’11十弐月ショービズ・リスト。

12月に鑑賞したショービズ。

●映画館●
55◆50/50 フィフティ・フィフティ◆(アメリカ)
【人生、あきらめるには早すぎる。】
50/50 フィフティ・フィフティ
MEMO:TOHOシネマズなんば本館(プレミア/デジタル上映)
2011.12.6 13:50
シネマイレージデイ1300円
単独
点数評価:83点

56◆タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密◆(アメリカ)
【今、勇気ある冒険が始まる。】
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
MEMO:TOHOシネマズなんば本館(スクリーン2/3D上映)
2011.12.6 16:45
前売り券1300円+3D料金400円
単独
点数評価:80点

57◆ラブ&ドラッグ◆(アメリカ)
【愚かな僕と勝ち気な彼女の○●○】
ラブ&ドラッグ
MEMO:シネマート心斎橋(スクリーン1/デジタル上映)
2011.12.15 14:15
会員サービスデー1000円
単独
点数評価:78点

58◆ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル◆(アメリカ)
【不可能を超えろ。】
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
MEMO:なんばパークスシネマ(シアター7)
2011.12.17 12:15
前売り券1300円
奥野
点数評価:84点

59◆ニューイヤーズ・イブ◆(アメリカ)
【今日一日の勇気が、希望の年を連れてくる。
大晦日のニューヨーク──
失くした絆を取り戻そうとする8組の人々に起きる、奇跡の物語。】
ニューイヤーズ・イブ
MEMO:なんばパークスシネマ(シアター6)
2011.12.23 19:45
ポイント鑑賞0円
奥野
点数評価:75点

60◆ミラノ、愛に生きる◆(イタリア)
【わたしの『扉』が、いまひらく】
ミラノ、愛に生きる
MEMO:梅田ガーデンシネマ(シネマ1)
2011.12.27 14:10
招待券0円
単独
点数評価:65点

61◆宇宙人ポール◆(アメリカ=イギリス)
【ヒッチハイクしてきたのは・・・なんとエイリアン!?
友情は星を超える!】
宇宙人ポール
MEMO:シネ・リーブル梅田(シアター1)
2011.12.28 14:10
ポイント鑑賞0円
単独
点数評価:81点

●TV(映画)●
134◆奇跡のシンフォニー◆(2007/アメリカ)
【きっと会える。この音の先に、愛が聞こえるから。】
奇跡のシンフォニー
MEMO:WOWOWシネマ
2011.12.4
五つ星評価:★★
見た理由:アレックス・オロックリンが端役で出演しているので。
一言:甘ったるくご都合主義な展開にあざとさを感じてしまった。
主演のフレディ・ハイモアはCUTEだったけど。

135◆クライシス・オブ・アメリカ◆(2004/アメリカ)
【全ては、あなたの知らないところでコントロールされている!】
クライシス・オブ・アメリカ
MEMO:WOWOWシネマ
2011.12.4
五つ星評価:★★★★
見た理由:昔から見たいと思っていた作品だったので。
一言:常にその先の真相が気になりつつ、ハラハラドキドキしながら見ることが出来た。
ジョナサン・デミ監督のサスペンスフルな演出と俳優陣の確かな演技力が見応えあり。

136◆ラスト・アサシン◆(2011/フランス)
【『オーケストラ!』『イングロリアス・バスターズ』で大注目!
フランス映画界で今もっとも輝く女優、メラニー・ロラン主演最新作!】
ラスト・アサシン
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2011.12.4
五つ星評価:★★
見た理由:メラニー・ロラン主演作なので。
一言:ヒロインが暗殺者の設定にも関わらず、全くハラハラドキドキすることがなかった。
キャスティングは良かっただけに勿体なく思える。
クロヴィス・コルニアックとクリストファー・スティルスは僕的に要CHECK。

137◆ディボース・ショウ◆(2003/アメリカ)
【結婚──この世で最も危険な約束。】
ディボース・ショウ
MEMO:WOWOWシネマ
2011.12.4
五つ星評価:★★★☆
見た理由:ジョエル・コーエン監督&ジョージ・クルーニー主演作なので。
一言:ジョージ・クルーニーのコミカルな魅力を再発見。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズはこの役にピッタリ。
ポール・アデルスタイン(リグレー役)のキャラクターが妙に可笑しくて印象に残った。

138◆熟れた本能◆(フランス/2009)
【40歳を過ぎた人妻が、もう一度“女”になってゆく──
『イングリッシュ・ペイシェント』のクリスティン・S・トーマス主演の官能ドラマ!】
熟れた本能
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2011.12.5
五つ星評価:★★★
見た理由:題材とキャストに惹かれたので。
一言:主人公(クリスティン・スコット・トーマス)の一連の行動は
覚悟と筋が通っていたので、腹立だしく感じることはなかった。
彼女の最後は哀れに思え、幸せであるようにも映っていた。

139◆きみがくれた未来◆(アメリカ/2010)
【サム、最愛の弟。ずっと一緒だよ。つないだ手は一生離さない。】
きみがくれた未来
MEMO:WOWOWシネマ
2011.12.5
五つ星評価:★★★☆
原題:『チャーリー・セーント・クラウド』
見た理由:ザック・エフロン主演作なので。
一言:ザック・エフロンの魅力を堪能できる作品で、
ザック版『シックス・センス』の趣あり。
お涙頂戴風に描いていなかったところに好感が持てた。

140◆シリアスマン◆(アメリカ/2009)
【人間のおかしさが、暴走する。】
シリアスマン
MEMO:WOWOWシネマ
2011.12.7
五つ星評価:★★★☆
原題:『ある真面目な男』
見た理由:ジョエル&イーサン・コーエン監督作なので。
一言:不条理で奥深い作品だった。
ユダヤについて詳しかったら、もっと理解できると思う。
コーエン兄弟監督作の良さが少しずつ解ってきたかもしれない。

141◆お家(うち)をさがそう◆(アメリカ/2009)
【さがしていたのは、とびっきりのしあわせ。】
お家(うち)をさがそう
MEMO:WOWOWシネマ
2011.12.7
五つ星評価:★★★★
原題:『遠くへ行こう』
見た理由:もともと映画館で観ようと思っていたので。
一言:穏やかで優しい気持ちになれるような作品だった。
初めてジョン・クラシンスキー(バート役)の良さに気づいた。
彼はヒゲがある方がいいね。バートのようなパートナーは理想かも。

142◆バッド・トリップ 100万個のエクスタシーを密輸した男◆(アメリカ/2010)
【『ソーシャル・ネットワーク』主演ジェシー・アイゼンバーグが、
再び危険な若者を演じる!
90年代後期NYで実際に起きた事件を描き、サンダンス映画祭を震撼させた衝撃作!!】
バッド・トリップ 100万個のエクスタシーを密輸した男
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2011.12.20
五つ星評価:★★★☆
見た理由:ジェシー・アイゼンバーグ主演作なので。
一言:ユダヤ人コミュニティを始めとする題材に興味深いものがあった。
この作品をジョエル&イーサン・コーエン兄弟監督が撮っていたら、
どういう仕上がりになっていたのだろうかと思ったり。

143◆誰かが私にキスをした◆(日本/2010)
【主人公はあなた!スクリーンの中で大恋愛!!あなたは誰を選びますか!?】
誰かが私にキスをした
MEMO:WOWOWシネマ
2011.12.20
五つ星評価:★☆
見た理由:アントン・イェルチンが出演しているので。
一言:とても間延びする作品だった。
構成力がもっとしっかりしていたら楽しめたとは思うけど、
いかんせん日米の俳優に表現力の差が・・・。

144◆ほぼトワイライト◆(アメリカ/2010)
【『トワイライト』シリーズの決定版!?ココから始める禁断の不純ファンタジー
すべてを吸われたい】
ほぼトワイライト
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2011.12.24
五つ星評価:★★
見た理由:好きなシリーズのパロディ版&マット・ランター主演作なので。
一言:本家の『トワイライト』シリーズにほぼ忠実に作ってあって、ほぼ笑えたかな。
お目当てのマット・ランター(エドワード役)よりも、
本家と同じくジェイコブ役のクリス・リッジの方が気になった。成人後の格好よさに驚く。

145◆ステップ・アップ3◆(アメリカ/2010)
【『ステップ・アップ』シリーズ第3弾!これが世界最高のダンス・バトル!
五感に響くダンスと音楽に彩られたストリート・ダンサー達の青春ストーリー。】
ステップ・アップ3
MEMO:WOWOWシネマ(劇場未公開)
2011.12.25
五つ星評価:★★
見た理由:リック・マランブリ主演作なので。
一言:ダンス・バトルのシーンは見応えがあったけど、
肝心の主人公(リック・マランブリ)が実際にメインで踊っていないのはどうかと思う。
仲間を統率するキャラクターだったけど、説得力を感じられなかった。

●TV(その他)●
◆COLDPLAY LIVE at NHK◆
【21世紀最大のロックバンド・コールドプレイ、NHKスタジオ・ライブ放送決定!!】
COLDPLAY
MEMO:NHK BSプレミアム
2011.12.31
五つ星評価:★★★★★
見た理由:COLDPLAYが好きなので。
一言:COLDPLAYをこんなに間近で観られる環境が羨ましく思える。
クリス・マーティンの仕草がいちいち可愛く、
寡黙なガイ・ベリーマンのGOOD LOOKINGぶりを改めて再確認。
名曲『Viva La Vida』は何度聴いても涙腺が緩むし、
最新シングル曲『Charlie Brown』はノリの良さが楽しい。
一年の締め括りとして見ることが出来て、本当に良かった。

以上。

▲ 2012年1月の鑑賞予定。

●映画館●
『パーフェクト・センス』
期待度:★★★☆
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』
期待度:★★★★

以上!
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1271-b33cb53d
該当の記事は見つかりませんでした。