ある詩。

女子友達Yちゃんに借りた、業田良家の漫画『自虐の詩』上下巻
自虐の詩 上
自虐の詩 下
今日、読み終わった。
絵が苦手なハズなのに、気がつけばサクサクと読んでた。
映画版の映像を思い出しながら。
…ラストはやっぱり目が潤んでしまったな。

印象に残った【詩】を書き記しておきたい。

森田さん 手を出して
近くにいても 遠くにいても あなたのことは忘れない
嬉しい時も悲しい時も あなたと友達でいる
ずっと友達でいる───


前略 おかあちゃん
この世には幸も不幸も ないのかもしれません
なにかを得ると 必ず なにか失うものがある
なにかを捨てると 必ず なにかを得るものがある
たったひとつのかけがえのないもの
大切なものを失った時はどうでしょう…
私たちは泣き叫んだり 立ちすくんだり…
でもそれが幸や不幸で はかれるものでしょうか
かけがえのないものを失うことは 
かけがえのないものを真に
そして永遠に手をいれること!
私は幼い頃、あなたの愛を失いました。
私は死にもの狂いで求めました。求め続けました。
私は愛されたかった。
でもそれがこんなところで
自分の心の中で見つけるなんて…
ずっと握りしめてきた てのひらを開くと そこにあった。そんな感じで。
おかあちゃん
これからはなにが起きても怖くありません。
勇気がわいています。
この人生を二度と 幸や不幸で はかりません。
なんということでしょう
人生には意味があるだけです。
ただ人生の厳粛な意味を かみしめていけばいい。
勇気がわいてきます。
おかあちゃん いつか会いたい。
そしておかあちゃん いつもあなたをお慕い申しております。
かしこ 葉山幸江
追伸 もうすぐ私にも赤ちゃんが生まれます


幸や不幸は もういい
どちらにも等しく価値がある
人生には明らかに 意味がある

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

ヒデ・グラント says...""
『自虐の詩』、かなりイラ君の心をつかんで離さない作品になったみたいだね。 漫画の下巻表紙には 熊本さん の姿が!

あ、ちなみに僕も 『クワイエットルームにようこそ』 の原作本を、映画を観終わってから読みました。松尾スズキの書く文章がめちゃめちゃ面白かったけれど、やはり後半が近づくにつれてヘヴィーだったね。
(そういや松尾スズキ、『自虐の詩』 にも出演してましたな)

熊本さんが書いた詩、
シンプルな言葉だからこそ、気持ちがストレートに伝わってくるよね。映画のシーンを思い出すと、やっぱり泣きそうになっちゃうよ。

あ、映画ではお母ちゃんを回想するシーンが唐突に現れたけど、漫画ではもっと丁寧に描かれているのかな?
この手紙(映画にも登場したけれど)も ”幸せとは何か” といった本質的な答えが書かれているね。苦しい人生を歩んできた幸江だからこそ、見つけることができたのかもな。すごく説得力のある言葉だと思います。

僕も、久しぶりに漫画を読んでみようかな~。
2007.11.22 17:36 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

『自虐の詩』は、かなり僕の心を掴んで離さない作品となりました!
ヒデさんも『クワイエットルームにようこそ』の原作本読んだんですねー。
やっぱり途中からはヘビーでしたか…。
松尾さん、そうそう!『自虐の詩』にもチラッと出てましたよね♪

熊本さんの詩。
本当にシンプルすぎるからこそ、ダイレクトに伝わってくるものがあって。
僕も原作の4コマ漫画を読みながら、泣きそうになりました。
映画版のおかあちゃんを回想するシーン。
唐突でしたっけ??汗
漫画でもそれほど丁寧には描かれてないですよ。
幸江の手紙は、本当に心揺さぶられるものがありました。
人間って、絶対に幸か不幸かで価値を見出す人が多いですよね。
なので、そういう部分でとても勉強になりました。
ヒデさん。この漫画、ちょっとクセがあるかもですよ。
出来るだけ映画を意識せずに、サラッと読んでみて下さいね。
2007.11.23 17:00 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ken says..."熊本さん"
幸や不幸は もういい
っていうくだりは重いなぁ。
ほんとそうだと思います。
でも、そこに至るまでが、
この作品なんですよねー。
原作漫画はやっぱりチェックしなくっちゃ。
2007.12.07 03:13 | URL | #2x.LPFvg [edit]
ZAK says...""
最近は
こういう四コマ漫画も
イラを惹きつけてんのやね?
ちょいと驚き
しかも
漫画読んで涙・・・って
自分「人間交差点」以来無いなぁ

もともと業田良家って
好きな漫画家だもんで
でもこんなセリフが書ける凄い漫画家ってのは初めて知った

自分的には
イラの赤文字のセリフが
かなり心にくるね
「熊本さん」って
凄く気になる

実家が熊本だけに・・・・

いつか必ずチェキります(ニコ)


2007.12.07 11:21 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

>幸や不幸は もういい
↑この幸江の悟りには、まだまだ到達できないですね。
本当にいろんな意味で人生の勉強になりましたもん。
原作漫画は好みが分かれるかもしれませんが、読む価値はあると思います…ぜひ!
2007.12.07 22:24 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."ZAKさん。"
ZAK兄

…ううん、違うねん。
たまたま好きになった映画の原作が4コマ漫画やったって言うだけで、基本的には4コマは読まないよ。
僕ね、漫画でもイイ作品であれば、泣いてしまう。
去年、『ハチミツとクローバー』で号泣したし。
もしあの作品に出逢ってなかったら、きっと今の彼氏とは付き合ってなかったと思うよ。
なので漫画も、映画と同じくらいの感動や影響を僕に与えてくれるんだよね。

滅多に泣かないZAK兄が涙した(意外!)『人間交差点』…タイトルに聞き憶えあるけど、ちょっと気になる。
…と言うか、業田良家を知ってたことにも驚いた!
しかも好きな作家とは!!

熊本さんねー、本当に強くて逞しい人なんだよ!
きっとZAK兄も気に入るはず。
>実家が熊本だけに・・・・
↑あ~、はいはい。←軽くあしらってみる。笑
この作品は、ZAK兄が好きな『嫌われ松子の一生』に似た趣きもあるから、尚更気に入ると思うよ♪
2007.12.07 23:31 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/477-54a1f72b
該当の記事は見つかりませんでした。