メモリアルtravel 花の都・東京編Part3。

【Days3-① 4月12日(月)】

朝、素早く起きて、朝食を食べ、ホテルを出る身支度。
ココのホテル、ほんと居心地良かった。
また来るぞと誓いつつ、チェックアウトの手続きをする。

さぁ、今日は最終日。いっぱいいっぱい動くぞ!!!!!

まずは、コレも今回のお目当てだった、神田・オリンパスプラザ東京で催されている、
『Cho SeiHon写真展 The man』に行ってみる。
今、最も興味のある国、韓国男優の写真展だ。
大好きなイ・ジョンジェにチョン・ウソン、キム・ナムジン、
最近check中のクォン・サンウ、ソン・スンホンand more。
にわかファンではないので、念の為(笑)。
朝10時からのオープンなのに来る来る女性たち。
こんな朝早くから来れるなんて、優雅なマダムかぁ?…と思いつつ、男で来てるのは、
僕だけでした(笑)。
それにしても、いい目の保養になったぞ。
思ったより、早く見終わったので、ホントは昨日、M君と観るはずだったけど、時間の都合で観れなくなった『エレファント(03米)』をシネセゾン渋谷で観る事に。
20070211160121.jpg
一度観ようと決めると、どうにかこうにかして観に行かずにはいられない宿命…(笑)。
ではでは、感想を。
ガス・ヴァン・サント監督でいいと思った作品は、ほとんどない。
世間では酷評された『サイコ』位かな、好きなのは。
なんだろう、やたら静かで単調な作りが好きになれない。
この作品も、お決まり通り、静かに始まった。
題材は、アメリカ・コロラド州コロンバイン高校の銃乱射事件をモチーフにしている。
綺麗な青空が映る冒頭のシーンから、なにげない日常の風景。深遠だ。
そこから、少しずつ少しずつ加速していく。
撮り方が、すごく好きだった。時間軸を交錯したそれぞれの視点から見る、
時=事件の流れ。
クライマックスへの緊張感。唐突に終わるラストシーン。そこに映る、あの青空。
特に意味なんかない。ただ、高校生の、ある一日を映してるだけ。
ティーンにしか解りえないなにか。
でも、心に残る衝撃的なもの。
雰囲気に、大好きな『ヴァージン・スーサイズ』が被った。
だからこそ、カンヌ=ヨーロッパで評価されたんだと思う。
さすが、サント監督だね。説得力のある見栄えのいい役者を使ってた(笑)。
ていうか、サント監督を初めてマトモに評価できた気がする…
いい作品を撮ったと思う。
とても心地よく映画館をあとにできたから。払う価値ありの値段:1400円。
観る前に場内アナウンスで、
『この映画は大変静かな映画ですので、上映中の飲食他はご遠慮下さい。』
と、ご丁寧に流れたにも関わらず、食いながら観てる奴がいた。
心底、銃で撃ち殺してやろうか、と思った事か…(笑)。

映画館を出た後は、表参道へ。
目指すは、ハナエモリビルに入ってる
PARISの『LA MAISON DU CHOCOLAT』。
日本では、ここしかshopがない。
まず、入ってびっくりしたのは、値段!!!!!
ホントにホントに驚いた。予算が狂っちゃう。
気を静める為に、とりあえず、ランチを食べようとshopを外れる事に(笑)。
ランチ後、気を取り直して、予算組み立て直して(笑)、再度訪問。
やっぱ、すごく高級感のあるチョコレートだ。
タブレットも買って、ご満足。
ウィンドウを眺めてると、今すぐ食べたくなって、BacchusとCerise Griotteを購入。
外に出て、通りで座りながら食べてみる…濃密でクラシカルで最高のテイスト!!!
きっと傍から見ると、ニヤニヤしてるので気持ち悪かっただろうな(笑)。

最高級の気分で表参道を後にし、次は、渋谷の
映画コレクターズ・ショップ『Cine Arte』へ。
ここへは東京に来る度、買い逃したパンフレットを買いに来るのだ。
今回は、最初から買う作品を決めていた。
大好きなモンゴメリー・クリフト出演の『ニュールンベルグ裁判』。
高いけど、去年10月に買ったオードリー・ヘップバーンの『尼僧物語』に比べたら、
値段は4分の1で安い安い(笑)。
あとは、『とらばいゆ』に『渋谷怪談/渋谷怪談2』をなにげに購入。

今回、パンフもあちこちの映画館回って、買いに走った走った(笑)。
大阪では、まだ上映していない作品を中心にね。
渋谷…渋東シネタワー『ディボース・ショウ』、シネクイント『ドラムライン』、
シネ・アミューズ イースト/ウエスト『Lovely Rita』、
ル・シネマ『carmen. カルメン』、『列車に乗った男』、
ユーロスペース『めざめ』。
新宿…K’s cinema『ケイナ』(めちゃめちゃ近未来的で綺麗な映画館だった。)、
新宿武蔵野館『悪い男』、『ワン・テイク・オンリー』、
新宿東急『タイムリミット』、シネマスクエアとうきゅう『リメンバー・ミー』、『蜜愛』、
『HOTEL』(バック・ナンバー)、新宿ジョイシネマ3『ロスト・メモリーズ』。
以上を、2日間掛けて、合間に買いに行った行った。
ホントは、有楽町・日比谷・銀座も回りたかったけど、時間がなかったんだよね。

渋谷の後は、またまた新宿・伊勢丹へ。
次も同じPARISの『JEAN-PAUL HEVAN CHOCOLATIER』だ。
日本には、東京と広島と福岡にしかshopがない。
去年のバレンタインで、Hに東京のおみやげも兼ねてなにげにもらった、
ここのチョコ。口にした途端、中毒に(笑)。以来、ここのチョコがNo.1となった。
もう、『GODIVA』や『neuhaus』なんて、庶民の味だね(笑)。
てか、とかく有名なベルギー産よりも、フランス産の方がチョコは美味しい事を発見。
去年の10月に東京に来た時も、おみやげも含めて大量に買って帰った。
今回は、『LA MAISON DU CHOCOLAT』で予定外の出費があった為(笑)、
タブレットだけ購入。ここのミルクチョコは最高だよ♪
おかげで舞い上がりすぎて(笑)、マカロンを買い忘れちゃった。
職場のパティシエAちゃんがPARISに行った時に、
ここのマカロンは美味しいと言ってたんだよね。
彼女におみやげも兼ねて、買おうと思ってたのに、すっかり忘れてた。
夏に、Tが大阪に帰省する時に、買ってきてもらおっと(笑)。

…もうちょっとだけ、続く(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/376-16812549
該当の記事は見つかりませんでした。