映画年間ベストテン2016。

2016年に鑑賞した映画は261作品(映画館18作品+家243作品)。
その中から、映画年間ベストテン2016決定。

01◆サウルの息子◆(ハンガリー/2015)
【最期まで<人間>であり続けるために──】
サウルの息子

02◆X-MEN:アポカリプス◆(アメリカ/2016)
【最後の敵は、神。】
X-MEN:アポカリプス

03◆ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー◆(イギリス/2014)
【バレエ・ダンサーを目指す少年の姿を描いた映画『リトル・ダンサー』がミュージカルになっていよいよ日本上陸!
少年はバレエに出逢い、輝き出した ぼくの夢は“ロイヤル・バレエ団で躍ること”】
ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー

04◆ヒトラー暗殺、13分の誤算◆(ドイツ/2015)
【あの時、目を開けていたのは、僕だけだった。
ヒトラーが最も恐れた暗殺者は、平凡な家具職人だった。】
ヒトラー暗殺、13分の誤算

05◆おみおくりの作法◆(イギリス=イタリア/2013)
【人と出会い、死と向き合い、人生は輝きだす。】
おみおくりの作法

06◆マーシュランド◆(スペイン/2014)
【圧倒的評価!
魂を揺さぶる衝撃!スパニッシュ・ミステリーの最高傑作誕生!!
連続少女惨殺事件。町を飲み込む巨大な悪意。事件を追う二人の刑事。】
マーシュランド

07◆ライオット・クラブ◆(イギリス/2014)
【美しく気高く腐った男たち。
英国名門オックスフォード大学に実在する上流階級限定の秘密クラブ】
ライオット・クラブ

08◆アイ・オリジンズ◆(アメリカ/2014)
【すべての生物に通じる魂の秘密を求める科学者が、失われた恋人の魂を探しに旅に出る。
そこで出会った驚きの真実。「アナザー・プラネット」の監督が贈る、珠玉のSFラブストーリー。】
アイ・オリジンズ

09◆シンデレラ◆(アメリカ/2015)
【本当の魔法は、あなたの勇気。】
シンデレラ

10◆妹の誘惑◆(イタリア/2011)
【お兄ちゃん、もっとちゃんと、私を見て・・・】
妹の誘惑
関連記事
スポンサーサイト

5 Comments

sabunori says..."明けましておめでとうございます。"
Elijahさん、お邪魔します。
2016年ベスト10出ましたね~。
243本もお家鑑賞されたのですか!す、すごすぎる・・・。
Elijahさんのベスト10作品で私が鑑賞済みなのはわずか1本「おみおくりの作法」のみ。
ま、いつものことですよね。(笑)
この作品のラストシーンの予想さえしていなかった展開に鳥肌がたつほどでした。
Elijahさんのベスト1、「サウルの息子」はかなり評価が高い作品ですね。
昨年は心情的にこの手のヘビィな作品はどうしても鑑賞する気持ちになれず
スルーしてしまいましたが鑑賞していたら私もきっとベスト10入りしていたんだろうなぁ。
未観作品の中で特に気になるのは「ライオットクラブ」ですね。
登場人物の男子を見ているだけで笑みがこぼれてしまいそう・・・。(笑)

今年も自分のペースで好みの作品をガンガン鑑賞していきましょう。
本年もヨロシクお願いいたしまーす。
2017.01.02 23:26 | URL | #JalddpaA [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん、明けましておめでとうございます!
はい、気付けば243本お家鑑賞していたのですが、これでも2015年より70本弱減ったことになります(笑)。

『おみおくりの作法』確かsabunoriさんのBlog記事を読ませてもらって見てみようと思ったのもあります。
ほんと最後の展開は想像もつかなかったので驚きましたし、主人公に対して安堵というか報われて良かったという想いも強く出て感動しました。
『サウルの息子』はユダヤ人が同じユダヤ人に対して処理をするゾンダーコマンドの存在を本格的に知ることができ、余りにも非情な立場に言葉を失い、その見せ方(カメラワーク)も独特かつ衝撃的で圧倒されてしまいました。
観終わった瞬間は「今年はもうこの作品を超える映画とは出逢えないな」と直感したほどです。
『ライオット・クラブ』は笑みがこぼれるどころか始終ストレスフルな映画で登場人物男子みんながとんでもない「クズ」だったりします(苦笑)。
でも、ものすごく印象に残る一本となりました。
この作品、『シング・ストリート 未来へのうた』と同日ハシゴしたのですが、本来なら爽やかな『シング・ストリート』の方が好みでベストテンに入るであろう映画なのに、『ライオット・クラブ』の余りのストレスフルぶりに動揺&感化されてしまい、『シング・ストリート』の物語の展開が生温さと甘ちゃんに見えてしまい印象が薄くなるという影響まで及ぼしてしまいました^^;。

はい!2017年もmyペースで自分が観たい作品を追いかけていこうと思っています♪
こちらこそ本年もどうぞ宜しくお願いします☆
2017.01.03 12:23 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
ここなつ says..."はじめまして"
ここなつと申します。はじめまして。
ベストに「ライオット・クラブ」を入れていらっしゃったので、思わずご訪問させていただきました。
私も「ライオット・クラブ」を鑑賞して、ベストに入れたものですから…。美しく腐った男達の因果応報は、もっと厳しくても良かったな、と思いつつ、面白かったです。
TBもさせていただきます。
2017.01.11 17:45 | URL | #/qX1gsKM [edit]
Elijah(管理人) says..."ここなつさん。"
ここなつさん、初めまして。
訪問&コメント&TBどうもありがとうございます。

>「美しく腐った男達の因果応報は、もっと厳しくても良かったな」
…確かに仰る通りだと思います。
ただ、上流階級に棲む“美しく腐った男達”の「現実」社会もこんな感じに大してお咎めも無くのうのうと生活をしているんじゃないかな、と想像します。
こういう人たちが後に英国社会を支える基盤になると思うとゾッとしますが・・・。

ほんと強烈な印象を残す(良い意味で)とんでもない作品でした。
2017.01.12 10:45 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
aq99 says..."2016年ブロガーが選んだ映画"
はじめまして。ブロガーのベスト10を勝手に調べて、ブロガーが選んだ映画ベスト10を趣味で作っている者です。
2016年の結果が出ましたので、よろしければご覧ください。
では、これからもお付き合いのほど。
2017.01.25 22:14 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1813-587ff814
2016年鑑賞作品 勝手にベスト10
2016年「勝手にベスト 10 」 をやってみます。 毎年のことながら「 1 年を振り返る」という作業を新年にしている私であります。例年と同様に「2016 年に公開された作品」ではなくて「2016 年に観た作品」のみをランキングします。従って、「2016 年に公開された作品」で 2015 年以前に観たもの ( 映画祭などで 2015 年以前に先行鑑賞したもの ) については、()で「この中な...
極私的 2016年 映画 ベスト10!
完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008) 今年もかなりの豊作だったなと! 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 あくまでも「極私的 」ですので、旧作のDVD、までが入り込む場合もありますが ご了承下さい。 記憶保存装置としてのブログって本当に便利だねえ~とあらためて感心しつつ、以下10本。 ...
該当の記事は見つかりませんでした。