愛の詩。

①★カルチャー雑誌『Cut』3月号★
20060324203354.jpg
今月号は、この秋公開のシリーズ完結編『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』のメンバーが表紙。
久し振りにあの5人が顔を揃えてのShot。
もっちろん、映画本編では完結編に相応しくすべてのキャストが勢ぞろい。こりゃあ、もう期待せずにはいられないっすわ!
ちなみに僕が好きなのは、スタイリングを真似したい…うっちー!

♪やっさい もっさい ソレソレー!!♪

ほかにも『Cut』ならではのチョイスで、
これから公開の期待の新作映画55本を一挙紹介。
読んでるだけで、ウハウハ状態。
Elijahイチオシのソフィア・コッポラ×キルスティン・ダンスト=『マリー・アントワネット』も2007年公開でラインナップされてるっ。

②★ボディケア『bio leaves』★
20060324203407.jpg
不意に届いた友人ツージィからの贈り物。
『UNITED ARROWS』の袋を開封すると、中に入っていたのは、
『Agronature』の『bio leaves』からボディケアとオシャレなカタログが。
彼女が僕をイメージしてチョイスしてくれた物は、
ボディソープとミント味の歯磨き粉。
そのパッケージはイタリアの製品らしく、とても洗練されていて僕好み。
更にコレで美しさに磨きをかけますっ。←バカ。
贈り物を開封した瞬間の彼女のセンス溢れるラッピングに始まり、
メッセージカードは本当に人柄の良さと温もりとさりげない優しさを感じて。
ますます彼女のコトが大好きになる(愛の告白)、キャッ。
この場を借りて、心からありがとう。

③★今井美樹『20051211IVORY』★
20060324203416.jpg
最もいちばん好きな男性ヴォーカリストが平井堅ちゃんとするならば、
女性ヴォーカリストは彼女。
待ちに待ったライブCD発売。
去年11月末に観たコンサートが早くも音源化。
デビュー20周年を意識したベスト選曲で。
ファン歴14年半。僕のイコン。
今日は朝の通勤途中からずーっと聴きっぱなしだった。
やっぱり彼女の透明感ある声が大好きだわん☆

♪さよならをするために
誰もがめぐり逢うなら
それでもなお同じ笑顔に
もう一度出逢いたい

今、この言葉を疎遠となった愛する友人と、
もうじきベルリンへ旅立つ友人に贈りたい。

そして、自分に。

♪風やまない夜を越えて歩いてゆく
たった一度だけの人生を逃げないで
涙あふれ傷ついても
あなたのこころは死なない

MEMO:2006年2月22日 19:23
mixiより抜粋

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/153-d224a475
該当の記事は見つかりませんでした。