真夜中のパーティー。

真夜中のパーティー
『真夜中のパーティー』(アメリカ/1970)
◆粗筋(WOWOWより引用)◆
NYマンハッタンのイーストサイドのアパートに住むマイケルは、
友人のハロルドの誕生日を祝ってパーティーを開き、
そこに、ドナルドやエモリー、バーナードら、いずれもゲイの親しい仲間たちが集結。
ところが、皆がにぎやかに盛り上がっているところへ、
マイケルの大学時代の友人であるストレートな青年アランが、
何やら心配事を抱えて突然押しかけてきたことから、
次第にその場を気まずい空気が流れるようになって・・・。
◆感想◆
WOWOWシネマで鑑賞。
ようやく「伝説」の作品を見られた。
1970年公開の作品なのに全く色褪せる事なく今の時代でも通ずる作品。
もとが舞台劇なだけに台詞が抜群で面白かった。
その台詞の一語一句が端的にGAYの人生や生活を生々しく表現している。
少しテネシー・ウィリアムズを思い起こさせるような世界観。
男性が女性の生理や出産の痛みを想像できないように、
この登場人物の想いや痛みもGAYにしか理解できないと思えた。
今の旬の男優たちでリメイク希望!
もし、リメイクするなら(脳内キャスティング)。
マイケル→ベネディクト・カンバーバッチ。
ドナルド→ルーク・エヴァンス。
エモリー→ガエル・ガルシア・ベルナル。
ラリー→トム・ハーディ or ザッカリー・クイント(後者の方が合っているかも)。
アラン→マイケル・ファスベンダー。
バーナード→アンソニー・マッキー。
カウボーイ→アレックス・ペティファー。
ハンク→マシュー・グード。
・・・ハロルドが思いつかない(ユダヤ系で32歳前後の男優、誰か居たかな?)
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1564-3ae28940
該当の記事は見つかりませんでした。