チャーリーとチョコレート工場(アメリカ=イギリス)

【さあ、世界一オカシな工場見学へ!】

美しい映像の魔術師ティム・バートン監督の真骨頂!
お洒落でポップでキュートな世界観。
もちろん、ダークサイドも忘れずに。

実生活でイギリス女優ヘレナ・ボナム=カーターと結婚。一児の父となった彼。
前作『ビッグ・フィッシュ』で父と息子の交流を見事に描ききり、
ひとつの区切りを終えた今、新たに挑んだ作品が児童文学の名作。
彼自身が父親となった現在、
それでも変わらず今作でも父の愛情に飢えた風変わりな一人の男を描いていた。
バートン監督=父親像。彼にとって、それはトラウマなのかもしれない。

盟友ダニー・エルフマン(妻は女優ブリジット・フォンダ)の音楽は健在で、
オープニングの時点から背筋がゾクゾクする。

もうひとりの盟友ジョニー・デップ。4度目のコラボレーション。
息がピッタリで、ジョニデが彼を信頼し、とても嬉しそうに仕事をしている光景が見えてきそうだ。
今回の役柄も、『さすが!!』の一言。斬新な風貌にコミカルかつファニーな演技。
ワンシーン一瞬、『シザーハンズ』を彷彿させるところがあるので、お見逃しなく!!
思わず顔がニヤけてしまったよ。
本当に巧い!!彼もいい【役者】になった。
同年代の男優の中では一番の存在感と演技力だと思う。レパートリーが広い。
現在撮影中の大ヒット作の続編『パイレーツ・オブ・カリビアン2(仮題)』が楽しみだ。
ちなみに同時に、『3』も撮影する↓
20050912182623.jpg

『ネバーランド』に続いてのジョニデとのコラボ、
名子役フレディー・ハイモアの演技は純粋でイヤ味がない。
見ていて、応援したくなる。
この点が、ダコタ・ファニングと違うところ。

どこかで見たことがある元気なおじいちゃん役のデイビッド・ケリー。
『ウェイクアップ!ネッド』のおじいちゃんだった!そりゃあ元気だよ(笑)。

各子供ひとりずつのエピソードに笑い、歌でも楽しむ。
ラップ調、ロック調ありといつものバートンらしくない選曲も、これまた新鮮で面白かった。
僕のお気に入りのシーンは、リスです(笑)。

今の何事にも無関心すぎる子供たちへの警鐘と家族の大切さを説いた物語だった。
それを、おとぎ話的に見せるティムの手腕と心が温かくなる結末には、本当に参りました。

さぁ、みんなで一緒に歌おう。
♪ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ…♪

20050911214358.jpg

梅田ピカデリー/奥野

金券ショップ1200円→1450円

関連記事
スポンサーサイト

14 Comments

YUKI says..."こんばんは。"
「シザーハンズ」大好きなので楽しみ・・
評を読ませて貰って益々楽しみになりました。
Elijahさんこの週末、映画何本観てるのっ。
さすがだなあ!
2005.09.13 00:07 | URL | #- [edit]
Elijah says..."YUKIさんへ。"
ども、こんばんは♪
『シザーハンズ』は名作だよね。
エドワード(ジョニデ)が作る氷の雪に舞うキム(ウィノナ・ライダー)のシーンが強く印象に残ってるよ。
実生活でジョニデとノニー、結婚してほしかった。今じゃノニーは…。
『チャーリーとチョコレート工場』…YUKIさんも観に行った時は感想聞かせてね。
先週末は3本観たElijahでした。僕にとって映画は【命】ですから(笑)。
2005.09.14 18:04 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
YUKI says..."こんばんは"
観てきました・・
想った以上に浮かれてしまい
私も♪ウィリー・ウォンカ、ウィリー・ウォンカ・・♪
っと頭の中で歌いながら帰ってきました。
「金髪の草原」も借りてきたし
「ハッカビーズ」も早く観たいです~!
ノニーは未だ復帰しきれていない感じだけど
ジョニデはヴァネッサと結婚して上昇気流ですね。
2005.09.14 19:26 | URL | #- [edit]
Elijah says..."YUKIさんへPart2。"
レスありがとう♪
YUKIさんのBLOGにもコメントしてきました。
早速、観てきたんだね。
あのテーマ曲、耳に残るよね~。携帯の着メロにしたいくらい(笑)。
おっ。『金髪の草原』も借りてきたんだ。また感想UPしてね。
『ハッカビーズ』もYUKIさんの感想が聞きて~です。
ノニーは、また2度目の万引きしちゃったよ。今度は示談で済んだみたいだけど。
もう病気だね。メジャー復帰は無理だろうね…。
ジョニデはヴァネッサと結婚してないよ。そういった形式には囚われないんだって。
なんてCool!!
2005.09.14 20:16 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ree says...""
先日レディースデーに見に行こうと思ったらすごい人気で売り切れ・・
で、まだ見れてません。
う~んこの異常なジョニデ人気stopして欲しい。
まああのコンビなんでヒットするの間違いないし仕方ないか・・
って気もするのですが。
見たら又ブログにてアップします。

ジョニー+バートン・コンビで「シザーハンズ」が一番好きなので
その雰囲気が色濃く出てるようでかなり楽しみです。
オリジナルはわかりやすく完全懲悪的な感じだったけど、今作
バートン版はどのように料理されてるのかな。。

「シザーハンズ」はファンタジー要素が強いけど、バートンらしく
毒々しい原色カラーで遊んでるとこが好きだし、切なく物悲しい感じ
がぐっと来るし何度見ても泣ける・・
そしてエドワードに扮したジョニーが超クール!
当時ジョニデが好きって言っても誰?って反応で、「シザーハンズ」が
唯一一般的に知られた代表作だったからそう説明しても「あのハサミ男?
顔わからんやん」って言われた・・
今や知らない人はいない超セレブになっちゃったよね。。

私もジョニー+ノニーのカップル好きだった~
ジョニー+ケイトのカップルも好きだったけど。
てゆーか、ジョニーの女の好みって完全にロリ系で私好み。
(シェリリン・フェン→ジェニファー・グレイ→ノニー→ケイト→ヴァネッサ)
よく考えたらノニーも初期バートンファミリーだったんですよね。
ビートル~の時のゴスメイクかわいかったな~

ブリジットって音楽家と結婚してたのね・・
余談だけどブリジット+エリック・ストルツのカップルも好きだったな~
2005.09.19 01:29 | URL | #- [edit]
Elijah says..."reeさんへ。"
『チャリチョコ』、大阪もめちゃくちゃ混んでますよ。先売券取りに行くだけでも、長蛇の列でしたから。当日の数時間前に観に行こうとしても、今は無理だと思います。
僕の友達もたくさん観に行ってて、すこぶる評価高いです。

バートン×ジョニデのコラボは全作品好きですね。
『シザーハンズ』も『エド・ウッド』も『スリーピー・ホロウ』も。
僕もジョニデは、『シザーハンズ』で好きになりました。
初めて映画館で観たのは、『ギルバート・グレイプ』かな。
ミニシアター初体験であったテアトル梅田でした。
彼は今でこそメジャーだけど、当時は通しか知らない俳優でしたよね。
やっぱり『パイレーツ・オブ・カリビアン』から一気にメジャーになった気がする。
↑これも遅いブレイクだけど。
ケイト・モスとヴァネッサ・パラディって雰囲気似てますよね。

エリック・ストルツって幸薄い俳優ですよね。
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を降板させられてなかったら、今の彼はどうなってたでしょうね。
『恋しくて』が一番印象あります。
2005.09.19 21:13 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ree says..."ひ~"
やっぱそんなに人気なんですね→チャリチョコ
もう少し空いてから見に行ってみよ~かな。

ちょっと脱線しますが・・私のジョニデ・デビューは高校時代見てた
米アイドル雑誌で、ニューキッズやカーク・キャメロンとかモサい
連中が流行ってた時、エキゾチックでワイルドなクールガイにメロメロ・・
それがジョニーでした。
当時は多分米TV番組「21jump street」で爆発的にアイドル的
人気だった頃で、ジョニーが消し去りたい過去のようですが、
番組自体は見た事なかったけど、やっぱ昔からスレた感じでクール
だった。今よりネイティブアメリカン系要素濃かったかも。
雑誌でのビジュアル面でのファンの期間を経て、初めてスクリーン
で見たのが多分「シザーハンズ」かな。
その後「クライ・ベイビー」をビデオで見てやっぱカッコいい!って
再確認し、当時は鬼才ジョン・ウォーターズ作品と知らず何か
ヘンテコな作品だな~と思って見てたけど、ジョニーって昔から
オフビートなチョイスだったんですよね。
その後ほとんどの作品はチェックしてますが、初期の「エルム街~」
や「プラトゥーン」のチョイ役は未チェックです。

ところでケイト、コカイン所持で捕まっちゃって残念。
まだ薬に頼ってたんですね・・ここ数年又モデルとして復活して
いい仕事してたのにもったいない!
子供もいるのに・・コートニーのようにはならないで欲しい
(でも女優としてのコートニーは割と好きなんだけど)
やっぱロックミュージシャンが恋人だとルーズになりがちなのかな。

ジョニーと付き合う女って進行形の時はめちゃ輝いてたのに、
別れた後って不幸になってるパターン多いですよね。
先述のケイトに、ウィノナ、その前の人たちは犯罪者ではないけど
さっぱりスクリーンで見なくなっちゃったし。

エリック・・確かに幸薄いし幸薄顔ですね。
エリックとブリジットって薄顔で似てませんでした?
ご存知かもですが、昔エレファントマン的変形顔な映画「マスク」
(シェールが母親役)で一切素顔映らなくて、やっと「バック・トゥ~」
主役でオファーされたのにイメージに合わない(暗い)から降板って・・
話ですよね。可哀相・・
美形なのにその後もハエ男とかヨゴレが続いちゃってねえ。。
でも確かに「バック・トゥ~」はエリックだとあんなにヒットしてなかった
と思います。エリックがハイテンションなのって見た事ないような。

「恋しくて」好きでしたよ~ 
画家志望のシャイな青年ってかなり好みだったし、ワッツが可哀相で
切なくて涙しましたよ。
エリック作品では「キリング・ゾーイ」もかなり昔で覚えてないけど
結構カッコ良かった記憶が。
ヒロインのジュリー・デルピーも好きで、当時は結構好きな作品でした。
昨年の「ルールズ~」にエリックが久々にチョイ役(女好きなダメ男な講師
でしたよね)で出てて寂しかったけど懐かしくてちょっと嬉しかった。

ふ~・・本題から大ズレですんません。
2005.09.22 21:42 | URL | #- [edit]
Elijah says..."reeさんへPart2。"
『チャリチョコ』は配給会社のマーケティングのミスだと思う。
大阪のキタなんて、梅田ピカデリー(松竹系)だけの1館上映だもんね。
普通だと、ピカデリーと梅田ブルク7の2館上映してもいいくらいの規模なのに。
しかも、一番座席数が多いピカデリー『1』で自社配給の『SHINOBI』を上映しちゃってるもんだから、そりゃあ、すぐ席が完売するよ。

ジョニデ。僕も『クライ・ベイビー』でノックアウトされました♪
涙をひと粒流すシーンで。作品的にも好きかも。

エリック。確かにブリジットと顔の系統が似てるかも。彼女のコトは好きだったし、お似合いのカップルだったんで結ばれてほしかったな。破局の原因はエリックの方らしいですね。
『マスク』は未見です。このタイトルを聞くと、今ではジム・キャリー&キャメロン・ディアスの方を連想しちゃいます(笑)。
彼の作品でほかに見たコトあるのは、『メンフィス・ベル』、『ウォーターダンス』、『シングルス』(大好き!)、『恋愛の法則』、『キリング・ゾーイ』、『若草物語』、『パルプ・フィクション』、『ロブ・ロイ』、『グレイス・オブ・マイ・ハート』(大好き!)、『ルールズ・オブ・アトラクション』、そして今年観たばかりの『バタフライ・エフェクト』かな。ここでもキモい役をしてました…。
2005.09.23 13:35 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ree says..."エリック話"
そうですね・・「マスク」といえば9割以上の人がジムの方
を思い浮かべそうですよね。
同じタイトルでも真逆の悲話もので、奇形顔の少年の話
なんです。
中学の時英語の授業で見て(すごいチョイスですよね)
当時はエリックの事知らなくてなんか可哀相な話だな~と
思ってて、後日マスクの下がエリックと知りびっくり。
少年のママがシェール、初恋の相手がローラ・ダ-ンと
今考えると割と豪華キャストでした。
でも結局授業で最後まで見終わらず、どんな結末だった
のかわからないままなんです。

エリックって昔、怪優ジェニファー・J・リー(好き☆)と
付き合ってて、「ルームメイト」でジェニファーとブリジット
(ルームメイトで好きになった、あの時が一番キレイだった)
が男取り合うようなシーンがあって、リアルとゆーかマジっぽい。
特にジェニファーだし・・

「恋愛の法則」(いいキャスティングでしたよね)
「キリング~」(好き、J・ユーグもカッコ良かった)「若草~」
「グレイス~」(私も好き!イレーナ・ダグラスってもろ爬虫類顔
ですよね)「パルプ~」「ルールズ~」は見ました。
「シングルス」って出てましたっけ・・?ブリジットしか覚えてない。
私も結構好きで、ブリジットがけなげでキュートだった。
こーして見ると、エリックってブリジットとティム・ロスとの共演
が多いですね。
「初体験リッチモンドハイ」(キャストが豪華だし、ゆるくてアホな
感じが好きで何回も見てて、特にショーンが笑える。J・J・リー
の兄さん役ジャッジ・ラインホールドがかなり好み)にもエリック、
チョイ役で出てましたよね。
2005.09.23 22:52 | URL | #- [edit]
Elijah says..."reeさんへPart3。"
中学の英語の授業で『マスク』ですか。
確かにすごいチョイスですね。
僕は専門学校の時、ウィリアム・ハート主演の『ドクター』を授業で見せられた記憶が。

エリック。ジェニファーと付き合ってたんですね。知らなかった。
そう考えるとホント、『ルームメイト』は演技を超えたものがありますね(笑)。
『シングルス』はチョイ役(ゲスト出演)だと思います。
『初体験/リッジモント・ハイ』は未見です。
ジェニファーも出てたし、脚本がキャメロン・クロウ監督ですよね。
その縁でしょーか。エリック、『ザ・エージェント』にカメオ出演してましたよね。
そういえば、何年か前の『VANITY FAIR』に『初体験』のメンバーが再集結して、フォト撮ってましたよ。
2005.09.24 21:27 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ree says..."コメントしつこくてすんません。。"
ご無沙汰です。マン喫ネットより。。
ジェニファーとエリック、「地獄のシスター」(未見ですが)って
映画で共演して付き合ってたって何かで見た事あります。
リッジモンドハイとどっちが先かわからないですけど、
若い頃何度か共演してるみたいですね。
そうそう、リッジモンドハイはキャメロン脚本だと
ペニーレイン見た時に知りました。
2005.10.02 01:18 | URL | #- [edit]
Elijah says..."reeさんへPart4。"
マン喫ネットからカキコミどうもありがとう。
早くPC買って下さいね(笑)。
コメント大歓迎なんで、いつでも遠慮なくしつこく(笑)カキコミしちゃって下さい♪
2005.10.02 14:39 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
かなん says..."お初書き込みがこの映画というのが(笑)"
いつも、楽しく読ませてもらっております(笑)
やっとこさ、見てきました!
確かに終った瞬間からこの歌が回る事といったら(;^_^A
間違いなく、私はDVD購入いたします~。

全編、ジョニデの雰囲気一杯で、目一杯楽しみました(^-^)v。

私も、あの元気なお爺様見たことがあると思えば、カルシウム・キッドでしたね(笑)
彼の軽快なステップちと忘れられなくなりそうですよ。
ちなみに、次回の映画と共に共通券で購入しているので、次回作も勿論いきますとも!

今度は近々にシン・シティに行かねば♪
2005.10.10 01:44 | URL | #SFo5/nok [edit]
Elijah says..."おっ。"
かなんさん、いらっしゃいまし。
最初、『かなん』と聞いて、誰!?と思いつつも(汗)、
おーっ!!と思い出した次第であります(笑)。

辛辣な意見をお持ちの、かなん嬢がこの作品を気に入ってくれたようで、なによりです(笑)。
お爺様の軽快なステップ、確かに印象に残りました。
『カルシウム・キッド』って、オーリーの『チャンピオン 明日へのタイトルマッチ』のコトだよね。

『ティム・バートンのコープスブライド』は、観ようか悩んでる。
実写じゃないのが苦手。
でも、バートン×ジョニデの5度目のコラボだし…う~ん。

『シン・シティ』を観たら、またカキコミしてね。 
てか、またご飯でも行きませう(これ、ずっと言ってるよね。笑)。
2005.10.10 12:58 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/36-96523a23
該当の記事は見つかりませんでした。