’11COLDPLAY シングル・ベストテン。

COLDPLAYCOLDPLAY②
COLDPLAYのUK公式サイトの“RECORDINGS”に記載されている、
シングル20枚(『Brothers & Sisters』~『Paradise』)+
International Releaseされたシングルの中から
Elijahが選んだシングル・ベストテン
尚、『White Shadows』(June 2007 / Mexico Only)は
アートワークがない為、敢えて対象外とします。

『Viva La Vida』(June 12, 2008)
Viva La Vida
初めて聴いた時の衝撃と感動は忘れられない。

『Life In Technicolor ii』(February 2, 2009)
Life In Technicolor ii
聴いていると幸せな気持ちになれる。

『Fix You』(September 5, 2005)
Fix You
TVシリーズ『Glee』第3シーズンで、マシュー・モリソンを始めとするキャストが
カバーしているのを聴いて改めて名曲だと気づいたり。

『Every Teardrop Is A Waterfall』(June 3, 2011)
Every Teardrop Is A Waterfall
人生のクライマックスで聴きたくなるような幸せに感じる曲。

『In My Place』(August 5, 2002)
In My Place
初めてクリス・マーティンを手が届きそうな距離で見られた想い出深い曲。

『Christmas Lights』(December 1, 2010)
Christmas Lights
どこか寂しげで切ないメロディ。僕の中でX’mas時期の定番ナンバーになると言える。

『Lovers In Japan』(November 4, 2008 / International Release)
Lovers In Japan
メロディの良さはもちろんだけど、歌詞に“Osaka”と登場するのが素直に嬉しい。

『God Put A Smile Upon Your Face』(July 7, 2003 / European Release)
God Put A Smile Upon Your Face
ライブでアレンジが変わっていくたびにどんどん好きになっていく曲。

『Talk』(December 19, 2005)
Talk
僕にとって彼らと出逢えた記念すべき曲。特に『Talk (Thin White Duke Mix)』が好き。

『Speed Of Sound』(May 23, 2005)
Speed Of Sound
よくイントロで『Clocks』と混同してしまうけど(苦笑)、好き。

▲ 第11位以下(コメントは割愛)。

『The Scientist』(November 4, 2002)
The Scientist

『Clocks』(April 2, 2003)
Clocks

『Shiver』(March 6, 2000)
Shiver

『Paradise』(September 12, 2011)
Paradise

『Strawberry Swing』(September 14, 2009)
Strawberry Swing

『Yellow』(June 26, 2000)
Yellow

『Don't Panic』(March 19, 2001 / International Release)
Dont Panic

『The Hardest Part』(April 6, 2006)
The Hardest Part

『Trouble』(October 23, 2000)
Trouble

『Brothers & Sisters』(April 26, 1999)
Brothers & Sisters

21『What If』(June 27 2006, / France and Belgium Only)
What If

22『Violet Hill』(May 6, 2008)
Violet Hill

23『Lost!』(November 10, 2008)
Lost!

24『Lhuna』(Featuring Kylie Minogue)
(December 1, 2008 / Charity Single Release)
Lhuna
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1223-ed77dbd9
該当の記事は見つかりませんでした。