原点回帰。

今日。
髪を切った。
最近、お洒落することに無頓着になりつつあるんで、気づけば髪も伸び放題。

4年ぶりに、【床屋さん】に行った。
ここの床屋さんは、僕が小4の頃から20年近く通った場所で。
最近はずっと美容師の女子友達の所(:美容院)でカットしてもらってたから。
だけど、その女子友達が諸事情で美容師を辞めることになって。
地元近くの美容院に新規で行こうか等々…どうしようか考えた挙句、ここを思い出した。
今は、子どもの頃に切ってくれたマスターは引退して、息子さんが跡を継いでる。

そうなんだよね。
お気に入りの美容師さんが辞めちゃったりすると、次を探すのが大変だと痛感。
なので、なかなか髪を切りに行く気になれなかったのもある。
また一から髪質や好みを説明しないといけないし、その人との相性もあったりするから。

幸いなことに、その息子さんはさりげなく僕の好みを覚えていてくれたので助かった。
一応、携帯に撮ってあった昔の堂珍の写メも見せたけど(笑)。
うん。なかなかイイ感じに、短く切ってもらえた。
やっぱ床屋さん特権の顔剃りをしてもらえるのが何よりも嬉しい。
綺麗に眉も整えてくれるし。
なんだか気持ちもサッパリする感じ。

なんかね、ふるさとに帰ってきた感覚だった。
また、しばらくここに通うことになりそ☆

あ。床屋さんの息子さんに言われたこと。
『髪、伸ばさないんですか?
柔らかい顔立ちなんで、きっとウエーブが似合いますよ。』
…うん、よく言われる。
『外国人のような顔立ちなんで、坊主頭が似合うのも解ります。』
…うん、知ってる。
………にゃはは!!


家に帰ると、届いてるモノがあった。
それは、女子友達Cちゃんからの少し遅れたバレンタインの贈り物だった。
開封すると、そこには岡崎京子の漫画『リバーズ・エッジ』が入っていた。
20070221200819.jpg
それは彼女イチオシの漫画で。
もうすでに絶版になってるようで、古本屋さんで探して用意してくれた。
僕的にはどうもこのタイトルを聞くと、キアヌ・リーヴスの映画『リバー【ス】・エッジ』を思い出してしまう。
さぁ、ゆっくり読ませてもらおう。
とびきりのサプライズな気持ちがとてもとても嬉しかった。
ありがとう、Cちゃん。

最近はホントに【映画】よりも【漫画】にハマってる。
映画は観てるけど、前ほどの情熱はなくて。
でも今日の床屋さんみたいに、またいつか気持ちが映画に戻ることは分かってる。
なんだろう。上手く説明できないけど、そこに帰るべき運命みたいなものがあるんだろうな…って。
そうやって人は原点に帰っていくんだろうか…って。


…なんて。そんなことを考えたりする今日の夜でした☆

▲ ひとまず、『リバーズ・エッジ』をサラッと読んでみて…心に響いた会話を記しておきたい。

あの人が山田君が好きな人でしょ?
…なんで知ってんの?
吉川さんに聞いた
…そうだよ
この時山田君があまりに素直なんであたしは前々から知りたかったことを質問してみた
ねぇ山田君 好きな人に『好き』って言いたくなんない?
なるよ
じゃ抱きしめてもらいたいとかは?
ある
キスとかは?
勿論
セックスとかは?
すごくしたい
ねぇ山田君てスル方なの?される方なの?
だってさ男の人同志っておしりの穴に入れるんでしょ
そういうのってどっちがどうってどう決めるの?
痛くない?やっぱ本に書いてあるみたくローションとか使うの?

じゃ若草さんはクリトリスなめられるのと指つっこまれるのどっちが好き?
え?あ
フェラチオの後 飲んじゃうの?それとも出す?
失礼だよ ゲイだからってすぐセックスの話をもち出すのは
若草さんだっていきなり聞かれるのヤでしょ?
少なくともぼくはいやだ ぼくは話したくない

…ごめん
別にいいよ
ただ、もうそんなことより
ぼくは
あの人がいるだけでいいんだ
あの人がいて ぼくがいて あの人を見つめることが出来る
それだけでいいんだ


…あ。こういうの普段、僕がなにげに思ってることに近い。
もうこの台詞を読んだだけで、いい作品の予感がした。
改めて、Cちゃんありがとう。
関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

YUKi says..."『リバーズ・エッジ』"
こんばんは。私も若かりし頃『リバーズ・エッジ』、
ハマったなあ。Elijahくんの雰囲気あるよね、山田くん。
山田くんのモデルはコーネリアスの小山田くんだよね。
岡崎京子はこの作品以降かなりドメスティックな
リアルさをまといすぎて、怖くなって読めない。
この人は未来を見据えてしまう能力があると思うから余計に。
だって『リバーズ・エッジ』って昔の作品なのに“今”じゃない?

散髪は今後私のお友達のとこに一緒に行こうよ~v-254
2007.02.21 22:54 | URL | #nGdA3O4A [edit]
ヒデ・グラント says..."Re: 原点回帰。"
最後に「床屋さん」に行ったのっていつだろう??
25歳くらいかなぁ?
すっかり美容院派になってしまったけれど、たま~に行ってみると懐かしい気分になったりするよね(幼少時代に通ってたお店だったら尚更)。

客層はもちろん、置いてある雑誌(←マンガ多し)、シャンプー台の向き(←顔が下向き)、顔剃り・・・昔は普通に思っていたシステムも、長年の習慣の違いから、きっと新鮮に感じることでしょう。オイラも行ってみようかな、久しぶりに。
2007.02.22 16:41 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."YUKiさん。"
Yukiちゃん

Yukiちゃん…若い頃(笑)、これハマって読んでたんだ!
僕は岡崎女史は初トライだったけど、絵やストーリーがリアルで結構好きかも。
当時はやたら大人っぽい雰囲気があって、まだまだ僕には関係ないって感じだったんだけどね(笑)。
僕…山田君の雰囲気ある??
それ、ちょっと嬉しいかも。
小山田君がモデルだったんだ!
僕ねー、彼が資生堂の【UNO】のCMに出てた頃、よく似てると言われたんだよねー。
なので、更に嬉しいかも(笑)。
岡崎作品は読むのにかなりエネルギーが要りそうだよね。
でもその分、なにか大きなモノを得れるような気がして惹かれるものがある。
確かに昔の作品のなのに、内容が【今】だと思った!!
凄くイマジネーションの大きな人なんだろうね。
今は休筆してるみたいだけど。
なんだか他の作品も読んでみたくなってきたよ。

Yukiちゃんが【散髪】って…【カット】と言いなさいっ(笑)。
お誘いありがとう!
ちょっと考えてみようかなv-332…笑。
2007.02.22 18:17 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

ヒデさんも美容院派なんですね!
でも確かになんとなくヒデさんから床屋さんのイメージは想像できないです(笑)。
それでも、25歳くらいまでは行ってたんですね~。
なんで美容院に鞍替えしたんですか??…って、思わず聞きたくなっちゃいました(笑)。
うん。確かに懐かしい気分になりましたね~。
ちょっとくすぐったいみたいな。
お店自体に、青い頃を知られて恥ずかし!と思える感覚に陥るからかなぁ。

そう!床屋さんと美容院は雰囲気が全く違う!!
…って思ってたら、僕が行った所は知らない間に結構お洒落になってちょっと驚きました。
シャンプー台は昔と変わってなかったんですけど、前屈みではなかったし、ちゃんと後ろ向きで洗うように変わってましたもん。
久しぶりに経験したかったんですけどね(笑)。
床屋さんもマスターによっては、改革していってるみたいですね。
>オイラも行ってみようかな、久しぶりに。
↑あ。ぜひ(笑)。
意外と美容院よりくつろげるかもですよ♪
2007.02.22 19:22 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Chocolate says..."Re: 原点回帰。"
王子は山田君だね、本当に。
私はこの漫画をもう10年以上前から読んでるけど、
王子とお知り合いになってからは
「あっ、山田君って王子?」って思ってたもんね、ずっと。(笑)

気に入ったみたいで何よりです。♪
2007.02.23 11:16 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."Chocolateさん。"
Chocoちゃん

>王子は山田君だね、本当に。
↑そうなのかなぁ。
でもね実際、僕が言いそうなことを言ってるなぁ…って思った。
ものの考え方とか、シニカルなところとか似てたり。
>「あっ、山田君って王子?」って思ってたもんね、ずっと。(笑)
↑じゃあ、これからは僕のこと…【山田王子】と読んでね(爆)。

ホント、この作品…気に入ったよ♪
Cちゃんに感謝だね(笑)。
2007.02.23 20:08 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/384-20b8b46e
該当の記事は見つかりませんでした。