スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画(映画館)年間ベストテン2014。

2014年に映画館で鑑賞した映画は16作品(家で鑑賞した映画は231作品)。
その中から、映画(映画館)年間ベストテン2014決定。

01◆グランド・ブダペスト・ホテル◆(アメリカ=ドイツ/2014)
【“伝説のコンシェルジュ”が究極のおもてなしとミステリーで皆様をお待ちしております。】
グランド・ブダペスト・ホテル



02◆シンプル・シモン◆(スウェーデン/2010)
【磁石と同じ。正反対だから惹かれ合うんだ。
スウェーデン発、観た人が100%幸せになるハートフル・ラブコメディ】
シンプル・シモン



03◆X-MEN:フューチャー&パスト◆(アメリカ/2014)
【地球最期の頂上決戦
究極のオールスターVS史上最強の敵】
X-MEN:フューチャー&パスト



04◆ニューヨークの巴里夫(パリジャン)◆(フランス=アメリカ=ベルギー/2013)
【この恋、最後から何番目?
セドリック・クラピッシュの傑作“青春三部作”遂に完結!】
ニューヨークの巴里夫(パリジャン)

05◆ぼくを探しに◆(フランス/2013)
【音楽、スイーツ、不思議なハーブティー。しあわせの鍵は、記憶の中にある。】
ぼくを探しに

06◆GF*BF◆(台湾/2012)
【想いの深さだけ、僕たちは心に嘘をついた。
彼と彼女、彼女と彼、彼と彼の、27年間にわたる愛の物語。】
GF*BF

07◆17歳◆(フランス/2013)
【若さはいつも美しくて愚かしい】
17歳

08◆天才スピヴェット◆(フランス=カナダ/2013)
【泣き方だけが、わからない。】
天才スピヴェット

09◆ザ・ゲスト◆(アメリカ/2014)
【この訪問者(ゲスト)には、想像を超えた<裏>がある。】
ザ・ゲスト

10◆FRANK -フランク-◆(イギリス=アイルランド/2014)
【被っているから、自分でいられる。】
FRANK -フランク-
関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

sabunori says..."明けましておめでとうございます"
Elijahさん、こんばんは。
やっと2014年ベスト10がUP出来たので遅ればせながらお邪魔させていただきましたー。
「シンプル・シモン」「ニューヨークの巴里夫」「ぼくを探しに」「FRANK」。
どれも観たいなーと思いつつ、時間がなかったりタイミングを逃したり・・・。
やっぱりエイヤッと観にいかねばいけないですね。後悔後悔。
Elijahさんの今年の劇場鑑賞1作目は「シン・シティ」でしょうか?
私はそんな感じになりそうです。
今年も交差点の少ない、でもお互いに気になる存在・・・
そんなおつきあいが出来たらいいですね。
本年もヨロシクお願いいたします♪
2015.01.05 21:19 | URL | #JalddpaA [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん、新年おめでとうございます!コメントとTBありがとうございます♪
『GF*BF』をようやく劇場で観る事ができました。『あの頃、君を追いかけた』もWOWOWで見れてなかなか良かったです。
台湾発の青春映画はどれも本当に甘酸っぱい秀作が多いですね。
『シンプル・シモン』と『ぼくを探しに』はぜひいつか見てもらいたい作品です。
今年の劇場鑑賞1作目は『シン・シティ2』の予定です。
でも、今年もお家鑑賞メインになると思います。
もうすっかり映画館に時間を拘束される鑑賞の仕方が好みじゃなくなってきました。
劇場まで観に行くのは好きな監督の新作と男優の主演作ですね(なので、『シン・シティ2』もお目当てのジョセフ・ゴードン=レヴィットが主役ではなさそうなので観るか迷ってます)。
今年はどれだけsabunoriさんと「交差点」があるのか楽しみです。
こちらこそ2015年もどうぞヨロシクお願いします♪
2015.01.06 10:07 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1689-0bfdab81
2014お気に入り映画ベスト10
2014年は劇場鑑賞数がガクンと減りわずか80本。特にハリウッド映画の鑑賞数は激減し、アジア色がいつもに増して濃くなった1年でした。毎年別枠で選出しているアジア映画ベスト10のようなラインナップとなりましたがとりあえずコレが私の2014年年間ベスト10です。1.グォさんの仮装大賞(中国)張楊(チャン・ヤン)監督の作品は一貫して弱者に光を当てた優しく、そして力強いものばかり。本作もまた老いとは...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。