人それぞれだからこそ。

サンダンス映画祭で話題になってた時点で、観たいと思ってた作品。
日本公開が決まるや否や、観に行くぞと思いつつも、なぜか観たい気持ちが冷めちゃって、今月のmyラインナップから外してた。
単に公開日が悪かったせいもあるんだけどね。
東京と大阪でヒットしてると聞いたり、各方面でも評価が高かったので、急遽、観に行くことにして。
ここぞとばかしに動く、【映画魂】(笑)。
当日料金で観るのは、『モーターサイクル・ダイアリーズ』以来だなぁ。

タイトルは、『キンキーブーツ』
20060914224101.jpg
正直、僕的には【普通】の出来だった。
悪くはないけど、良くもない。可もなく、不可もなく。
当たり障りのない作風に仕上げてたような。
ストーリーが平坦で、なにかパンチが足りないと思ってしまった。
あえて、『トランスアメリカ』と比べるのであれば、断然に『トランスアメリカ』の方が僕好みだし、出来はいいと思う。 
多分、今の僕が求めてるものではなかったせいも大きいんだろうけど。
実は、もっとPOPでカラフルなコメディ色の強いものだと勝手に思ってたから。
『3人のエンジェル』や『connie & carla コニー&カーラ』のような。
今作は、結構シリアスに描いていた方だと思うなぁ。
実話(!)に基づいてるからなのかもしれないけど。

唯一のめっけもんは、主人公であるチャーリー・プライス役のジョエル・エドガートンとの出会いだった。
彼の風貌や表情にとても和まされ、そのキャラクターにピッタリの人だったから。
いかにもその辺にいそうな英国人を演じていて、好感が持てたり。
ローラ役のキウェテル・イジョフォー。
『g:mt』、『ラブ・アクチュアリー』、『堕天使のパスポート』、『インサイド・マン』と4作品観てきたけど、今作では別人のようにドラッグクイーンを演じていて、その愛くるしい表情(特に目!)に上手い俳優だなぁ…と驚かされた。
ちなみに彼の名前だけは、なかなか覚えられなくて(笑)。
英国出身の黒人男優さんの数は少ないだけに、今後に期待。

それにしても【映画】の感想って、面白い。
この作品を絶賛してる人が多い中で、僕はそうじゃなくて。
やっぱり【映画】って、様々な意見があるんだなぁ…って改めて思った。
僕もかつては自分が好きな作品を『良くない。』と言われると腹が立ったりしたけど、ここ数年では、『そういう意見もあるんだ。』と新たな発見として思えるようになったから。
生涯のNo.1作品である『シンドラーのリスト』を友人に、『スピルバーグのあざとさ、センチメンタルな部分が見えて嫌。』と言われたこともあったっけ。

それに繋がるかどうかは分からないけど、【人】のこともそう。
僕は最近、気になる人がいるんだけど、その人に対する周りの人の評価はあんまり芳しくない。
だけど、誰かに祝福してほしいから、その人のことを好きになる訳でもないし、自分がその人のことを好きなんだったら、それでいいんじゃないかなって思ってしまった。
まぁ最近の僕は、とことん恋愛恐怖症になってるから、相手のことを好きになりそうだなと自分で判断すると、あえてその相手の嫌いなところを探して見つけては嫌いになろうとする自分がいたりするけど。
でも今日、その人のとびきりの笑顔を見て、やっぱり好きだなぁ…と思えてしまった。
その人と話すだけで顔がニヤけてきたり、声が震えたり、ドキドキしたりするのも事実だし。
20060915210054.jpg
…って、かなり【映画】の感想からかけ離れてしまったけど(笑)。
結局、なにが言いたいのかと言うと。
【映画】の感想も人それぞれであるように、この作品は『いろんな人がいるからこそ、人生は面白いんだよ。自分自身のことも受け入れよう。』と思わせてくれてるような気がした。
…ってことを言いたかったのです☆

MEMO:OS名画座
2006.9.14 19:00
当日料金1800円
フッチー
点数評価:60点

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

Chocolate says...""
この映画を普通って言うのはわかる。
典型的なイギリス映画で定番とでも言いましょうか。
決まった時間になると印籠が出ちゃう
「水戸黄門」みたいなもんだからねー。(笑)

私は結構好きかなー。
わかりきってる展開なんだけど、
とっても楽しめましたよん。
それはモーフィアス似の彼のお陰かな。(笑)


好きな人の嫌いなところ探してるのかい?
恋愛恐怖症か・・・
2006.09.15 23:44 | URL | #- [edit]
ree says...""
い~な~見に行ったのね!
私はサービス・デーにこだわってしまって(シャンテシネなので
いつも混んでるの!)、しかも現在銀座でしかやってなくて
ちょっと不便なので、なかなか見れずにいます。。
前売り買って他の日に行こうか迷ってるけど、どうしよーかなー
と考え中。普段も混んでるようだし。

映画祭はあまりチェックしてなくて(カンヌとアカデミーくらいかな)
サンダンスで話題だったのね…だからこんなに混んでるのかな?
イライジャくん的にはイマイチだったのね。
私もイメージ的に「プリシラ」系かと思ってたけど、結構地味なのね~
労働者階級(違ってたらゴメン)の話っぽいから「フル・モンティ」ノリ
なのかな??とりあえず私も見てみなきゃ何とも言えないので、
早く見なきゃって思います。見れたら私も自分なりの感想書くね~

キウェテル・イジョフォー、私も結構好き☆
「ラブ・アクチュアリー」「インサイド・マン」ではほとんど印象ないけど、
「堕天使のパスポート」のナイスガイぶりと「メリンダとメリンダ」の
チョイ役ながらセクシーさにホレたワ**
かく言う私もなかなか彼の名前覚えれずにいます。。
サントラ聴いたけど歌も上手いよね~

映画の感想は人それぞれでいいと思います。
良かったと思う人、イマイチと思った人それぞれどこでどう思ったのか
知り「そっか~」って思うし、まだ見てない作品なら参考にしようって思う。
と言いつつ、絶賛された作品を後から見てイマイチだった時に感想書く
のにどーやって書こうか迷ってしまう自分もいます。。
2006.09.16 00:37 | URL | #LzYhGhZE [edit]
ZAK says...""
映画の感想って
ラーメンの感想とかと似てるんよね

ラーメン好きな人が、ここのラーメンめっちゃ旨い
そう言われて
いざ自分が食べてみると
「そうでもないし、そこまで旨くない」

で、自分が食べた最高と思うラーメンを紹介しても
いざ友達は、さっき言った俺と同じ言葉を発するか、
まあ同調してくれる場合も

映画の感想も、結構似てるんだよね

結局
   自分が、そのラーメンと「合う」か?
   自分が、その映画と「合う」か?

そして友達も、その映画が合ってるか?合わないか?
        そのラーメンが合ってるか?合わないか?


人それぞれ基準あるでしょ
それが(勧められたものが)自分の基準に合うかが

「好き」「嫌い」「旨い」「マズイ」「最高傑作」「超駄作」

に分かれる

何も自分が他人の意見に合わせる必要もなく
ただ自分の基準に合わないだけ
だから
相手の批評も
相手自身の基準に合わないだけ

不満に思う必要もないし
怒る必要もないし
相手の気を伺う必要もない

「あぁ合わないんだ、俺は合うのに」で終わり(笑)


恋愛も一緒

イラちゃんが好きなのは、イラちゃんが合うんだから(好きだから)
それで全然良いよね

人の評判も確かにあるかもしれんけど

その人が「好き」で
            「合う」んだから

それでいいんだよ



てかあえて肯定してしまった(笑)



2006.09.16 21:53 | URL | #- [edit]
Elijah says...""
Chocolateさん

そうですねー。
この作品…典型的で定番のイギリス映画でした。
もう安心して、観れちゃうみたいな。
正しく、『水戸黄門』ですね(笑)。
僕は多分、『トランスアメリカ』を観た直後だったので、どうしても比べて見てしまった部分が大きいので、『キンキーブーツ』の描き方が(実話というのに)生易しすぎるように映っちゃって、今ひとつだったのかもしれないですね。。。
ははは。確かにローラは、モーフィアスに似てましたー。
顔の大きさといい…(笑)。

恋愛恐怖症…。
僕、長い間、無二の親友を好きだったんですよ。
で、友情と愛情の間を行ったり来たりしてて。
もう最後の方は、友情なんだか愛情なんだか、ただの情なんだか分からなくなってきて。
…エネルギーをめちゃくちゃ遣ったんですよね。
なので、また同じエネルギーを遣うのかと思うと、どうも逃げ腰になってしまって。
だからか、好きな人の嫌いなところを探しては、楽しようとしてるのかもしれないですね。。。

あっ。ちょっと真面目に語ってしまいました(爆)。
2006.09.17 18:30 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah says...""
reeさん

うん。観に行ってきたよ☆
東京はめちゃくちゃ混んでるみたいだねー。
チケットぴあで、先の日にちの分(土日とか)、完売してるもんね。
混んでる理由は、何なんだろうね~。
サンダンス映画祭の影響ではないと思うよ。
この映画祭に対する日本の興味度は低いと思うから。

うん。僕的には普通の出来だった。
結構、地味だよ。
『プリシラ』とは、かなりテイストが違う気がする。
…と言っても、僕、『プリシラ』あんまり記憶に残ってないんだよね(汗)。
うんうん。どっちかと言うと、『フル・モンティ』に近いかも。
reeちゃんも観たら、感想UPしてね☆

reeちゃん…キウェテル・イジョフォー、結構好きなんだ~。
僕はファンになるとまではいかないなぁ(汗)。
『メリンダとメリンダ』に出てるみたいだねー。
この作品…気にはなってるから、また機会があれば見ようと思ってるよ☆
やっぱ名前、覚えにくいよねー。
うん。確かに歌は自分で歌ってたし、上手だった!!

映画の感想の意見…ありがとう☆
うん。ホントに僕も人それぞれだと思ってます。
>絶賛された作品を後から見てイマイチだった時に感想書くのにどーやって書こうか迷ってしまう自分もいます。。
↑確かに、これよく理解できる。
実は今回、記事書く時にちょっと悩んだんだよね。
だけど、やっぱり自分に正直に書こうと思って、書いちゃいました。
だって、ここは僕の【場所】だからねー。
2006.09.17 18:46 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
Elijah says...""
ZAKさん

>映画の感想ってラーメンの感想とかと似てるんよね
↑この意見…とても解りやすい例えで、大いに納得してしまいました。
結局、人ってナンダカンダ言いつつも、同調されたいんですよねー。
だけど、いざ自分が逆の立場になっちゃうと、否定もしたい自分がいたりして…。
で、その狭間で悩んじゃうみたいな。

だけど、確かにZAKさんの言う通り、人にはそれぞれの【基準】というものがあるんだし、最終的に『あぁ合わないんだ、俺は合うのに』って思えたら、それでいいんじゃないかなと僕も思えました。
恋愛も然りですよね。

なんか今回のZAKさんのコメント…僕の心にかなりヒットしました。
【肯定】の意見、本当にありがとうございます!
あ~、ZAKさんのファンになっちゃいそうだな~(笑)。
【イラちゃん】というニックネームも嬉しかったりするので(爆)。
2006.09.17 19:34 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/289-8de9e0ee
該当の記事は見つかりませんでした。