スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャル・フォース。

スペシャル・フォーススペシャル・フォース②
『スペシャル・フォース』(フランス/2011)
◆粗筋(WOWOWより引用)◆
中東アフガニスタン。
フランス人女性ジャーナリストのエルサは、
この地に根強く残る女性抑圧を告発する記事を書くため取材を続けていた。
だが、そんな彼女の行動はタリバン組織の不興を買い、罠にはめられ拉致されてしまう。
組織は、エルサの現地随行員を殺害したビデオを公開し、
アフガン派兵を続けるフランス政府を脅迫する。
事態を重く見た仏政府は、
コバックス隊長率いる特殊部隊スペシャル・フォースの投入を決定する。
◆感想◆
WOWOWシネマの“ジャパンプレミア”で鑑賞。
ブノワ・マジメル(ティクタク役)とラファエル・ペルソナーズ(エリアス役)目当てで
見ただけなのに、予想外に良い出来だったので驚いた。
もっと娯楽性寄りのアクションがベースの作りなのかと思っていたのに、
意外としっかりとした骨太なドラマ仕立ての作風だった。
もちろん、エインターテインメントな要素も組み込まれていたけど。
フランス人女性ジャーナリストのエルサ(ダイアン・クルーガー)が中東で拉致された為、
フランス精鋭部隊“スペシャル・フォース”6人が彼女を救出しに行くという物語。
どことなく現代版『プライベート・ライアン』を彷彿させるようなものがあった。
こういうジャンルの映画を見ると、
誰一人として命を失わずに無事に帰還してほしいと願いつつも、
現実はそうはいかないのがとても哀しく映る。
鑑賞後もしばらくは余韻がずっと残ったままだった。
主要キャスト7人のチームワークは絶妙かつケミストリー効果も抜群で、
お目当てのブノワ・マジメルの役柄も誠実で好感が持てたし、
ややふっくらしていた容姿もこの役の為にか絞っていて格好良かった。
前述の『プライベート・ライアン』で
バリー・ペッパーが演じた狙撃手(ダニエル・ジャクソン二等兵)の如く、
登場シーンから素敵だったラファエル・ペルソナーズに完全ノックアウト&メロメロ状態。
どこか崇高な雰囲気を醸し出していて、本当に魅了されてしまった。
ラファエルとは秀作『ぜんぶ、フィデルのせい』(2006)以来の再会だったけど、
やはり今後も要注目なフランス男優。
ぜんぶ、フィデルのせい
ジョー・ライト監督の最新作『Anna Karenina』(英国公開中)に
アーロン・テイラー=ジョンソン演じるヴロンスキーの兄、
Alexander Vronsky役で出演しているようだし
(・・・という事は英語も堪能だよね?)、益々楽しみになってきた!
Anna Karenina
Anna Karenina②
ジョー・ライト監督の過去作『つぐない』の時はジェレミー・レニエを起用で、
『Anna Karenina』ではラファエル・ペルソナーズと来る・・・
なんて憎いキャスティング!
加えて、『La princesse de Montpensier』(2010)の日本解禁も切に希望する。
まだまだ諦めていませんので!
La Princesse de MontpensierLa Princesse de Montpensier②
・・・という訳で、ラファエルが余りにも素敵すぎたので、
メルヴィル・プポー以来となるフランス男優にどっぷりとハマってしまいましたとさ♪
◆キャラクター・フォト◆
スペシャル・フォース
スペシャル・フォース②スペシャル・フォース③
スペシャル・フォース④スペシャル・フォース⑤
スペシャル・フォース⑥スペシャル・フォース⑦
スペシャル・フォース⑧スペシャル・フォース⑨
◆フランス版予告編◆

▲ ◆キャラクター・フォト ELIAS編◆
ラファエル・ペルソナーズ 01
ラファエル・ペルソナーズ 02
ラファエル・ペルソナーズ 03
ラファエル・ペルソナーズ 04
ラファエル・ペルソナーズ 05
ラファエル・ペルソナーズ 06
ラファエル・ペルソナーズ 07
ラファエル・ペルソナーズ 08
ラファエル・ペルソナーズ 09
ラファエル・ペルソナーズ 10
ラファエル・ペルソナーズ 11
ラファエル・ペルソナーズ 12
ラファエル・ペルソナーズ 13
ラファエル・ペルソナーズ 14
ラファエル・ペルソナーズ 15
ラファエル・ペルソナーズ 16
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1442-d48942f8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。