ヴィンセントは海へ行きたい。

ヴィンセントは海へ行きたい
『ヴィンセントは海へ行きたい』(ドイツ/2010)
◆粗筋(WOWOWより引用)◆
トゥレット症候群を患う青年ヴィンセントは、
母の葬儀の最中でも自分を抑えられない重度のチック症状などに悩まされていた。
政治家の父に、半ば強引に療養施設に入院させられたヴィンセントは、
自由が制限された生活に不満を募らせていく。
そんなある日、
イタリアの海に散骨してほしいという母の願いをかなえたいと思っていた彼は、
強迫性障害を抱えるアレクサンダー、
摂食障害のマリーと共に施設を抜け出して海へと向かう。
◆感想◆
WOWOWシネマの“ジャパンプレミア”で鑑賞。
重くなりがちなテーマをユーモアを交えながら描き、
どこか爽快感さえ味わえるようなロードムービー仕立ての秀作。
キャスト=登場人物が魅力的かつロケーションが美しいので惹き込まれながら見ていた。
主演と脚本を兼任したヴィンセント役の
フロリアン・ダーヴィト・フィッツ(37、身長186㎝)の
親近感持てるハンサムぶりにノックアウト。
フロリアン・ダーヴィト・フィッツ
ヴィンセントは海へ行きたい
ヴィンセントは海へ行きたい②
ヴィンセントは海へ行きたい③
ラストでヴィンセントが口にする台詞と
大好きなTrainの『Hey Soul Sister』が流れた時点で、
感情が大きく揺さぶられ大泣きしてしまった。
『なんだかおかしな物語』と同じく、
映画館で観ていたら間違いなく今年のベストテンに入っていたと思う。
改めて自分は米国よりも欧州の男優の方が好みなのだと実感。
特に英国とドイツとフランスに弱い。
大好きなアイルランド俳優のマイケル・ファスベンダーも、
ドイツの血が入っているから強く惹かれるのだろうな。
◆フロリアン・ダーヴィト・フィッツ@Felix Krüger - Gala Men◆
フロリアン・ダーヴィト・フィッツ
フロリアン・ダーヴィト・フィッツ②
フロリアン・ダーヴィト・フィッツ③
◆Train『Hey, Soul Sister』P.V.◆

◆ドイツ版予告編◆
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1443-8fa49bdc
該当の記事は見つかりませんでした。