あの黄色いバスに飛び乗りたい。

遅ればせながら…今頃、感想を書こうかと。
気づけば、今年初めての【映画評】です(苦笑)。


いつも通う映画館に貼ってあったインパクト大のポスターを見た瞬間から、直感で観たいと思ってた。
予告編を見た時点で泣きそうになったので、ますます期待度は高まって。
その映画のタイトルは、『リトル・ミス・サンシャイン』(アメリカ)。
20070105200948.jpg
2007年映画館で観る一本目に相応しい作品だった。
ハートウォーミングなロード・ムービー。
目的地は、アリゾナ州からカリフォルニアへの【美少女コンテスト】の会場で。
僕の目には、そのコンテストを皮肉ってるようにも映ったり。

ストーリーにはホント、笑わされ泣かされて。
映画館で声を出して笑ったのは、かなり久しぶりだったような気がする。
大笑いした直後に、切なさが込み上げてきて、自然に涙が溢れたり。
極上のクライマックスとラストシーンにいつまでも余韻が残って。
ただただ脚本が巧いなぁ…と思った。
後々、劇中に出てくる小物が活きてくるのも。
『シャーッ、シャーッ。』って発する獣の真似に笑わされたりも。

とにかく!キャラクター6人ひとりひとりの個性が最高だった!!
20070105201201.jpg
もう愛しくてタマらなくなる。
特にアラン・アーキン演じるヘロイン中毒(!?)のグランパは最高すぎ!!
20070108221038.jpg
こんな爺ちゃんが身近にいたら、オモロイだろうなぁ…って。
彼が孫に発するセリフも強烈なほど印象深かったり。
ちなみにアーキンは、『シザーハンズ』でウィノナ・ライダー演じるキムのパパ役を演じてた人物。
TVドラマ界で活躍するアダム・アーキンは彼の実生活での息子。

そのグランパよりもいちばんのお気に入りは、スティーヴ・カレル演じるGAYのフランクだった。
20070108221050.jpg
もうあのフェイスとキャラクターに釘付けで。
あぁいうちょっとしたインテリが入ると好みだし、どこか強く惹かれちゃうんだよなぁ。
あのおヒゲにも触りたいっ(笑)。
コンテスト会場に着いてからの埠頭で。
フランクと彼の甥ドウェーン・フーヴァー(演じるのはポール・ダノ)のなにげない会話にジーンときたり。
彼のキャラは、どこかmy favoriteな『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のルーク・ウィルソン演じたリッチー・テネンバウム(次男)に似てた気がする。
20070217183232.jpg
そう言えば、この『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』でもリッチーにいちばん惹かれたもんなぁ。
リッチーに触発されて、髪型も丸坊主にしたくらい(笑)。
ストーリー的にも、無関心さを装った脱力な感じが似てたような。
ちなみに、普段のスティーヴはこんな感じ(with奥様)↓
20070108221110.jpg
ストーリーの核となるフォルクスワーゲンの黄色いバス。
そのバスは、【人生】を象徴してるように思えた。
真っ直ぐな時もあれば、曲がることもあって。
急にUターンする時もあれば、止まらなくなることもあって。
急にスピードUPする時もあれば、そこから逃げ出せないこともあって(=クラクションが鳴り続ける)。
だけどそこに【家族】が同乗してるからこそ、どこか安心感があった。
もしかすると、このポスターの色(:黄色)は【信号】を表してるのかもしれないね。
【人生】をどの方向へ進むべきか、進まざるべきかって。

▲ 劇中に出てくるドウェーンのメモ書きも可笑しくて↓
20070105201033.jpg
20070105201109.jpg
20070105201139.jpg
↑特にこのシーンは、最高!!

あ。このシーンも忘れずに…もうギューッとしたくなるくらい好き。
20070108221027.jpg
兄妹のハグの仕方が最高に可愛くて。

今のところ、僕の年間ベスト1。
『第79回アカデミー賞』の【作品賞】を獲ってほしいなぁ。
そしていつか僕も、あの黄色いバスに飛び乗りたい!
それまで、(前売り特典の)携帯電話のストラップで我慢しとこうかな(笑)。

MEMO:シネ・リーブル梅田
2007.1.2 14:40
前売り券1500円
ツージィ、reeちゃん
点数評価:90点
関連記事
スポンサーサイト

10 Comments

iwasuke says..."Re: あの黄色いバスに飛び乗りたい。"
こんばんわ。早速遊びにきました。

僕もこの映画、今のところ今年のベスト1ですね。
あの黄色いバスに僕も乗りたいです(ー∀ー)
個人的に一番好きなキャラはやっぱりフランクおじさんですね。
あのミスコンの会場に到着して受付に走る時の姿は忘れられません(笑)
ガソリンスタンドでのシーンも思いっきり笑いましたよ。

笑いあり、チョイ涙ありの良い映画でした!
DVDきっと買うだろうな~(笑)
2007.02.18 00:47 | URL | #iTIm6PX. [edit]
Chocolate says..."Re: あの黄色いバスに飛び乗りたい。"
王子

おはよう。

この映画良かったよね~本当に。
私もこーんな爺ちゃんが傍にいたらいいなーって思ったよ。
やっぱりね、年よりはいいこと言うね、伊達に長く生きてないっすよ。(笑)

私もこの映画に色々勇気を貰いました。
何も行動しない人が負けなんだよね、うんうん。
2007.02.18 09:48 | URL | #- [edit]
YUKi says..."おじいちゃん!"
このおじいちゃん、
「シザーハンズ」キムのパパ役だったのか!
びっくりしました。
この映画はほんと今でも頭に鮮やかで、
めったに買わないけどDVDで買いたいです。
再鑑賞会しない?
この映画観て、元気もらったこと
多分今年の大きな力になりそうで。
誘ってもらった事本当に感謝です。
2007.02.18 10:51 | URL | #nGdA3O4A [edit]
ヒデ・グラント says..."Re: あの黄色いバスに飛び乗りたい。"
人生への再チャレンジ映画としても、家族再生の映画(でいいのかな?)としても、すごく心に響く『リトル・ミス・サンシャイン』。
1年の頭に観ることができてホント良かったです。
いっぱいの笑いと元気とエネルギーをもらったなー。

日本の道交法では、こういうバスって運転できるのかなぁ?
(かなり危ないし、一気に免停になりそう・笑)
でも、もしあったら僕もバスに乗って目的地を一緒に目指してみたいなー(笑)。

ロードムービーって本当に面白いし、素敵な作品が多いよね。
いま気になってるのは『サン・ジャックへの道』。
フランス映画だから心配なんだけど(汗)、世界遺産好きには魅力的な映像も楽しめ、多くの感動をもらえそうな、そんな予感。
2007.02.18 15:06 | URL | #IOg9bXQk [edit]
Elijah(管理人) says..."iwasukeさん。"
iwasukeさん。

こちらでは、初めまして。
早速の訪問&コメントありがとうございます。

iwasukeさんも、この作品…早くも今年のベスト1ですかー。
かなり映画フリークの間では、人気高いですもんね。
黄色いバスに乗りたい人、結構多いですよねー。
すぐに満員御礼になっちゃいますね(笑)。
iwasukeさんも、フランクがいちばん好きなんですね!
かなり味のあるキャラクターでしたもんね。
>あのミスコンの会場に到着して受付に走る時の姿は忘れられません(笑)
↑そうそう!凄い形相で必死に走ってましたもんね(笑)。
>ガソリンスタンドでのシーンも思いっきり笑いましたよ。
↑ここのエピソードも、ちょっと切なさを滲ませつつも、クスクスと笑えましたよね。

ホント、この作品…イイ映画でしたよねー。
もうこの一言に尽きます☆
僕もこれは迷わずDVDは買い!ですね♪

iwasukeさん…また遊びに来て下さいね!
2007.02.18 18:59 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."Chocolateさん。"
Chocoちゃん。

こんばんは☆

Chocoちゃんも、この作品、気に入ってたよねー。
うん。ホントにイイ映画だったぁ☆
グランパがもし身近に居たら、人生の価値観変わるくらいいろんな助言を貰えるんだろうなぁ…って思えたりしちゃう。
うんうん。年配者はイイこと言うよね。
時々、鬱陶しいと思う時もあるけど、ちゃんと耳を傾けなきゃいけないなと思ったもん(汗)。

>私もこの映画に色々勇気を貰いました。
↑うん。なんかパワーを貰えた感じがする。
>何も行動しない人が負けなんだよね、うんうん。
↑うんうん(笑)…その通り!だね☆
イイ台詞だぁ♪
2007.02.18 19:09 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."YUKiさん。"
Yukiちゃん

そうやねん。
グランパ…『シザーハンズ』のキムのパパやってん。
僕も観終わってしばらくしてから、気づいてんけどね(汗)。
なんか、想像つかへんやろ??
Yukiちゃん…この作品、かなり気に入ってたよねー。
ホント、DVD買いたいなんて、珍しいよね。
うん!ぜひ再鑑賞会しようよ!!
その時は、Yukiちゃんの新しい住まいで☆
この作品が、今年のYukiちゃんの大きな力になりそうなのかぁ。
そう聞くと、尚更、誘ってみて良かったな☆
2007.02.18 19:19 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah(管理人) says..."ヒデ・グラントさん。"
ヒデさん

ヒデさんもこの作品、気に入ってましたもんねー。
今のところ、今年のベスト1でしたよね☆
僕もこの作品が、今年の幕開けでめちゃくちゃ良かったです。
幸先のいいスタートが切れましたもん。
うんうん。【人生への再チャレンジ】に【家族再生】…この言葉がピッタリだと思います。
ホントにたくさんの笑いと涙と元気を貰えましたよね!

>日本の道交法では、こういうバスって運転できるのかなぁ?
↑多分、無理だろうと(笑)。
…と言うか、実際に横を走られたら、怖すぎるっ(笑)。
なので、バスに乗る側だったら、全然イイですよね!
このバス…ホントにあったらかなり人気度高そうですねー。
(絶対にないけど)どっかの旅行会社が企画したら、一緒に行きます??
それこそアメリカ横断ツアーで、目的地は【美青年コンテスト】会場として(笑)。
もちろん、一緒に出場しましょう(爆)。

ロードムービーはイイ作品が多いですよねー。
僕も大好きです♪
『サン・ジャックへの道』…未チェックでした(汗)。
フランスからスペインへのロードムービーですね。
旅好きのヒデさんとしたら、この作品は気になりますよね。
ヒデさん、フランス映画…苦手でしたっけ??
きっとなにかしらの感動とフランス映画を克服できるかもしれないので(笑)、ぜひ観に行ってみて下さい☆
…僕は、スルーしちゃいますけど(爆)。
2007.02.18 19:41 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ken says..."Re: あの黄色いバスに飛び乗りたい。"
いろんな意味でこの作品は胸に響きました。
自分でもなんでこんなに感動しちゃったのか、
よくわからない部分があるんですけど・・・(笑)

黄色いバスの示すイメージって、
大切かもしれません。
それぞれの思いを乗せて走るおんぼろバス。
僕も飛び乗りたい!
どうもロードムービーに弱くなっちゃいそうです。

いまのところ暫定で2007年最高の作品です♪
でも、これを超える作品にいっぱい会いたいなぁ。
2007.02.22 04:57 | URL | #VaGrzmSs [edit]
Elijah(管理人) says..."kenさん。"
kenさん

この作品…ホントにたくさんの人に愛されてますよねー。
こういう風にいろんな人からコメントを頂いて、更にそう強く感じちゃいました☆
>自分でもなんでこんなに感動しちゃったのか、よくわからない部分があるんですけど・・・(笑)
↑あ。これね~、僕もなんとなく解る気が…(笑)。
やっぱり作品のマジックですよね♪

黄色いバスは、ホントにいろんなことに対するこの作品の象徴でしたよね。
やっぱりkenさんも飛び乗りたいですか!
残念っ…順番待ちです(爆)。
ロードムービーには心を癒される要素が多いですよねー。
観終わった後、なにかしら得るものがありますもんね。

>いまのところ暫定で2007年最高の作品です♪
↑やっぱりそう来ましたか(笑)!!
もうホント、映画フリークからも大絶賛の作品ですよね♪
>でも、これを超える作品にいっぱい会いたいなぁ。
↑me too.です。
だけど、ハードルが高そうな気もします…(汗)。
2007.02.22 18:59 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/352-6e9de4b5
該当の記事は見つかりませんでした。