都会で見つけた新しいオアシス。

今年のGW。
前半は彼氏との2泊3日の旅。
後半は予定を変えて、唯一5月4日だけお出かけ。

昨日の夕方から。
久しぶりに、仲のいい女子友達2人と梅田でディナーを食べた。
最近の梅田は、僕的に美味しいところを行き尽くしてしまって、かなり限界に近くて。
なので、開拓が中途半端状態のままだった。

今回行ってみたのは、ナポリ海鮮屋台 Aji bene
去年の年末辺りからかなぁ。
梅田スカイビル(:空中庭園)にある映画館で映画を観た帰りに、お洒落そうなお店があることに気づいて。
その時から、ずっと気になる場所だった。
そこだけ梅田には思えなくて、小さな港町にある空間って感じで。
とても気軽な感じで迎えてくれる店員さん。
店内の雰囲気もイイ感じで、それでいて女子好みの可愛らしさだった。
お店の名前通りに、魚の【アジ】をメインにしたイタリアン。
僕らは、店員さんオススメのフル・コースを頼んでみた。
その名も、【アジベーネ一番のおすすめセット!】笑。
結論から言っちゃえば、どれもこれも本当に美味しかった。
まったく外れがなかったもん。こういうのって、奇跡に近い気がする。
基本的に、魚介類が苦手な僕でさえもバクバク食べれたのが嬉しい。

木目調のテーブルに座って、まず出てくるのが魚の出汁をベースにしたスープ(所謂、付きだしです)。
パンと一緒に食べられる趣向がgood.
そして、そこから始まるコース料理の数々。
まずは、【アジと春の前菜5種盛り合わせ】。
その名の通り、アジをメインにした前菜5種盛り。
オーダー開始後、僕らの目の前で泳いでいるアジをそのまま生け捕りにして、さばいてくれる。
人間て生き物はなんて残酷なんだと思いつつ、やっぱり美味しいものは美味しい(笑)。
食べるまでは、ちょっと不安視してた青臭さとかが全然なかったのも好印象。
特にアジのカルパッチョは絶品でした☆
あ。アジとアボガドのタルタルも捨てがたい!

次に出てきたのが、このお店のいちばんの名物である【アジのナポリ海鮮屋台風アクアパッツァ】。
土鍋でグツグツ煮込んだ魚介類(イカ、エビ、貝)と野菜の数々。
もちろん、この中にもアジが丸ごと登場。
体が一気に温まって、最高です。
スープが美味いんだよね。
これと同時に出てくるのが、前菜で一緒に盛られていたアジを再利用した【アジの中骨のカリカリ揚げ】。
もうこれは驚くほど、アジのすべてをサクサク食べれるくらいの柔らかさ!
もちろん、頭から尻尾に骨まで全部食べれちゃう。
ある意味、お菓子感覚。
これ、かなり気に入りました☆

次に出てきたのが、【自慢のパスタよりお好きな一品】。
…ということで、僕らはパスタ・メニューとしては珍しいホロホロ鳥をメインにしたものをチョイス。
こってり感があるものの、しっとり感がまたまた絶妙でした。
これと同時に出てくるのが【自家製フォカッチャ】。
とてもモチモチしたパン。
さっき食べたアクアパッツァの残りスープに付けて食べると、それはそれでまた美味しさが倍増。

次は【アクアパッツァの残りのスープで作っためちゃうまリゾット】。
タイトルそのままです(笑)。
さっき食べたパスタ辺りで、かなりお腹がどっしりときてるハズなのに。レモン風味であっさりしてるせいなのか、パクッと食べれてしまいました(笑)。

最後の締めは【自家製ドルチェ3種盛り合わせ】。
僕らがチョイスしたのは、イタリアン定番のティラミスにパンナコッタにクレームブリュレ。
ティラミスとパンナコッタは、濃厚というよりかはあっさりめのテイスト。
反して、クレームブリュレはもう最高で!!
これ、なんと冷製なんだよね。初めての体験。
アイスクリームのように固まった食感がクリーミーさを増大させて、美味しすぎる!!
もうこれはこれは絶対にリピートしたいっ。

食事の合間に飲んだオリジナル・ワインカクテルも最高に美味しかった。
どっちかと言えば、ワインが苦手な僕でもバクバク飲めちゃう。
白の炭酸入りも。赤も。
シロップに漬け込んだフルーツが一緒に入っていて…もう最高でした☆今度は食後酒にもチャレンジしてみたいっ。

このお店のもうひとつの目玉は、スタッフの接客ぶり。
入ったそうそう、かなり馴れ馴れしいんだけど(笑)、そのトークが絶妙な面白さでイイ感じなんだよね。
必要な時にすかさず来てくれて、引く時はちゃんと引いてくれる。
梅田でこの手の接客は有りえない!って感じなんだけど、許せてしまうものがある(笑)。
『(料理が)美味しいです。』と伝えると、スタッフがシンバルを鳴らしたりラッパを吹いて、それに応えてくれたり。
時にはギター片手に歌いながらテーブルを回ってくれるみたいだから、次はそういうのも体験してみたいなぁ。
誰かの誕生日とかにもね。

会計終了後は、お店の外までスタッフが出てきてくれて。
これだけ食べて飲んで、ひとり5千円は安い!
おまけにお土産として、さっきのフォカッチャまで手渡してくれて。
『あなたたちだけにですよ。』と言う、その恩義せがましささえもホノボノとしてしまう。
彼らは僕らが見えなくなるまで、ちゃんと見送ってくれていた。
その心遣いがとてもニクくて、イイ感じでお店を後にできたなぁ。
なんだか接客の大事さまで教えてもらえたような、そんな気分。

久しぶりに梅田にお気に入りのお店を見つけることができて、とても嬉しかった。
一緒に行った女子友達も大満足のようで、連れていった甲斐があったよ。
久しぶりに、彼女たちとゆっくりまったりといろんなことを話せて、心地よかったなぁ。
彼氏との旅も報告できたし(笑)。
また近いうちに、今度はアラカルトを食べに行きたいな。

リアルな女子友達たちへ。
もし僕が『行きたいイタリアンがあるんだけど…。』と口にしたら、その時はそこへ連れていかれるので…お楽しみにっ♪

あ。画像を載せれないことが、唯一の心残りかな(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ken says..."イタリアン"
あっ、そのお店なんばにもあるんですよね~。
店の前を通るたびに気になってたんで、
ちょっと胸のつかえがとれました(笑)
梅田店とはまた違うかもしれないですけど、
こんどチャレンジしてみようかなぁ。

接客がいいお店ってうれしいですよね。
また行こうって気持ちになります。
2007.05.09 08:24 | URL | #VaGrzmSs [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

胸のつかえが取れたみたいで、良かったです。笑
…と言うか、さすがkenさん!!
そうです!このイタリアン…なんばと心斎橋にもあるんですよー。
ただkenさんの言う通り、各店舗によって素材の売りが違うみたいなんで、ミナミ地区も制覇しようと企んでるところなんです。笑
kenさんも、まずはなんば店からぜひぜひチャレンジしてみて下さい♪
感想をぜひ。笑

接客は本当に大事ですよねー。
そういうのも料金に含まれてこそだと思うんですよね。
なので、おもてなしの態度が悪い店員さんだと憤慨しちゃいます。笑
ちなみに『Aji bene』の接客は、そのノリを受け入れることができない人には苦痛かもしれませんよ。
思いっきり、下町風の関西のノリなんで。笑
2007.05.10 00:49 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/411-2b81f52c
該当の記事は見つかりませんでした。