カリブの海賊。

今夏、最大の話題作『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』を観る。
20060731180802.jpg
劇場内は超満員。
映画というよりも、ディズニーランドのアトラクションのひとつのようだった。
前作に比べると、ハラハラドキドキ感がかなり減ったような気がする。
途中、ちょっと中弛みしたり。
脚本に多少の問題ありかも。
なので、僕的には1作目の方が好き。

ところどころ、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズと『キング・コング』を思い出す映像があったので、監督のゴア・ヴァービンスキーはピーター・ジャクソンにかなり影響を受けてるように思えた。
エルフ族のレゴラスも出てるしねー(笑)。
クリーチャーがあまりにも大挙出過ぎてて、ちょっと現実感が薄れてしまって、興醒めしてしまった感あり。

前作とほとんどスタッフ、キャストが変わってない事にも、チームワークの良さが感じ取れた。
大抵、続編作る間に、キャストのひとりが大物になって続編出編を渋ったり、監督が交代するケースも多いので。

ウィル・ターナー役のオーランド・ブルームとエリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイはもちろん、ほとんどのキャストを英国俳優で固めていたのも、僕好みで嬉しかった。

デイヴィ・ジョーンズ役のビル・ナイ。
pirates_of_the_caribbean_dead_mans_chest_ver6.jpg
秀作『ラブ・アクチュアリー』で売れないロックンローラー役で出演してたチョイワル親父。
彼が時折見せる寂しげな表情が、実はデイヴィはいい人なのかも…と思わせるものがあった。
ノリントン役のジャック・ダヴェンポートのキャラクターの変わりように少々びっくり。
ずっと彼の事をどこかで見た事あるなぁ…と思ってたら、『リプリー』でマット・デイモンに恋した挙句殺されてしまうゲイ役の人だと知って、更にびっくり。
ベケット卿役のトム・ホランダーがまたまた憎々しいキャラクターで出演してて、『プライドと偏見』同様、キーラ演じる【エリザベス】にねちっこく迫る。

今作では、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウとエリザベスの関係に微妙な変化がある。
ジャックは親しみを込めて、エリザベスの事を愛称のリジーと呼んでいたけど、戸田奈津子女史の字幕ではそのままエリザベスと訳していた。
こういう訳し方に、感情の微妙なズレを感じるのが残念だった。

今作のエリザベスのキャラは、強かだった。
pirates_of_the_caribbean_dead_mans_chest_ver5.jpg
ここで、彼女に対する印象が分かれるかも。

ジョニーはコミカル演技担当という感じだった。
pirates_of_the_caribbean_dead_mans_chest_ver3.jpg
なぜ、この映画のキャッチコピーが【さらば、ジャック・スパロウ――】なのか不思議だったけど(3作目にも出るので)、クライマックスを観て大いに納得。

ラスト、出演すると聞いてた俳優がなかなか出てこないので、『あれ~??』と思ってたら、最後の最後に登場。
そのシーンに思わず鳥肌が立ってしまった!!
彼のニヤリとしたフェイス・アップで物語はフェイドアウト。
思わぬクリフハンガー方式に、『えーっ、ここで終わりかよーーっ。早く続きが観たいーーーっ。』と思わずにはいられなかった。
いろんな問題を残しながら、ひとまずシリーズ完結編へ!!!

気になる『パイレーツ・オブ・カリビアン3』は、2007年5月26日全世界同時公開!!
クソーッ、年内に観たかった!!!
チョウ・ユンファとジャックのモデルとなったキース・リチャーズ(カメオ)も出演する。

ジョニーとオーリー、2人ともカッコよかったなぁ。
もし、どちらか選べと言われたら、どっちを選ぶ??
今回は、オーリー!!!!!
pirates_of_the_caribbean_dead_mans_chest_ver4.jpg
だって、清潔感ある正統派で、めちゃくちゃ男前だったもん。
キーラもそうだけど、端正でクラシックな顔立ちだからこの時代の作品がとても似合うんだよねー。
やっぱ、オーリーってエロール・フリンに似てる。

…という感じで、前作にはやや劣るものの単純に楽しめる海洋冒険活劇でした☆
ちなみに前作同様、今回のエンドロール後のおまけ映像は、あんまりインパクトがなかったなぁ。

MEMO:梅田ブルク7
2006.7.30 16:20
金券ショップ1280円
森部さん
点数評価:75点

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Chocolate says..."あのタコは"
こんばんわっ。

イライジャさんのレビュー見てスッキリしました。
あのタコオヤジは「ラブアクチュアリー」の
チョイ悪オヤジだったんですねー。
これでスッキリです。(笑)
いやどっかで見たことある顔だな~とは思ってたんですけど、
何せタコですから・・・

映画は私は結構ギャグ満載で面白かったです。

おっ、亀田君世界一だ!
2006.08.02 21:50 | URL | #- [edit]
Elijah says..."●Chocolateさん"
こんばんは☆

そうですよー。
あのタコオヤジは、『ラブ・アクチュアリー』のチョイ悪オヤジだったんですよー。
スッキリして貰えてよかったです(笑)☆
でも確かにタコだから、あれじゃあ分からないですよねー。

Chocolateさんはこの作品、楽しめたようですね!
僕はギャグに重点を置くよりかは、もうちょっとストーリーをしっかりしてほしかったです。。。

もはや疑惑の世界一の亀田君ですね…。
2006.08.04 01:20 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/252-c99595e0
該当の記事は見つかりませんでした。