愛と乱気流。

恋のときめき乱気流
『恋のときめき乱気流』(フランス/2013)
◆感想◆
「フランス映画祭2013 in 関西」参加。
会員なので、たったの¥500(太っ腹な価格設定!)で鑑賞。
お目当てはリュディヴィーヌ・サニエ嬢。
場内で声に出して笑っている人が多かったし、一般公開しないのは勿体ないでしょ、これ!
こんなに健全で明るく楽しいフランス映画を観たのはかなり久しぶりかもしれない。
他愛のない王道なラブコメだけど、観ていて本当に楽しかった。
ここのところ影のあるリュディヴィーヌ・サニエばかり観てきたので
(『ある秘密』、『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』、『晴れ、ときどきリリー』)、
彼女のキュートな笑顔が新鮮で眩しかった。
相手役のニコラ・ブドスは「濃い」イケメンで魅力的かつ身体も素敵♥♥♥
主演2人のケミストリー効果も抜群で。
サブキャラクターたちのツッコミもいちいち面白くて。
カメラワークと編集も好みで、巧い具合にシーンを繋ぎ合わせて魅せてくれる。
・・・と言う訳で2013年上半期映画館鑑賞終了。
上半期ベストテンを決めなくちゃね(ほとんど決まっているけど)!
◆フランス版予告編◆
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1556-250f7c4f
該当の記事は見つかりませんでした。