2013年4月ショービズ・リスト(TV)。

4月に家で鑑賞したショービズ。

●TV(映画)●
61◆運命の元カレ◆(アメリカ/2011)
【「経験数」×「ハッピーエンド」の関係は?!
ポジティブにヤル気満々♪オトナなラブ・コメディ!
「過去に何人と関係アリ」か気になる?】
運命の元カレ
MEMO:スター・チャンネル(劇場未公開)
2013.4.2
五つ星評価:★★★☆
見た理由:クリス・エヴァンスが出演しているので。

62◆わすれた恋のはじめかた◆(アメリカ/2009)
【この恋が元気をくれる。ジェニファー・アニストン&アーロン・エッカート、
豪華共演で贈る大人のラブストーリー!】
わすれた恋のはじめかた
MEMO:ムービープラス(劇場未公開)
2013.4.3
五つ星評価:★★★
見た理由:アーロン・エッカート&ジェニファー・アニストン共演作なので。

63◆フライトナイト/恐怖の夜◆(アメリカ/2011)
【2012年最初のきもだめし
ようこそ、戦慄の3Dホラー・バトルへ!】
フライトナイト/恐怖の夜
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.4
五つ星評価:★★★
原題:『恐怖の夜』
見た理由:コリン・ファレルが出演しているので。

64◆最低で最高のサリー◆(アメリカ/2011)
【『(500)日のサマー』のスタジオが贈る、
ポップでキュートなスイート&ビター・ラブストーリー!
自信家で身勝手で意地悪。でも君に恋をした。】
最低で最高のハリー
MEMO:スター・チャンネル(劇場未公開)
2013.4.5
五つ星評価:★★★☆
見た理由:キャッチコピーに惹かれたので。

65◆初体験/リッジモント・ハイ◆(アメリカ/1982)
【あの時は誰だってワクワクでドキドキなんだ!!】
初体験/リッジモント・ハイ
MEMO:IMAGICA BS
2013.4.5
五つ星評価:★★★★
見た理由:昔から見たかったのとショーン・ペン主演作なので。

66◆パニック・フライト◆(アメリカ/2005)
【地上3万フィートの密室を舞台に、
テロリストの陰謀に巻き込まれた女性の必死の攻防を描いた航空サスペンス。
『スクリーム』シリーズのウェス・クレイヴン監督による、
ジワジワとスリルを盛り上げるサスペンス演出が鮮やかだ。】
パニック・フライト
MEMO:スター・チャンネル(劇場未公開)
2013.4.5
五つ星評価:★★★☆
見た理由:見直したかったのとキリアン・マーフィが出演しているので。

67◆ウィンターズ・ボーン◆(アメリカ/2010)
【家族のために未来のために彼女は大人になるしかなかった──】
ウィンターズ・ボーン
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.6
五つ星評価:★★★☆
原題:『冬の骨』
見た理由:ジェニファー・ローレンスの代表作なので。

68◆ディア・ブラザー◆(アメリカ/2010)
【『マネーボール』のスタッフ×オスカー女優ヒラリー・スワンク!
兄の冤罪を晴らすために戦った女性の姿を描く、真実の物語!
ある日、兄が犯罪者にされた。絆だけが唯一の証拠だった。】
ディア・ブラザー
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2013.4.6
五つ星評価:★★★★
見た理由:題材に惹かれたので。

69◆テンペスト◆(アメリカ/2010)
【私に抱かれて、世界よ眠れ。】
テンペスト
MEMO:ザ・シネマ
2013.4.7
五つ星評価:★★★
原題:『嵐』
見た理由:ウィリアム・シェイクスピア作品なので。

70◆青い塩◆(韓国/2011)
【辛くて切ない、無償の愛】
青い塩
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.7
五つ星評価:★★★☆
原題:『青い塩』
見た理由:イ・ヒョンスン監督作&チョン・ジョンミョンが出演しているので。

71◆プンサンケ◆(韓国/2011)
【おまえはどっちの犬だ
命と命が交錯する境界線上の黙示録】
プンサンケ
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.8
五つ星評価:★★★☆
原題:『プンサンケ 豊山犬』
見た理由:ユン・ゲサン主演作なので。

72◆執行者◆(韓国/2009)
【『プンサンケ』のユン・ゲサン&『悪い男』のチョ・ジェヒョン主演!
法が人を“殺す”のか、それとも・・・。
死刑執行を命じられた刑務官の苦悩をリアルに描いた社会派ドラマ!】
執行者
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2013.4.8
五つ星評価:★★★
原題:『執行者』
見た理由:ユン・ゲサンが出演しているので。

73◆ブロンソン◆(イギリス/2008)
【最高に最低な生きざま】
ブロンソン
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2013.4.9
五つ星評価:★★★☆
見た理由:ニコラス・ウィンディング・レフン監督作&トム・ハーディ主演作なので。

74◆スパイ・バウンド◆(フランス=イタリア=スペイン/2004)
【奴らは、世界の果てまで追ってくる】
スパイ・バウンド
MEMO:IMAGICA BS
2013.4.11
五つ星評価:★★★
見た理由:ヴァンサン・カッセル主演作なので。

75◆ヴァルハラ・ライジング◆(デンマーク=イギリス/2009)
【憎悪が、彼を生かしている】
ヴァルハラ・ライジング
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.11
五つ星評価:★★☆
原題:『ヴァルハラ出現』
見た理由:ニコラス・ウィンディング・レフン監督作&マッツ・ミケルセン主演作なので。

76◆プッシャー◆(デンマーク/1997)
【頭を使え!豚のままでは殺られる。】
プッシャー
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.11
五つ星評価:★★★
見た理由:ニコラス・ウィンディング・レフン監督作なのと
マッツ・ミケルセンが出演しているので。

77◆一枚のめぐり逢い◆(アメリカ/2012)
【一枚の写真が、二人を出逢わせ、愛を揺さぶる。】
一枚のめぐり逢い
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.12
五つ星評価:★★★
原題:『幸運な奴』
見た理由:ザック・エフロン主演作なので。

78◆アデルの恋の物語◆(フランス/1975)
【こんなにも愛ひとすじに生きられるものなのか・・・・・・
愛にかけた女の情念のひたむきな激しさを
名匠トリュフォーが鮮烈に描きつくす不朽のロマン!】
アデルの恋の物語
MEMO:LaLa TV
2013.4.13
五つ星評価:★★★★★
見た理由:昔から見たかったので。

79◆サニー 永遠の仲間たち◆(韓国/2011)
【人生で一番輝いていた日々がまた、やってきた】
サニー 永遠の仲間たち
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.14 21:00
五つ星評価:★★★★★
原題:『サニー』
見た理由:劇場公開時に評判が良かったので。

80◆過速スキャンダル◆(韓国/2008)
【今度の相手は猟奇的な娘と孫!?】
過速スキャンダル
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.15 21:00
五つ星評価:★★★★
原題:『過速スキャンダル』
見た理由:カン・ヒョンチョル監督作なので。

81◆ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-◆(イギリス/2011)
【マンチェスターの魂は熱かった
1958年、突然の悲劇から復活を遂げた真実の物語。】
ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.20
五つ星評価:★★★
原題:『ユナイテッド』
見た理由:題材に惹かれたのとサム・クラフリンが出演しているので。

82◆太陽の帝国◆(アメリカ/1987)
【少年は一人、世界戦争の中で何を見たのか・・・】
太陽の帝国
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.21
五つ星評価:★★★☆
見た理由:スティーヴン・スピルバーグ監督作&クリスチャン・ベール出演作なので。

83◆スノーホワイト◆(アメリカ/2012)
【“おとぎ話”は終わった。今、新たなる「白雪姫」伝説がはじまる!
この夏、世界は、初めて出会う。戦う白雪姫と──。】
スノーホワイト
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.21
五つ星評価:★★★★
原題:『スノーホワイトと狩人』
見た理由:豪華キャスト共演と題材に惹かれたので。

84◆鳥◆(アメリカ/1963)
【恐怖映画の巨匠ヒッチコックの最高傑作
鳥たちが、人間を食いちぎる このショック!凄まじい恐怖が、あなたを襲う!】
鳥
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.23
五つ星評価:★★★
見た理由:先に見た『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』の関連作なので。

85◆ダーク・フェアリー◆(アメリカ=オーストラリア=メキシコ/2011)
【背筋も凍るおとぎ話。
気をつけて!やつらは、暗くなるまで待っている。】
ダーク・フェアリー
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.23
五つ星評価:★★★☆
原題:『暗闇を怖がるな』
見た理由:ギレルモ・デル・トロが製作兼脚本に関わっているので。

86◆ルビー・スパークス◆(アメリカ/2012)
【人が出会い、恋におちるだけでそれはすでに、ミラクル。】
ルビー・スパークス
MEMO:Blu-ray
2013.4.24
五つ星評価:★★★★★
原題:『ルビー・スパークス』
見た理由:もともと劇場公開時に観ようと思っていたので。

87◆今日、キミに会えたら◆(アメリカ/2011)
【2011年サンダンス映画祭グランプリ・審査員特別賞受賞
数々の映画賞に輝いたせつなく、リアルなラブ・ストーリー!】
今日、キミに会えたら
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2013.4.30
五つ星評価:★★★★
原題:『切ないほど好き』
見た理由:評判が良かったのとアントン・イェルチン主演作なので。

88◆ファミリー・ツリー◆(アメリカ/2011)
【ハワイに暮らしていても人生は<楽>じゃない!】
ファミリー・ツリー
MEMO:WOWOWシネマ
2013.4.30
五つ星評価:★★★★
原題:『子孫たち』
見た理由:ジョージ・クルーニー主演作なので。

●TV(海外ドラマ)●
07◆ナース・ジャッキー4◆(アメリカ/2012)
【看護師ジャッキーが活躍するヒューマン・コメディの第4シーズン。
嘘とクスリにまみれたジャッキーが再生への道を歩む。
病院は買収され傲慢な医師がやって来る。】
ナース・ジャッキー4
MEMO:WOWOWプライム(日本語吹替版)
2013.1.31-2013.4.4(全10話)
五つ星評価:★★★★
見た理由:好きなTVシリーズなので。

08◆シェイクスピア21-から騒ぎ◆(イギリス/2005)
【現代英国を舞台に、
シェイクスピア文学を斬新な解釈とスタイリッシュな映像で再創造したシリーズドラマ】
シェイクスピア21-から騒ぎ
MEMO:ザ・シネマ(TVM)
2013.4.10
五つ星評価:★★★
見た理由:ダミアン・ルイスが出演しているので。

以上。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

rogue says..."こんばんは!"
王子!こんばんは♪ ちょっとお久しぶり?です!!

4月のショービズ・リスト(TV)は、私にとっていい感じ(笑)
まず『運命の元カレ』、男性陣が豪華だし、めちゃときめいたよ☆
最初はアンナ・ファリス目線で観てたんだけど、
気づけばクリス・エヴァンスに感情移入してたような。
キャストの豪華さだけでなく、ストーリーも気に入りました。
いつも一緒にいる人が実は自分のことを・・・。こういう恋愛、憧れるわ~!

いちいち裸で登場するクリス・エヴァンスも良かったけど、
彼以外だと、クリス・プラットがいちばん印象に残ってるような。
なんかおいしい役だったよね♪いちいち面白かった!

『最低で最高のサリー』も放送されたんだね!!これめちゃ好き!
私は“サマー”より、断然こっちの方が好きだよ。
演出が自然でよかったと思うわ。二人ともかわいいしね☆
疲れた心を癒してくれる、そんな映画だと思いました。
あとマイケル・アンガラノくんが“先輩役”ってところに時代の流れを感じたな。
アンガラノくんも大人になったな~と、しみじみ親目線(笑)

それと、『ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-』と『スノーホワイト』、
WOWOWでは二日連続でサム・クラフリンだったね!
『スノーホワイト』はシャーリーズ・セロンの美しさにただただうっとり☆
それとあのイケメン二人、どちらかを選べと言われたら、
私は迷わずウィリアム(サム・クラフリン)を選びます!!え?
↑そんなことしか?印象に残らない映画(苦笑)

『ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-』は涙なしでは観れなかったよ(泣)
防げた事故なんじゃないかと思うとほんとにやりきれない気持ちになったな。
スポーツチームのほとんどの選手が不慮の事故で命を落とすなんて、
これほど悲しいことはないよね。それが自分の好きなチームだったらなおさら。

私はこの映画でボビー役のジャック・オコンネルくんのファンになりました。
とてもさわやかだったし、繊細な演技に惹かれたよ。
それにサム・クラフリンを見つめるオコンネルくんがかわいくて☆

オコンネルくん目当てにファスベンダーさん共演の映画も観てみたけど、
オコンネルくんはどうしようもないクソガキ役やったわ(笑)
↑映画のタイトル忘れた(汗)

・・・以上、長々と失礼しました!
2013.05.09 00:14 | URL | #mQop/nM. [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんばんは!
rogueさんはWEB活動のペース、少し落としてるみたいだね。
4月は例の「2週間お試し体験」を駆使してたくさんの映画を見たよ(笑)。

『運命の元カレ』はホント次から次へと登場する男優陣が豪華すぎたよね。
僕的にはザッカリー・クイントとマーティン・フリーマンの登場が嬉しかったな。
こういう趣向、もっと他の映画でも取り入れてほしい!
クリス・エヴァンスのキャラクター、とても良かったよね。
無駄に脱いでくれるサービス精神も最高でした♪
バスケットボールのストリップ対決、参加して負かしたい(クリスならきっとわざと負けてくれると見込んで)笑。

『最低で最高のサリー』は期待度高めで見てしまって、僕的には普通の域でした(もちろん悪くはなかったけど)。
やっぱりまだまだ『(500)日のサマー』を超える作品とは出逢えない感じ(はい、個人的な感覚です)。
丁度、この月は他にも同じタイプの映画を見てて(『ルビー・スパークス』と『今日、キミに会えたら』)、そっちの方が印象強かったので余計に分が悪い感じになっちゃいました。
マイケル・アンガラノくんは『エージェント・マロリー』で顔を認識したばかりだったので、彼の過去の出演作を調べたら「ああ!出てた!」というのが何本かありました♪

『ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-』は94分という尺が短くて(これって本国ではTVMなんだね)、事故以前の選手同士の友情が今一つ伝わって来なかったので、その辺りを120分くらいでもう少しじっくりと描いてほしく思えた作品でした。
もしあの時、リーグの偉いさんが試合の日にちを融通してくれていたら、誰も不幸にならなかったのにね(あのおじさんが戦犯だと強く思ってしまったよ)。
似た題材を描いた『マシュー・マコノヒー マーシャルの奇跡』が良かったのもあって、これもそっちの印象の方が強く残っていた感じかな。
逆に『スノーホワイト』はほとんど期待せずに見たせいかなかなか楽しめたよ(え?)。
僕的には英国の名バイプレイヤーで固めた小人たちが可愛く見えてツボでした♪
ジャック・オコンネルくんがミヒャエルと共演した映画って『バイオレンス・レイク』だよね。
この映画、二度と見たくない映画の上位に入ってるよ。
あー、確かにこの作品に出てくる子どもたちは誰もが“クソガキ”だったよね(爆)。

・・・久しぶりにrogueさんとゆっくり対話できて満足です♪
2013.05.09 22:57 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1485-137fdb1f
該当の記事は見つかりませんでした。