アンラッキーナンバー23。

『ナンバー23』(2007)を観てきた。
ナンバー23
※安心!ネタバレはありません。笑
ある偶然の出来事をきっかけに執拗なくらい、
【23】という数字に憑りつかれる男の物語。
これね正直、ジャンル分けが難しいんだよね。
オカルト・ホラー。サイコ・サスペンス。
コミック調の世界。家族愛。
ひとりの男の自己回帰の物語。
…いろんな要素があった。
今年日本公開の、ある映画のオチに被る要素もあったり!?笑
テーマ的には、話をあちこちに広めすぎて、
ちょっとまとまり感がないかなぁ。
シリアスなジム・キャリーの演技を観るのは久しぶりだった。
大好きな『エターナル・サンシャイン』以来かな。
普通の表情の時は、やっぱりハンサムなんだと再確認。
実生活でのジムは、ちょっとエキセントリックみたいなので、
意外とこの役がしっくりきてた。
この映画も『モーテル』同様、登場人物が極端に少ないので、
すぐに展開(:オチ)を読めちゃう人がいるかも。

【23】という数字。
実は僕にもジンクスのナンバーがあって。
その4桁の数字を見ると、その日一日にあんまりイイことが起こらなくなる。
最初は単なる偶然かと思ってたけど、
たまたま時計に目を合わせると、
なんでかその数字だったりすることが多々ある!
韓国に行った時も、帰りのバスの中でこの4桁を2回も見たら、
帰国後、食中毒を起こして、救急車で運ばれました。苦笑
ちなみに、映画の中で曰くつきの【23】。
歴史上でも、この数字にはいろんな出来事が絡んでいて。
単なる、こじつけだと言い切ってしまいたいけど…。
僕にも該当するモノがあった。
僕の誕生日を足したら、23になる。
彼氏の誕生日を足したら、23になる。
この12月23日に、彼氏と逢えるハズだったのに、
この日に限って、どうしても外せない用事が僕にあって、
せっかくの初X’mas時期を一緒に過ごせなくなってしまった。
しかもこの用事、別に23日じゃなくて、
他に選択日があったにも関わらず、
あえて僕はこの日を自分の意思で選んでいた。
…単なる偶然!?…と思いたい。
……あは。映画の主人公と同じで、
僕もこの数字に感化されてきちゃったよ。苦笑
おかげで昨日は彼氏に散々、ダダをこねてしまいました。
もうこうなったら、2008年2月3日に彼氏と逢おうかな。笑
………アーメン。

関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

ヒデ・グラント says...""
『ナンバー23』
本当は観る予定にしていたんだけれど、あまりの評判の悪さに(汗)スルーすることにしました。
たとえ評判が悪くても、自分の目で確かめてこそ ”真の映画好き” なんだけどさ、さすがに全部の作品は観れないからね(シクシク)。
ジョニー・デップ主演の 『シークレット・ウィンドウ』 みたいな感じなのかな??

すっかり ”ホラー好き” のレッテルを貼られてしまったヒデ・グラだけれど、
年内は 『XX』、『スリザー』、『AVP2』 の3本が控えております(笑)。
これじゃ ”ホラー好き” だと思われも仕方ナシ??

12月23日に過ごすはずだった彼氏との予定、残念だったね。
その代わり、お正月は一緒に過ごせるのかな?
おそるべし「23」の魔力だね!

僕は21日から2泊3日で、毎年恒例の(?)山奥の温泉場でのんびり一年の疲れを取ってきたいと思います。
あ、ここにも「2」と「3」の数字が!(爆)
2007.12.04 20:34 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

あ!なんだ!ヒデさん、この作品、スルーなんですね。
評判そんなに悪いんですか??
うん。ヒデさんは真の映画好きとは言えないです(ニャハニャハ)。
『シークレット ウインドウ』みたいな感じ??…あ、そんな感じかも!?←…って、ネタバレになるじゃん!笑

うん。ヒデさんにはホラー好きのイメージがあるなぁ。
実は今日も職場の同僚と、『なんで【AVP2】がお正月映画なんやろね??』って言ってたところ。笑
えーーーっ、『エクスクロス』を観に行くんですか??
凄い度胸あるなぁ…にゃはは!!

彼氏とは、お正月も一緒に過ごせないんですよね。
多分、ゆっくり過ごせるのは、来年2月頃です。
正に【23】に悩まされてます…。笑
ヒデさんはX’mas時期には、恒例の温泉旅行なんですね!
羨ましいなぁ…と言うか、僕も連れてけ!!笑
2007.12.05 21:50 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ken says..."ジンクス"
まあ、「シークレット ウインドウ」な感じですよね・・・(笑)
けっきょく宣伝の問題がいちばん大きくて、
別にオチがどんなでも面白いものは面白いのになぁ。
期待しちゃうとつらくなっちゃう典型的なパターンだと思います。

個人的には役者陣が一人二役で、
なんとも楽しそうでした。
ジム・キャリーは意外にノアール系とか向いてるかも・・・。

1月23日じゃダメですか?(笑)
2007.12.07 02:40 | URL | #2x.LPFvg [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

…もう~、kenさんまでネタバレしちゃって!!笑
うん。僕も結構、楽しめたんですけどね。
僕的には、この手のジャンルの韓国映画的なテイストさえ感じちゃいました。家族愛の描き方という点で。
でも世間は、そうはいかなかったみたいですねー。
やっぱり宣伝の仕方が間違ってたんでしょうか??
ちょっと『インベージョン』と『パーフェクト・ストレンジャー』的な宣伝(:ノリ)だったような。期待させ過ぎ感!
そうそう!ジムのもうひとつの世界観は正しくフィルム・ノワール的でしたよね。
彼はそろそろ本格的にシリアスに転向したいのかもしれないですね。
ロビン・ウィリアムズを尊敬してるみたいですし=アカデミー賞受賞。

1月23日はダメなんです。
もうとことんこだわるので、2月3日なんです。笑
2007.12.07 21:14 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/483-d89ebcc3
該当の記事は見つかりませんでした。