カッコいい40代と、悩める30代。

昨日、梅田で女子友達2人と映画を観に行った。
チョイスした作品は、『M:i:Ⅲ』で。
mission_impossible_iii_ver2.jpg
前作より6年ぶりとなるシリーズ3作目。
製作・主演は言わずと知れたトム・クルーズ。
デヴィッド・フィンチャーからジョー・カーナハン、そして最終的にJ.J.エイブラムスへと監督が二転三転。
共演者にケネス・ブラナー、キャリー=アン・モス、スカーレット・ヨハンソンも最初は出演契約を交わしていた。
出だしから最後までずっとハラハラドキドキしっぱなしだった。
この点は、エイブラムス監督の起用が功を奏したっていう感じかも。
彼が製作したTVシリーズ『フェリシティの青春』のケリー・ラッセルにショーン役のグレッグ・グランバーグまでも登場してたのが、興味深かった。
今作でのトム演じるイーサン・ハントには、笑顔が多かった印象がある。
脚本にトムの私生活の幸せ度が大いに反映されてたような気がする。
イーサンの恋人ジュリア役のミシェル・モナハンは、トムの実生活でのパートナーのケイティ・ホームズに見えて仕方がなかったり。
今作はイーサンだけが大活躍する訳でもなくて、本来のTVシリーズ『スパイ大作戦』を彷彿させるような仲間での行動が強調されていたのもよかった。
全作出演のヴィング・レイムス(ルーサー役)に、紅一点のマギー・Q(ゼーン役)に、ジョナサン・リス=マイヤーズ(デクラン役)がイーサンを支える。
マギーのスタイルの良さには驚かされた。
勝手に中国人だと思っていたら、フランス&アイルランド系米国人の父とベトナム人の母を持つ人だった。
『アレキサンダー』以来となるジョナサン。思ってたより、出番が多くて嬉しかったり。久しぶりにカッコいいと思った。
主演作の『マッチポイント』が今から楽しみになってきた。
シリーズ第1作目のあの有名シーンも再見できるし、前作ではサングラスに仕掛けられてた指令のやり方も今回はこれかという感じだったし、定番の他人に成りすます方法まで詳しく見れたり。
ホントにいろいろ楽しめた。
アイデアはすでに使い古されたものばかりだったけど、それを巧くアレンジして見せたエイブラムス監督の手腕は評価すべき。
シリーズ初にして描かれたIMFの内部。
イーサンの上司であり指揮官ブラッセル役にローレンス・フィッシュバーン。
ますます太っていくモーフィアス…。
イーサンの同僚マスグレイブ役にビリー・クラダップ。
僕、彼のファンでもあるから、この起用も嬉しかった。
私生活では長年連れ添ったメアリー=ルイーズ・パーカーを妊娠中に捨てて、クレア・デインズの元に走ったのはかなりのイメージダウンだったけど。
そして今回の悪役はフィリップ・シーモア・ホフマン(オーウェン・デイヴィアン役)。
なんてったって今年のアカデミー賞の主演男優者とくる!
彼がこの手の作品に出るのは、もうホントに意外性があって楽しみで。
『マグノリア』で共演して親しくなったというトムたっての希望で出演したのかなぁ。
ブチギレるシーンはさすがだね。
彼にしては珍しいアクション・シーンも見れて、面白かった。頑張ってる、頑張ってるって。
今作のお気に入りシーンは、やっぱりイタリア・バチカン王国への侵入シーンだなぁ。
あぁ、僕もトムと同じように司祭の格好をしたい。
私生活での奇行ぶりでかなりのイメージダウンとなったトムだけど、やっぱりスクリーンの中ではめちゃくちゃカッコよくて。
クライマックスで全速力で突っ走るシーンがあったんだけど、引きのシーンでちゃんと本気で走ってて、その俳優根性に恐れ入りましたって感じだった。
40過ぎてのあの走りっぷりは、ホントに凄いと思う。
あのイメージダウンさえなければ、本国アメリカでもっとヒットしたかと思うと残念で仕方がない。
カニエ・ウェストがあの有名なテーマ曲を担当したと思ってたけど、実際はエンドロールに流れる一曲を担当しただけだった。
今作はトムが一本背負いではなかったところにも、好感が持てた。
イーサンのキャラも前2作はただカッコいいだけだったけど、今作は彼の内面も描かれて、より人間味を感じれたし。
僕はシリーズ中、今作がいちばん好きかも。
なので、大甘のラストシーンもなんだか許せる。
ホントにこれでシリーズ完結とも思える大団円だったから。
mission_impossible_iii_ver3.jpg
次に彼女たちと観に行くことになったのは、予告編を見ただけで泣きそうになった『ワールド・トレード・センター』
20060709192110.jpg
N.Y.911事件を救出に向かう消防士側から描いた実話で、ニコラス・ケイジの激ヤセぶりに鬼気迫るものを感じる。監督もオリバー・ストーンとくるから、少し期待。
MEMO:ナビオTOHOプレックス
2006.7.8 14:40
前売り券1300円
吉村ちゃん、ナカジ
点数評価:80点

映画鑑賞後は福島に出て、吉村ちゃんおススメのイタリアンへ。
店の名前は、イタリア食堂 TAVERNA PORCINI
予約しないと、絶対に入れない人気店で。
今回は彼女が、一ヶ月前に予約を入れてくれた。
2階立てで座席も26席とこじんまりとしてる。
まず驚いたのが、値段。
福島ってどこも結構いい値段するんだけど、かなりのリーズナブルで。
それでいて、味は美味しくて。
ここの『前菜10種盛り合わせ』は絶品!
20060709195603.jpg
ほかに食したのは…。
●枝付き干しぶどうと干しイチジクと干しアプリコット
↑もう大好きなドライフルーツで、おかわりしちゃいました☆
●自家製いろいろ野菜のピクルス
↑ピクルス大好き☆
●シーザーサラダカリカリベーコン
●ツナのアンチョビクリームスパゲッティー
↑アンチョビ大好き☆
●大人気!! 当店おすすめプレーンピッツァ
●ゴルゴンゾーラチーズと松の実のリゾット
●フランス産鴨胸肉のグリル バルサミコソース
↑鴨大好き☆
●本日のドルチェ5種盛り合わせ
20060709195702.jpg
そして。銘柄忘れちゃったけど、白ワインに赤ワインをそれぞれボトルで。
もうホントにどれも美味しくて。
店員さんもフレンドリーでとてもカジュアルでイイ感じ。
予約時間より早く着いちゃって、気づけばTotal.5時間。
延々と食べて飲んで話して。嫌な客だったろうけど(苦笑)。
だけどこれだけ食べて飲んで、ひとり5000円で済んだのもかなりの驚きで。
ホント、福島でこの値段はあり得ないから。
『ピアノピアーノ』とかだったら、軽く10000円はいってると思う。
まだまだ食べ切れてないメニューもあるので、また行かねば。
5時間喋り倒したというのに、2次会へ。
目の前にある系列店のSHOT BARBAR PORCINIで。
20060709204402.jpg
ここでもドライフルーツをリクエストして(メニューになかったんだけど、聞いたらさっきまで居た店に取りに行ってくれた)、アルコールを飲んで。
今日集まったメンバーは僕も含めて3人とも、30代で。
僕の周りの仲良しの女子友達は、なぜか独身者が多い。
みんな綺麗で可愛かったり、性格もいいのに。そういう僕も独身だけど。
昨日は30代になってからしか分からない悩みや考えとかを、珍しく語り合ったりした。
いつもはおちゃらけた話とか、芸術の話をしたり。
職種は違うけど、働く環境は同じなので仕事の話もしたり。
もちろん、恋バナもしたり。
昨日は彼女たちが好きな岡本太郎の話を聞いたり、マンションを買うべきかどうかの話をしたり。
30代の独身者が必ず言われる『結婚しないの?』とか『子どもは?』とか、そういう類の質問が増えたよねとか話したり。
多分、言う方は何気なく聞いたりしてるんだろうけど、言われる方は堪える時もあって。
別に好きでシングルでいる訳でもなく。ただ、いい出会いがないだけであって。
その辺りの30代の悩める本音トークをして、更に彼女たちを近くに感じることが出来たり、なんだか嬉しかった。
2人と別れた帰りしな、改めて思った。
パートナーがいないからといって、決して不幸ではないということ。
パートナーがいるからといって、幸せだとは限らないということ。
幸せのバロメーターはそれだけじゃないのだから。
こんなシンプルなことに気づかされた。
もちろん、パートナーがいるにこしたことはないけど。
やっぱり僕には友達も大事な存在だと強く思えた心地いい一日だった。
ふと誰かに言われた言葉を思い出した。
『恋人は別れたらそれきりだけど、友達は永遠だから。』
今はこの言葉が、心に沁みる。
…という訳で、ステキな週末でした☆
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

江角とーる says...""
お久し振りのご挨拶♪
言わずと知れてるアタクシも「もーすぐ30歳に突撃シングル」のその一人。
たまにはアタクシとも遊んでくださいな(^^)
2006.07.10 00:29 | URL | #- [edit]
Elijah says..."●江角とーるさん"
お久し振りのご挨拶…どうもありがとう☆
とーるちゃんも、もーすぐ30代に突入なんだねー。早いものだ!
…と言うか、シングル?
あれ??あの彼氏さんは???
うん。聞きたいコトあるから(笑)、近いうちに遊ぼうよ☆
2006.07.11 01:43 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/235-5c3ff9e5
該当の記事は見つかりませんでした。