超特急便。

プレミアム・ラッシュ
『プレミアム・ラッシュ』(アメリカ/2012)
◆粗筋(SONY PICTURES JAPANより引用)◆
人と車が激しく行き交うニューヨーク。
究極のテクニックで大都会を疾走するバイクメッセンジャー、ワイリーは、
ある日、知り合いの中国人女性ニマから1通の封筒を託される。
だが、これが悪夢の始まりだった。
闇賭博に身を染めた悪徳刑事マンデーの執拗な追跡、背後にうごめく裏組織の黒い影、
そしてニマを苦しめる政府からの弾圧・・・この封筒にはいったい何が隠されているのか、
そして事件に巻き込まれたワイリーはこの危機を切り抜けることができるのか!
◆感想◆
レンタルDVDで鑑賞。
NYの街を「超特急便」でCoolに疾走する、
ジョセフ・ゴードン=レヴィットの魅力がタマらない!
素直に面白かった!!
ジョーの新作で一番見たかった作品。
もともと今年初めに『マンハッタン・チェイス』の邦題で日本公開が決まっていたにも関わらず、
丁度その前後に日本国内でノーブレーキピストの若者が増えた影響があるのか
DVDスルー扱いになった経緯あり。
物語は至ってシンプルで特に捻りもない展開だけど、見せ方がユニークだった。
時間軸を戻したり、登場人物を別の角度から映したり。
すべてにおいて自転車を軸に行動するところも新鮮で楽しかった。
登場人物の誰かが乗っている自転車が何かにぶつかりそうになる度に
自分の体ものけ反ってしまいそうになる(3Dで見たら面白いかもと思ったり)。
NYマンハッタンが舞台なだけにキャストも多国籍だったな。
とにかく、色んな表情のジョーが見られてキャアキャア状態。
正直なところ、作品的にも『LOOPER/ルーパー』よりこちらの方が好み。
91分という短い上映時間も作品の疾走感にピッタリだった。
そして冒頭にジョーの元同級生役(っぽい)で
1シーンだけ出演していたのはアーロン・トヴェイト。
本筋に絡んでくるかなと思っていたけど・・・残念。
ここでも髪型が違っていて、最初は気付かなかったよ。
◆予告編◆
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1544-ade6398f
該当の記事は見つかりませんでした。