僕が観たい映画:アート編。

僕が期待する待ち遠しい新作アート映画たち。

『潜水服は蝶の夢を見る』(08年新春日本公開)
潜水服は蝶の夢を見る
脳溢血に倒れ、20万回以上の左眼の瞬きだけで自伝を書き上げた、
元ELLE誌男性編集長の実話を映画化。
監督はアーティストでもあるジュリアン・シュナーベル。
『Bond22』の悪役に決定したフランス俳優マチュー・アマルリックの演技は、
早くもアカデミー賞主演男優賞候補と云われている。
スティーブン・スピルバーグ監督ご用達のヤヌス・カミンスキーが、
撮影担当してるところも嬉しい。
そう言えばアマルリックは、
既に『ミュンヘン』でカミンスキーとコラボレーションしていたなぁ。
日本版チラシのデザインも僕好みだったり↓
潜水服は蝶の夢を見る

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(08年2月日本公開)
エリザベス:ゴールデン・エイジ
映画館で流れ始めた予告編を見るだけで、ゾクゾクする『エリザベス』の続編。
頑なに出演拒否を続けていたケイト・ブランシェットの心変わりは如何に!?
前作のジョセフ・ファインズに代わって、
今作ではクライブ・オーウェンが出演するのも嬉しい限り。
もちろん演じる役柄自体、全く違うけど。
全米ではこの作品、あまり評判が芳しくなかったため、
二度と続きは拝めないんだろうな。

『ダージリン急行』(08年3月日本公開)
ダージリン急行
この中で、いちばん早く観たくてタマらない作品。
大好きなウェス・アンダーソン監督@『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』の新作!
今作は、3人の兄弟がインドの秘境を列車で旅する物語で。
この3兄弟に扮するのはオーウェン・ウィルソン、
エイドリアン・ブロディ、ジェイソン・シュワルツマン。
うーん。かなり通好みのキャスティング!
脇を支えるのがビル・マーレイ、
アンジェリカ・ヒューストン、ナタリー・ポートマンとくる。
やっぱりアンダーソン監督の常連組が多いね。
それだけ俳優たちから信頼されてるってコトだろうな。
あー、愛しのルーク・ウィルソンも出てほしかった!!

『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(08年5月日本公開)
Charlie Wilsons War
…アート系ではないけど。笑
全米ベストセラー・ノンフィクションをマイク・ニコルズ監督が料理する。
キャストにトム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、
フィリップ・シーモア・ホフマンの豪華共演。
なんてったってジュリアが久々にスクリーンへ復帰するのが嬉しい!
ニコルズ監督とは、『クローサー』以来のコラボレーション。
赤毛やブルネットのイメージが強い彼女。
果たしてブロンド・ヘアは似合ってるのかな!?

『Dante 01』(08年1月フランス公開)
Dante 01
かなり久しぶりとなるマルク・キャロ監督の新作。
本国予告編を見る限り、相変わらず独特な近未来SF作品の仕上がりのよう。
主演にランベール・ウィルソン。もちろん大好きなドミニク・ピノンも出る!

『The Other Boleyn Girl』(08年2月全米公開)
The Other Boleyn Girl
こういう歴史コスチューム劇は、かなり好み。
しかも主演がナタリー・ポートマン&スカーレット・ヨハンソンで!
今が旬なこの2人の共演って、凄くない!?
この2人に絡む男優が、精悍なエリック・バナとくる。
…早く日本公開が決まらないかなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

ヒデ・グラント says...""
王子の中では、すでに来年の映画も先取りだね!
期待する6本、どれもが王子の心に響く作品だといいな。

『潜水服は蝶の夢を見る』 の予告編は、昨日初めて観ました。
内容からしてちょっと重たそうだったけれど、観終わった後に温かい気持ちになれそうかなぁ?
(『空を飛ぶ夢』 を思い出してしまったけれど、左眼しか動かないって、『空を~』 よりも過酷だし・・・)

『ダージリン急行』は 僕も楽しみにしている作品です。
インドが舞台だし。仲があまりよろしくない3人兄弟という設定にも親近感を覚えるなぁ(笑)。
『サン・ジャックへの道』 にも仲の悪い3兄弟が出てくるんだけれど、再び心が通い合う瞬間、涙してしまいました。『ダージリン~』 でも同じような涙を流せるかなぁ?
2007.12.10 01:28 | URL | #IOg9bXQk [edit]
わかば says..."こんばんは"
ごぶさたしております(^^)先日はコメントありがとうでした~。
さて、東京モノの特権?東京国際映画祭にて「ダージリン急行」を一足お先に観させていただきましたよ~。
公開までまだ間がありますので感想は控えますが、とりあえずアートワークはさすがさすが!の一言です。
王子がご覧になったらまた感想など伺いにきますね★
王子はルーク好きなのですね。私はオーウェン(はあと)。
2007.12.10 21:49 | URL | #8thPclUc [edit]
chocolate says...""
こんにちわ。

「潜水服は蝶の夢を見る」はカンヌで上映された時から見たかったので本当に楽しみなんだ~見た人の話も聞いたんだけど、映像が本当に美しいらしいよ。マチューも好きだし!

「エリザベス」やっと日本でも上映なんだねー。
先日行ったポルトガルでは丁度上映中でした。
これは絶対に見なきゃね!

「Charlie Wilson's War」もちょっと見てみたいなぁ。
トム・ハンクスってちょっと久しぶりな気が・・・
2007.12.11 15:16 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

師走…キモチ的にはせかせかしてるんですが、すでに来年へもキモチが向かってるんですよね♪

『潜水服は蝶の夢を見る』
確かに『海を飛ぶ夢』がリンクしますよね。
でもこの作品は、それより少しだけライトな感じがします。
きっと美しい映像のせいかな。

『ダージリン急行』
きっとヒデさんも注目してる気がしました。
なぜならば、舞台がインドだから!
ビンゴでしたね。笑
この作品も『サン・ジャックへの道』のように、ヒデさんの心に何らかの響きがあるんだろうなぁ。
…と言うか、早く『サン・ジャック』を見ないと!汗
2007.12.16 16:56 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."わかばさん。"
わかばさん。

ちょっとご無沙汰してましたー。
僕のBLOGへの訪問もありがとうございます!
わかばさん!なんと!もう『ダージリン急行』を観たんですねー。
かなり×2、羨ましい話です!
僕は映画館に貼ってあるポスターだけで興奮してましたから。笑
…ふむふむ。アートワークが素晴らしいんですね♪
ウェス・アンダーソン監督のセンスは抜群ですもんね!
なんだかますます楽しみになってきました☆

わかばさんがオーウェン好きなのは、『OW news blog』を読んで知ってますよ!笑
わかばさんとは、この兄弟の取り合いにはならないので良かったです。爆
2007.12.16 17:07 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."chocolateさん。"
Chocoちゃん

こんばんは☆
『潜水服は蝶の夢を見る』
やっぱりChocoちゃんも、Checkしてたんだねー。
そっか!やっぱり映像が美しいんだね。
それだけでもきっと観る価値があるような気がするなぁ。
マチューの演技にも期待大だね!

『エリザベス2』
どうやら日本ではアカデミー賞の時期に公開したかったみたいだね。
とにかく!これも映像と美術と役者の演技を早く堪能したいなっ。

『Charlie Wilson's War』
邦題そのまま『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』で5月に日本公開が決まったみたい。
これって、コメディの要素もあるみたいだね。
トム・ハンクス!
あの『ダ・ヴィンチ・コード』以来だよ。
2007.12.16 17:17 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/487-eda231e6
該当の記事は見つかりませんでした。