ひとつハードルを飛び越える。

GW前半に彼氏と九州へ旅をした。
福岡県、佐賀県、熊本県を。
あちこち車で周りながら、いろんな所へ行って。美味しいものを食べて。

だけど家に帰ってきてから、この楽しかった旅についてBLOGに書く気にはなれなかった。
それはなぜかと言うと、楽しかった反面…この旅はそうではなかったから。

2泊3日、彼氏と過ごしたとても貴重な時間。
どこか彼の様子がおかしかった。
この場で詳しくは説明できないけど、なんだかいつもと違う。
だけど、あえてそれには触れず、流して…いつも通りに過ごした。

家に帰ってきてから、その違和感や不安が増大してしまい、数日後、彼氏にとても重たいメッセージを2通…送らずにはいられなかった。
正直、もう心が精神状態が限界だった。

それに対する彼からの返答は、僕が不安視してたことが的中していたものだった。
『そろそろ限界かな。』…互いに思っていた考え。
哀しくもあり嬉しくもあり、妙なところでの以心伝心。
かなりショックはあったものの、どこか安堵感みたいなものがあった。
『あ、やっぱり。』みたいな。

その間、頭の中でグルグル回る想い。
冷静になろうとしても、無理。
気づけば携帯電話を触っていたし、仕事で出れないことが解っているにも関わらず、コールを鳴らし続けていた。
もうストーカー状態。汗

そうこうしていく内に、少し落ち着きを取り戻して。
その返答に対してメッセージを書いている瞬間。
自分の中で、なにかハジける音がした。

『あ。僕、こんな考えじゃアカンわ。』…そう気づいた。
『180度、考えを変えよう!』と。

今、気づいた気持ちを伝えようと、全身全霊でメッセージを書き続ける。丁度、完成して送った瞬間。
彼から電話が掛かってきた。
ひとまず、『今メッセージ送ったから、読んで掛け直してもらっていい?』と電話を切って。
5分後に彼から掛かってきた電話で。
………ひとつハードルを飛び越えることができた。←これは、その時の彼氏の言葉を引用。

丁度、付き合って半年。
互いに我慢してたことがたくさんあったんだと思う。
イイところばかりを見せようと背伸びしていたんだと思う。
大袈裟に言えば、本来の自分とはかけ離れた人物を演じていたのかもしれない。

僕は性格上ギリギリまで我慢して、もう限界だと思ったら相手にその感情をぶつけずにはいられない。
その時の精神状態は、もうかなり手のつけようがない。
一旦、そのモードに入ってしまうと、なにを考えても悪い方向へ悪い方向へと考えてしまう。
そんなネガティヴ・モードのメールを、振り返れば僕は彼にずっと送り続けていたんだと思う。
彼の生活スタイルが、大変な時期だと解っていたハズなのに。
そんな状況の中、重い(:想い)メールを貰い続けてたら、誰だって別れる方向へ考えてしまうよね。

この一連のことを後日、報告として親友に話したら、彼女にこう言われた。
『Elijahって、自分のことや友達のことや仕事のことも、ちゃんと冷静に判断して的確な意見や行動や解決できる力を持ってるのに、自分の恋愛に関してだけは、【なんでそんな風になるん?】ってくらい、性格変わるよね。』と。
そうなんだよね。僕は恋愛に関してだけは、前に好きだった人のこともあって、妙にビクビクしちゃって、本来の自分をかき消してしまうところがある。
物事を冷静かつ客観的に見れなくなってしまう。
ここが自分のマイナスポイントだと解っていながら。

だけど今回は自分の中でかなり珍しく、メッセージを書いてる瞬間。
本来の我が強く負けず嫌いな自分が出てきて、
『クソッ!こんなんに負けてたまるか!!
こんな女々しい自分なんて、本当の僕じゃない!!
本来の自分を取り戻して、相手に自分を見せろ!!』
って思えて。
…気づけば、ネガティヴ・モードから脱出してた。
それがものの見事に、2人にとって好転機となった。

これまで彼氏のことは、包容力があって優しくて甘えさせてくれる大人な人だと勝手にイメージしていた。
だけど今は結構、僕と同じくらいお子ちゃま的なところがある人なんだなと。笑
それに気づいた瞬間…これまでカッコいいと思えていたところが、なんだか可愛いと思えてきたり。
その言動や行動がシンプルで、とても人間らしくていいなぁ…と思えた。
なので今は、前よりももっと【素】の自分で接することができるようになって、かなり気持ちが楽って感じ。

彼氏にも電話で話した時に伝えた言葉だけど…
『別れることはいつだって簡単にできると思うねん。でも続けることは難しいと思う。』
だからこそ僕は弱音を吐かず、互いに好きだという気持ちがある以上、【続ける】ことにチャレンジしていきたい。
明るく楽しくポジティヴに!←ここかなり重要!!
これからも、もしかしたらネガティヴ・モードになる時があるかもしれない。
でもその時はまた互いに補い合って、ハードルを飛び越えればいいかって楽観視してる。

今は初心の気持ちに戻って…単純に彼氏のことが好き。
無類の映画好きで。
トロけるような眩しい笑顔も。
優しいところも。←誰にでも優しすぎるところがマイナスポイントな時もあるけど。笑
意外とお子ちゃまなところも。
分かりやすいところも。
キョドってるところも。
浮気性なところも。
それでも…ちゃんと僕を好きでいてくれるところも。
全部、好き。

誰かを好きになるのに、理由なんて要らないよね。
僕…彼のどこが好きかと聞かれても、明確には答えられないもん。笑
直感とフィーリングで勝負っ☆笑笑

恋愛のカタチも、映画の感想と一緒で…人それぞれ。
僕は僕の愛し方で、これからも彼を好きでいよう。

…ちゅーか、僕ってホントできた人間やと思う。爆爆爆
感謝しろよな!!←誰に言ってんのって!?…最大限のにゃはは!!!

▲ 今日のお昼。
親友が東京お土産を持って、我が家に遊びに来た。
恋愛話を中心に、しばし語り合った。
GAY独特の恋愛観は、女子友達と話すのとはまた違っていて。
僕と親友…それぞれの恋愛観は違うけれど、互いに愛し愛されたい気持ちは同じなんだなと思えた。
ま。恋愛に『頑張る。』って言葉は必要ないと思うけど。
それでも、『頑張れっ、自分!』てか。笑

親友に頂いた超ラブリーな【ユニクロ】のプリントTシャツ。
20070513153456.jpg
夏に向けての、色はオフホワイト。
ロスロゴスのデザインもイイけど、入ってた筒状のパッケージが可愛い☆
Thanks,O.
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

chocolate says...""
ってことはとりあえず初心に戻ってお付き合いを続けるってことだよね?
そうよ、別れるのはいつでも簡単にできること。
でも継続することって実は一番難しいんだよね~
でもさ、困難が多ければ多いほど、実りも大きいと思うので、
焦らずいい意味で王子流のマイペースで頑張りましょうね。(^.^)

私は今は王子に相談する様な恋ネタの悩みがないわー。(爆)
2007.05.14 13:09 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."chocolateさん。"
Chocoちゃん

あ、うん。お互い、気持ちを再確認できたんで続けていくよ。
ちょっと自分なりに宣言しておこうと思って、書いてみたんだ。笑
そうだよね。別れることはいつだってできるもん。
恋愛に限らずとも、なにかを続けていくのは大事なことだと思うし。
僕、時と場合によっては途中放棄しちゃうこともあるから、尚更ね。汗
うん。困難にも果敢に立ち向かう強さを持って、とんでもないくらい大きい実りを得るよ。笑
…自分のペース配分でね☆
ありがとう、Chocoちゃん!

…Chocoちゃんの恋ネタね…爆。
ファイト!!笑
でも、ある意味…そういう悩みはない方がいいかも。
だって、明るく楽しく恋したいじゃん♪
2007.05.14 18:20 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ヒデ・グラント says...""
さっき九州から戻ってきましたー。
湯布院→阿蘇→高千穂峡→柳川→博多・・・と周ってきたけれど、九州って自然も素晴らしいし食べ物も美味しいしサイコーだよね。

しかし、恋人との旅行につき物なのがケンカ(というか長時間一緒にいることで起きるストレスみたいなもん?)。僕も最初の頃はよくケンカしたな~。一番激しくケンカしたのは海外旅行の最中だったな。その時に言われた言葉も「もぉ限界だよ!」だった気が(笑)。
誰もが通る通過点なのかもしれないね。
だって育ってきた環境だって違う者同士だもん、考え方や趣味が違って当たりまえ。「どこまで言ったら相手は怒るのか」といったサジ加減が分かるようになったのも、僕の場合は3年くらいかかったし。

とにかく一つ目のハードルを乗り越えることができて良かったね!
そうやって絆は深まっていくんだと思います。
って偉そうに語っているけど、さっき羽田から帰る途中で僕が切符をなくしちゃって、それが原因でケンカに(汗)。アドバイスするなんて100年早いですな。トホホ・・・
2007.05.15 01:42 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

まずは、お帰りなさーいっ。
九州…充実した周りぶりですねー。
はい!ホントに自然も食べ物も美味しいし、最高でした!!
僕も阿蘇に行って、山を登りましたよ~♪
景色と馬串が美味でした☆

ヒデさんは最初の旅行中…よく喧嘩してたんですねー。
『もぉ限界だよ!』は、キツいひと言ですね。笑
うちは喧嘩にならないんですよ。
妙に相手が大人で冷静なんで。
僕がギャアギャア噛み付くみたいな。汗
だけど、確かに誰もが通る通過点ですよねー。
サジ加減…ヒデさんは3年ですか!
じゃあ僕なんて、まだまだ分からないハズだ。汗
とことん怒んない人なんで…。
彼氏はもうそろそろ分かってる頃だと思いますが。。。爆

はい!ひとつ目のハードルを飛び越えることができて、良かったです。
ますます絆が深まるよう精進していきます♪
…ヒデさん、帰りの成田で切符無くしちゃったんですね。
はい。僕もそういうことなら怒っちゃいます!
なので、相方さんの味方です。笑
>アドバイスするなんて100年早いですな。トホホ・・・
↑いえいえ。付き合いの長いヒデさんカップルだからこそ…。
いいアドバイスをありがとう!!
これからも僕の良きアドバイザーで♪

あ。『スパイダーマン3』は、お気に召さなかったようですね。
だから、過度な期待をせずに頭真っ白状態で観て下さいって言ったのに~。笑
2007.05.16 00:51 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/417-78399564
該当の記事は見つかりませんでした。