった後、彼の印象は吹っ飛んでたもん。
なので、僕の中ではインパクトがなかった証拠かなぁ…って。苦笑
>まるでブッキーん時と違うやん(笑)
↑…言われてみれば、確かに!
あの時の興奮度とは比べようがなかったもん。汗
ま。基本、天邪鬼だからね~…にゃはは!!
>中傷コメが、あったらさっさと消しちゃいなさい(笑)
↑はーい!即効、消しちゃいまーすっ!!
ZAK兄…さりげなくフォローしてくれてアリガトね☆
2008.02.09 10:46 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."chocolateさん。"
chocoちゃん

うん。なんか僕好みの観たい作品が多くてねー。
賞レースの影響かなぁ。

『ラスト、コーション』
chocoちゃんも観てきたんだね♪
なんとなくchocoちゃんが好きそうなの解る~~。
本当にチャイナドレスが素敵だったよねー。
あの映画の世界に行っちゃったら、女性はきっと大変だよ~。
僕はチャイナドレスのせいなのか、観てる間中、『花様年華』を思い出してたよ。
なんか雰囲気が似てた気がする…。

『ゼロ時間の謎』
うん。僕は結構、楽しめたよ~。
言われてみれば、確かに豪華な2時間TVドラマって感じだったよね。
『火サス』のあのテーマ曲が流れてきそうな勢いだったもん。笑
ま、僕はメルヴィル・プポーを観れたというだけで満足かな♪

『ペルセポリス』
これって、漫画があるんだ!
映画の内容だけでも結構重たかったし、漫画だともっと詳しく描いてそうだから、更に重たそうだよね。
なので漫画は面白いって感想が、ちょっと意外!
2008.02.09 10:58 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ken says..."追いつけない!"
「ゼロ時間」はメルヴィル・プポー主演だから見ようと思ってたのに、
気がついたら・・・。
あー、やっぱり彼は大スクリーンで堪能したいですよね。

「ラスト、コーション」は肉欲って感じでほんとぶつかりあいですね。
アン・リー以外ではなかなかああは描けないだろうなぁ。
っていうか、ほんとモザイクは不必要ですよね。
なんのためのレイティングなのかわかりません。

中孝介はすなおにうらやまし~い(笑)
2008.02.19 01:16 | URL | #QfPbGVMw [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

『ゼロ時間の謎』
年明け早々の公開でしたもんね。
バタバタする中、見逃してしまうのも解る気がします。
メルヴィル。今回も暗闇ながら、サービス・ショットがありましたよ!
相変わらずスレンダーな筋肉質でカッコよかったです♪
次は、ウォシャウスキー兄弟監督のハリウッド映画『スピード・レーサー』に出るみたいですね。

『ラスト・コーション』
この映画は、アン・リー監督だからこそ描ける世界観だったと思います。
色欲を描きながらも、全体的に品がありましたから。
モザイク制度は、芸術作品に関しては本当に廃止してほしいです!
現実に起きてる事件の方が、はるかに残酷ですもん。

中孝介くん。
kenさん、好きでしたもんねー。
羨ましいでしょ!イヒヒッ。笑
でもね、僕はそれより中くんも頂いてた、アン・リー監督直筆のサイン入りチラシが当たらなかったことに頭がいっぱいでした!苦笑
2008.02.20 00:16 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/524-3e098dea
該当の記事は見つかりませんでした。