ヒトラー ~最期の12日間~(ドイツ=イタリア)

【彼の敵は世界 全てを目撃した秘書が今明かす、衝撃の真実。】

ドイツの戦争の歴史を見れたような気がする。
まるで分厚い本を2、3冊読んだ感じ。

ナチズムの影響力は本当に恐ろしい。
見ながらずっとそう思っていた。

歴史上の人物で一番惹かれるアドルフ・ヒトラー。
残虐な行為に惹かれるのでなく、
ひとつの国を動かせる程の統率力=カリスマ性をもてた事に対してだ。

ドイツが初めて描いたヒトラー像。
でもこの映画でも、彼が一体どういう人間だったのかは、よく解らないままで終わる。
ひとつのイコンとして描いていたように思う。

155分の長丁場の中、観終わって思った事は、
やはり【戦争をしてはいけない】という事。
その一言に尽きる。
戦争によって、罪のない多くの人間が苦しみ、その中で当たり前のように死んでいく。

ユダヤ人の虐殺に触れていたのは、最後の字幕のみ。
彼らがどのように亡くなっていったのか…。
それを考えると、ヒトラーの側近だった軍人の死に方は余りにも甘く簡単すぎる。

観ていて、救われたのは、ドイツ軍人の内科医だった。
精神状態がおかしくなりそうな状況の中で、人間性を失わず、生きる意味を見出していた。

逆にナチズムに影響されたある一家は、恐ろしい行動に出る。

日本人に一番近い感性を持つと言われるドイツ人。
もう二度と同じ出来事を繰り返さないように、ただただ祈るだけだ。

最後に、ひとつ。
ミーハーな見解で言えば、トーマス・クレッチマンの軍服姿は、正に理想のドイツ軍人だ。
あの時代の中であっても、お洒落である。

20051119195411.jpg

梅田ガーデンシネマ/藤原ちゃん

前売り券1500円→1500円

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/12-f0bd8fba
該当の記事は見つかりませんでした。