2012年1月ショービズ・リスト(TV)。

1月に家で鑑賞したショービズ。

●TV(映画)●
◆ザ・タウン◆(アメリカ/2010)
【ここは全米最悪、強盗と犯罪の街(タウン)。】
ザ・タウン
MEMO:WOWOWシネマ
2012.1.30
五つ星評価:★★★★☆
原題:『タウン』
見た理由:ジェレミー・レナーが出演しているので。
一言:確かに言われてみれば、『ヒート』(1995)を思い出すような。
主演も兼任したベン・アフレックの監督としての才能に魅了された感あり。
久しぶりに彼を格好いいと思えた。
ジョン・ハムはもっと映画界で活躍すべき俳優だと思う。
お目当てのジェレミーは『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』での
“善”の姿も最高に素敵だったけど、今作での感情表現の仕方は別として
友情に厚く一本筋が通った“悪”の姿もCOOLで良かった。
特にクライマックスでの警官姿にメロメロ状態に。
長丁場となる150分の“エクステンデッド・バージョン”もいつか見てみたい。

◆シュレック フォーエバー◆(アメリカ/2010)
【さらばシュレック。さらばおとぎの国。】
シュレック フォーエバー
MEMO:WOWOWシネマ
2012.1.30
五つ星評価:★★★☆
原題:『シュレック いつまでも後に』
見た理由:好きなアニメ・シリーズなので。
一言:一端、振り出しに戻ってのパラレルワールド風な内容で、
シリーズ第4作目というよりはアンコール編的に思えた。
やっぱり長ぐつをはいたネコがどんな姿でも一番可愛い。笑

●TV(海外ドラマ)●
◆サウスパーク シーズン8◆(アメリカ/2004)
【田舎町サウスパークを舞台に、一見可愛らしい小学生たちが繰り広げる、
シュールでブラックジョーク満載のアニメ】
サウスパーク8
MEMO:FOX bs238(日本語吹替版)
2011.10.3-2012.1.2(全14話)
五つ星評価:★★★★★
見た理由:好きなアニメ・シリーズなので。
一言:WOWOWでのシーズン7以来の再会が嬉しすぎる。
ディズニーには絶対に描けないブラックジョークがツボにハマりまくり。
ブラックジョークだけじゃなく、最後はきちんと説得力あるスピーチも用意されているし。
これまで一番好きなキャラクターはケニーだったけど、今回はバターズがお気に入りに。

◆ホワイトカラー◆(アメリカ/2009-2010)
【自由の代償は、彼の“頭脳”だった──。】
ホワイトカラー
MEMO:ABCテレビ(『ホワイトカラー “知的”犯罪ファイル』/日本語吹替版)
2011.10.19-2012.1.18(全14話)
五つ星評価:★★★★★
見た理由:評判が良かったのとマット・ボマーが気になったので。
一言:素直に『面白い!』の一言に尽きる。
物語はもちろんだけど、主要人物4人の関係性が見ていて楽しい。
特にニール(マット・ボマー)とピーター(ティム・ディケイ)のコンビぶりが好き。
マット・ボマーの美しい容姿にも注目。

以上。
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1334-16a69f9f
該当の記事は見つかりませんでした。