韓国の男。

オスカーも無事終わり、アメリカ映画に酔いしれながらも、再び目を覚ました韓国映画への愛。
正直、最近少し飽きが来てたので、うーん…と思ってたら嬉しいニュースが!

ずーっと観たかった『王の男』↓が遂に日本公開決定!!
20060324204603.jpg
07年新春に公開される。
実在した朝鮮10代国王で、奇行や暴君ぶりが伝説となった燕山君(ヨンサングン)をモデルに旅芸人の男2人との愛を描いた作品。
つ・ま・り…韓国ではタブーの同性愛を描いてる。
過去に一本製作して以来。
おまけに、この作品が去年の暮れに韓国で公開されるや口コミで空前の大ヒット!
遂に、歴代1位の記録を保持していた『ブラザーフッド』を追い抜いてしまった!!
なんか、韓国って面白いなーって思ってしまって。
国民に支持されるくらいの内容だから、脚本がしっかりしてるんだろーなー。もともと舞台劇みたいだし。
僕、この時代がスキなこともあって、もうむちゃくちゃ楽しみで☆
王が好意を寄せる旅芸人役のイ・ジュンギ(『ホテルビーナス』に出てた)がかなりの美少年と人気みたいだけど、いやいやもうひとりの旅芸人の方がカッコいいですからー。
その名は、カム・ウソン氏☆
『情愛』の頃からCheck入れてたけど、去年ようやく日本の映画館で見れた『スパイダー・フォレスト 懺悔』は内容はともかく(笑)、彼を見れたとゆーだけで嬉しかったし。
ベトナム戦争物『Rポイント』とコメディ『肝っ玉家族』もいつか見れればいいけど☆
最近、結婚しちゃったけど、新作はソン・イェジンとのドラマだし、これからますます要Checkだ☆

この時代を描いたもうひとつの時代劇も楽しみで。
韓国で現在ヒット中のハン・ソッキュ、イ・ボムス主演の『淫乱書生』↓日本公開未定だけど。
20060324204636.jpg
ヨン様の『スキャンダル』もスキだし、やっぱこの時代の世界観スキだわさ☆
だけど、その前に愛しのイ・ジョンジェ氏主演の『タイフーン』↓も観に行かねば。いよいよ来月8日公開だっ。
20060324204655.jpg
韓国では大本命と言われつつも、同時期公開の『王の男』にギャフンと言わされたので、日本ではチャン・ドンゴン人気にあやかってそこそこヒットするかも。
あー、早くジョンジェの鍛え上げられたモムチャンが見たい!
もー、ホントにスゴイんだからっ(笑)。

そしてそして。
去年韓国で年間1位となった『トンマッコルへようこそ』も秋に日本公開決まったので、楽しみっ。
チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョンの若手演技派たちの名演を期待しつつ☆

もうお涙ちょーだいの韓国映画はオサラバなので、
これからはメロドラマにラブコメよりも、
脚本がしっかりとした作品を観たいなー、と。

韓国の男たちに期待せずにはいられないっ☆

MEMO:2006年3月7日 22:20
mixiより抜粋

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/155-0b69b1bd
該当の記事は見つかりませんでした。