2016年2月鑑賞リスト。

2月の鑑賞。

●映画(映画館)●
02◆スティーブ・ジョブズ◆(アメリカ/2015)
【口先ひとつで、世界を変えた男。】
スティーブ・ジョブズ
MEMO:TOHOシネマズなんば(別館シアター11)
2015.2.19 12:15
ムビチケオンラインGIFTカード1000円
10段階評価:★★★★★★★★★
原題:「スティーブ・ジョブズ」
観た理由:マイケル・ファスベンダー主演作なので。

●映画(TV)●
31◆ライフ・アフター・ベス◆(アメリカ/2014)
【それでも、愛してる
ゾンビとして変わっていく彼女を、彼は変わらず愛せるのか?究極の“すれ違い”ラブコメディがここに誕生!】
ライフ・アフター・ベス
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.1
10段階評価:★★★★★★★☆
見た理由:デイン・デハーンが出演しているので。

32◆クレイジー・ウェディング/最狂にひどい結婚式◆(アメリカ/2015)
【新鋭俳優がこぞってはしゃぎまくる悪ノリ満載のコメディ。
酒にまみれた南国の結婚式で巻き起こる大騒動を描く。】
クレイジー・ウェディング/最狂にひどい結婚式
MEMO:スターチャンネル1(劇場未公開)
2016.2.2
10段階評価:★★★★
見た理由:クリスチャン・クック主演作なので。

33◆ヘルレイザー/ヘルワールド◆(アメリカ/2005)
【"Welcome to Hellworld!" 魔道士軍団の支配は、仮想現実<マトリックス>を媒介にして現世に及ぶ!!】
ヘルレイザー/ヘルワールド
MEMO:DVD(オリジナルビデオ)
2016.2.3
10段階評価:★★★★★★
見た理由:ヘンリー・カヴィルが出演しているので。

34◆トリスタンとイゾルデ◆(アメリカ/2006)
【「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた
愛は死より切なく、そして尊い。
史上最も美しい、禁じられた愛の物語】
トリスタンとイゾルデ
MEMO:スターチャンネル2
2016.2.4
10段階評価:★★★★★★★★
原題:「トリスタンとイゾルデ」
見た理由:ヘンリー・カヴィルが出演しているので。

35◆アナベル 死霊館の人形◆(アメリカ/2014)
【死ヌマデ、遊ンデ。
今なお実在する、史上最も呪われた人形の物語。】
アナベル 死霊館の人形
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.4
10段階評価:★★★★★★★☆
原題:「アナベル」
見た理由:『死霊館』のスピンオフ作品なので。

36◆フェイス・オブ・ラブ◆(アメリカ/2013)
【これは、あなたと逢えた奇跡──。】
フェイス・オブ・ラブ
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.5
10段階評価:★★★★★★★☆
原題:「愛の肖像」
見た理由:ロビン・ウィリアムズが出演しているので。

37◆ドクトル・ジバゴ◆(アメリカ=イタリア/1965)
【胸うつ感動!今世紀の史上を飾る最高の傑作!】
ドクトル・ジバゴ
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.6
10段階評価:★★★★★★★★☆
見た理由:TVM版『ドクトル・ジバゴ』が良かったので。

38◆ドラフト・デイ◆(アメリカ/2014)
【絶体絶命から始まった10分間の逆転ショー】
ドラフト・デイ
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.7
10段階評価:★★★★★★★☆
原題:「ドラフトの日」
見た理由:ジョシュ・ペンスとトム・ウェリングが出演しているので。

39◆フォックスキャッチャー◆(アメリカ/2014)
【なぜ大財閥の御曹司は、オリンピックの金メダリストを殺したのか?】
フォックスキャッチャー
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.7 21:00
10段階評価:★★★★★★★★★
原題:「フォックスキャッチャー」
見た理由:ダン・ファターマン脚本&チャニング・テイタム出演作なので。

40◆フォエバー・フレンズ◆(アメリカ/1988)
【男を愛するためだけに、女は生まれてきたのではありません。
ふたりの少女は海辺で出会った。ひとりは歌手に、ひとりは弁護士になることを夢見ていた。
それから30年・・・それぞれが愛に傷つく時でさえ友情が悲しみをうち消していった──。】
フォエバー・フレンズ
MEMO:WOWOWシネマ(『フォーエバー・フレンズ』)
2016.2.8
10段階評価:★★★★★★★★
見た理由:昔から気になっていた作品なので。

41◆ウォーリアー◆(アメリカ/2011)
【批評家が絶賛!格闘技映画の新たなる傑作が、待望のリリース!】
ウォーリアー
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2016.2.8
10段階評価:★★★★★★★★★★
見た理由:ジョエル・エドガートン&トム・ハーディ共演作なので。

42◆激戦 ハート・オブ・ファイト◆(香港=中国/2013)
【迷って、傷つき、涙した──昨日までは。】
激戦 ハート・オブ・ファイト
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.9
10段階評価:★★★★★★★★☆
原題:「負け知らず」
見た理由:エディ・ポンに惹かれたのと劇場公開時に気になっていたので。

43◆ライド・アロング ~相棒見習い~◆(アメリカ/2014)
【アクション!スリル!爆笑!!全米大ヒットのハリウッド・アクション・コメディ!!
超デコボコ警官コンビに、明日はあるのか!?】
ライド・アロング ~相棒見習い~
MEMO:スターチャンネル1(劇場未公開)
2016.2.10
10段階評価:★★★★★★☆
見た理由:米国公開時に気になっていたので。

44◆ブルックリンの恋人たち◆(アメリカ/2014)
【この街で、忘れられない恋をした】
ブルックリンの恋人たち
MEMO:スターチャンネル2
2016.2.13
10段階評価:★★★★★★☆
原題:「一曲目」
見た理由:アン・ハサウェイ主演作なので。

45◆テスター・ルーム◆(イギリス=アメリカ/2014)
【それは、ただの実験のはずだった──
全米&全英大ヒット『ウーマン・イン・ブラック』の制作チームが描く、驚愕の実話。】
テスター・ルーム
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2016.2.14
10段階評価:★★★★★★★★
見た理由:サム・クラフリンが出演しているので。

46◆アイ・オリジンズ◆(アメリカ/2014)
【すべての生物に通じる魂の秘密を求める科学者が、失われた恋人の魂を探しに旅に出る。
そこで出会った驚きの真実。「アナザー・プラネット」の監督が贈る、珠玉のSFラブストーリー。】
アイ・オリジンズ
MEMO:スターチャンネル2(劇場未公開)
2016.2.14
10段階評価:★★★★★★★★★☆
見た理由:マイク・ケイヒル監督作なので。

47◆6才のボクが、大人になるまで。◆(アメリカ/2014)
【すべての瞬間に、「大切」が宿っている。】
6才のボクが、大人になるまで。
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.15
10段階評価:★★★★★★★★☆
原題:「少年時代」
見た理由:イーサン・ホークが出演しているので。

48◆パワー・ゲーム◆(アメリカ/2013)
【お前の会社を潰す!
緊迫の頭脳戦を描いた痛快ビジネス・サスペンス!】
パワー・ゲーム
MEMO:スターチャンネル1
2016.2.15
10段階評価:★★★★★★★★
原題:「偏執」
見た理由:リアム・ヘムズワース&ゲイリー・オールドマン共演作なので。

49◆ジュピター◆(アメリカ/2015)
【『マトリックス』から16年。映像革命の、新章はじまる。】
ジュピター
MEMO:スターチャンネル1
2016.2.16
10段階評価:★★★★★★★☆
原題:「ジュピター上昇」
見た理由:チャニング・テイタム&エディ・レッドメイン&ダグラス・ブース出演作なので。

50◆ふたつの名前を持つ少年◆(ドイツ=フランス/2013)
【ひとつの名前は愛を、もうひとつは勇気をくれた──】
ふたつの名前を持つ少年
MEMO:スターチャンネル1
2016.2.17
10段階評価:★★★★★★★★
原題:「走れ少年、走れ」
見た理由:題材に惹かれたので。

51◆KRISTY クリスティ◆(アメリカ/2014)
【学生寮に忍び込む、謎のマスク集団。正体不明、動機は──“クリスティ”を殺すこと。】
KRISTY クリスティ
MEMO:WOWOWプライム(日本語吹替版)
2016.2.18
10段階評価:★★★★★☆
見た理由:ルーカス・ティルが出演しているので。

52◆ゴシップサイト 危険な噂◆(韓国/2014)
【なぜ、彼女は亡くなったのか・・・・・・美人女優の自殺に隠された闇の情報サイト
衝撃の謎を追うサスペンス・アクション!】
ゴシップサイト 危険な噂
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2016.2.22
10段階評価:★★★★★★★
原題:「チラシ:危険な噂」
見た理由:キム・ガンウ主演作なので。

53◆オキュラス/怨霊鏡◆(アメリカ/2013)
【決してその鏡の前に立ってはいけない・・・】
オキュラス/怨霊鏡
MEMO:WOWOWシネマ
2016.2.23
10段階評価:★★★★★★★★★
見た理由:ブレントン・スウェイツが出演しているので。

54◆ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠◆(アメリカ/2015)
【将来を嘱望されるエリート検事がエスコート・サービスにはまっていって・・・・・・。
鬼才D・アロノフスキー製作総指揮のもと、多彩なスター陣が集まったエロティックサスペンス。】
ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開/ジャパンプレミア)
2016.2.25 22:00
10段階評価:★★★★★★★☆
見た理由:パトリック・ウィルソン主演作なので。

55◆博士と彼女のセオリー◆(イギリス/2014)
【車椅子の天才物理学者ホーキング博士。その知られざる愛の物語。】
博士と彼女のセオリー
MEMO:スターチャンネル2
2016.2.27
10段階評価:★★★★★★★★★☆
原題:「万物の理論」
見た理由:題材に惹かれたのとエディ・レッドメイン主演作なので。

56◆スパイ・レジェンド◆(アメリカ/2014)
【奴が通った後に、生き残ったものはいない】
スパイ・レジェンド
MEMO:スターチャンネル2
2016.2.27
10段階評価:★★★★★★★☆
原題:「ノベンバー・マン」
見た理由:ルーク・ブレイシーが出演しているので。

●ドラマ(TV)●
03◆ダウントン・アビー シーズン4◆(イギリス/2013)
【20世紀初頭の英国貴族の生活を描き、全世界で大旋風を巻き起こしている海外ドラマ、待望のシーズン4。】
ダウントン・アビー シリーズ4
MEMO:スターチャンネル3/NHKテレビ(『ダウントン・アビー4 華麗なる英国貴族の館』)(日本語吹替版)
2015.1.30-2016.2.3(全10話)
10段階評価:★★★★★★★★★★
見た理由:好きなTVシリーズなので。

04◆ロスト・フューチャー◆(アメリカ=ドイツ=南アフリカ/2010)
【世界は滅んだ そして“失われた未来”を取り戻す闘いが始まる】
ロスト・フューチャー
MEMO:DVD(TVM)
2016.2.25
10段階評価:★★★★★★☆
見た理由:サム・クラフリンが出演しているので。

05◆ヒラリー・スワンク ライフ◆(イギリス=アメリカ/2013)
【世界を変えたのは、子供を失った母の愛。
本年度エミー賞最有力!奇跡のアカデミー賞キャスト&スタッフが贈る全米が涙した感動大作】
ヒラリー・スワンク ライフ
MEMO:DVD(TVM)
2016.2.26
10段階評価:★★★★★★★
見た理由:サム・クラフリンが出演しているので。

06◆愛の記憶はさえずりとともに◆(イギリス/2012)
【英国の大ベストセラー小説が原作のラブストーリー。第1次世界大戦の前線で生きる若き青年の苦悩を、
第87回アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメインが熱演。】
愛の記憶はさえずりとともに
MEMO:WOWOWプライム(日本語吹替版)
2016.2.28 16:30(全2話)
10段階評価:★★★★★★★★★☆
見た理由:エディ・レッドメイン&マシュー・グード&リチャード・マッデン出演作なので。

以上。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

rogue says..."こんにちは♪"
王子! こんにちは♪
久しぶりのご訪問になってしまってごめん!

2月の鑑賞作品の数、多いよね!? すごい!
2月の作品リストはバラエティに富んでて面白いし、
まったく知らない作品もあって興味深いです。
・・なんかもうマニアック!(笑)

『ヘルレイザー/ヘルワールド』はシリーズものだよね?
ちょっと気になるシリーズとはいえ一本も観たことがないけど、
ヘンリー・カヴィルが出てたとは驚きました。
下積み時代って感じなのかな?

あっちで言ってたように、サム・クラフリンきてるね。
リリースされている彼の出演作、もう全部観た!って感じの勢いじゃない?
私はなんだかんだで『スノーホワイト』の続編が楽しみです♪

ところで今月のヘッダー、全部ファスベンダーさんかと思ってたら、
よく見たら下はマティアス・スーナールツさんだった・・。
この二人、似てるかも!?
2016.03.03 11:29 | URL | #mQop/nM. [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん、こんにちは!コメントありがとう♪
うん、気付いたら1月&2月だけで56本見てるからかなりハイペースかも(汗)。
好きな俳優の出演作で選んだらバラエティに富んだ、っていうのも大きいと思うけど、いろんな作品を見てるrogueさんがそう思うくらいだから「マニアック」なのは間違いないと思う(笑)。

『ヘルレイザー/ヘルワールド』はシリーズ物だよ。僕が見たのは第8作目。
実は僕もこのシリーズを1本も見たことがなくて、今回ヘンリー・カヴィルの為だけに見たって感じ(笑)。
ブレイク前の下積み時代に出てた作品だったけど、結構出番もあって最後の方まで生き残ってくれてたからそれなりに見応えあったよ。
ちょっとおバカさんなキャラだったし、今となっては貴重だと思う^^。

サム・クラフリンはこれまでも作品を追っていたけど、『あと1センチの恋』を見て急激に恋におちた感じ♪
rogueさんの鋭い勘通り、メインで出てる日本解禁の出演作はコンプリート達成(笑)!
『スノーホワイト/氷の王国』はキャストが豪華で楽しみだよね☆
ちなみに次に自分的に“来る”男優はトム・ヒドルストンで愛再燃って感じ^^。

ヘッダーのミヒャエルとマティアス・スーナールツは似てる構図で配置したのもあるから余計にそう感じるのかも。
うん、確かに雰囲気的に似てると思う!ほんとヨーロッパの男優は素敵☆
2016.03.04 13:21 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1769-0721220e
該当の記事は見つかりませんでした。