共謀者。

声をかくす人
『声をかくす人』(アメリカ/2011)
◆感想◆
ロバート・レッドフォード監督の過去作『クイズ・ショウ』(1994)と
『大いなる陰謀』(2007)に通ずるような対話を中心とした法廷劇。
良くも悪くもロバート・レッドフォード監督らしい手堅い演出だった。
一時のクリント・イーストウッド監督作にも言える事だが、
その演出が生真面目すぎて娯楽映画としての面白味に欠けるかもしれない。
淡々とそこで起きた事実だけを観客に伝えていくので、
時として道徳的な教育映画を観ているような気分になる。
勿論、伝えたいメッセージ性は理解できるのだが。
邦題の“かくす”には「罪をかくす」、「息子をかくす」、「正義をかくす」など
色々な意味を含むのだろうと推察。
国家や大義の為に罪のない人間をまるで魔女狩りの如く、
犠牲にしようとする軍部の無神経さに苛立ちを覚える。
この物語の主人公である実在した人物、
フレデリック・エイキン(ジェームズ・マカヴォイ)が
この裁判の後に弁護士を辞めた気持ちも解らなくはない。
お目当てのジェームズ・マカヴォイは
徐々に正義へと目覚めていく弁護士の様が本当によく似合っていて、
その善き人柄が内面から滲み出ているように感じられた。
冒頭でリンカーン大統領が暗殺された直後、
彼が馬車によじ登りその光景を見ている時の表情(顔半分が陰になっている)が印象的。
エイキンが一睡もせず早朝にある人物を訪ねた際に、
手で顔をクシャクシャする何気ない仕草も好きなシーンのひとつ。
演じるマカヴォイくんがエイキンの人柄を良く表しているシーンでもあったと思う。
物語のハイライトはやはりラストシーンで、
エイキンが服役しているジョン・サラット(ジョニー・シモンズ)を訪れた際に、
ジョンから告げられる言葉「あなたこそ(彼女の)息子だ」だった。
なぜメアリー・サラット(ロビン・ライト)の実の息子であるジョンが
その母親を犠牲にしてまでかくれ続けるのか理解に苦しんでいたのだけど
(当時の女性が死刑になると思っていなかったと言えども)、
あの一言でどこか赦せてしまうものを感じた。
本編終了後に映し出されるスタッフ&キャスト・クレジットの中、
演じた俳優たちのセピア色の写真が美しかった。
こういう風にキャストをひとりひとり紹介していく趣向は好きだ。
この作品は脇を支える俳優陣も豪華で、
個人的にはアレクシス・ブレデル(マカヴォイくんの恋人サラ役で驚く)、
ジェームズ・バッジ・デール
(『SHAME -シェイム-』でマイケル・ファスベンダーと共演)、
トビー・ケベル、ジョナサン・グロフ、ノーマン・リーダスの登場が嬉しかった。
声をかくす人声をかくす人②
声をかくす人③
声をかくす人④声をかくす人⑤
◆予告編◆

◆満足度◆
★★★★☆
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1456-ae9782ae
該当の記事は見つかりませんでした。