7年目のベスト5。

2011年8月14日。
今日でこのE!Placeを運営して丸6年が経ち、7年目に突入。
長いようで短いようなアッという間の7年、継続は力なりです。笑
今年は7年目を記念して、
“オールタイムベスト映画5”と“好きな映画俳優ベスト5”を選んでみた。

a.オールタイムベスト映画5
シンドラーのリスト(1993アメリカ)
監督:スティーヴン・スピルバーグ、主演:リーアム・ニーソン&ベン・キングズレー
シンドラーのリスト
アメリ(2001フランス)
監督:ジャン=ピエール・ジュネ、主演:オドレイ・トトゥ&マチュー・カソヴィッツ
アメリ
ムーラン・ルージュ(2001アメリカ)
監督:バズ・ラーマン、主演:ニコール・キッドマン&ユアン・マクレガー
ムーラン・ルージュ
恋におちたシェイクスピア(1998アメリカ)
監督:ジョン・マッデン、主演:グウィネス・パルトロー&ジョセフ・ファインズ
恋におちたシェイクスピア
つぐない(2007イギリス)
監督:ジョー・ライト、主演:ジェームズ・マカヴォイ&キーラ・ナイトレイ
つぐない
MEMO:基本、“映画は映画館で”というポリシーなので…
TV、ビデオ、DVD、ブルーレイではなくスクリーンで観た作品の中からチョイス。
ベストテンを選び出すにはかなりのエネルギーが必要なので(笑)、
あえてベスト5という形で。
どれも本当に大好きな作品たち。
①はユダヤ人とナチス・ドイツの関係性に強く惹かれることになったすべての原点。
②は堅苦しく難解なイメージがあったフランス映画を、
こんな可愛らしい作品もあるのだと意識改革。
③はミュージカルの魅力を最大限に活かした豪華絢爛さ。
④は英国劇作家ウィリアム・シェイクスピア好きにはタマらないものがある時代物。
⑤は当時の階級社会の切なさと儚さを巧みに描いた英国時代物。
この5作品に共通するのは偶然にも舞台がすべてヨーロッパだということ。
その辺りにも僕の映画に対する好みが表れているね。
ちなみに自分の意志で映画館で映画を観始めたのは1992年からです。

b.好きな映画俳優ベスト5
ライアン・ゴズリング(カナダ、30歳、身長185cm)
『ラブ・アゲイン』(11月19日日本公開)
ライアン・ゴズリングラブ・アゲイン
№1『ラースと、その彼女』(2007アメリカ)
№2『ブルーバレンタイン』(2010アメリカ)
ラースと、その彼女ブルーバレンタイン
ジェームズ・マカヴォイ(イギリス、32歳、身長170cm)
『アーサー・クリスマスの大冒険』(11月23日日本公開、声の出演)
ジェームズ・マカヴォイアーサー・クリスマスの大冒険
№1『つぐない』(2007イギリス)
№2『ペネロピ』(2006イギリス=アメリカ)
つぐないペネロピ
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(アメリカ、30歳、身長178cm)
『50/50』(12月日本公開予定)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット50/50
№1『(500)日のサマー』(2009アメリカ)
№2『インセプション』(2010アメリカ)
(500)日のサマーインセプション
ジェイク・ギレンホール(アメリカ、30歳、身長183cm)
『ミッション:8ミニッツ』(10月28日日本公開)
『ラブ×ドラッグ』(11月19日日本公開)
ジェイク・ギレンホール
ミッション:8ミニッツラブ×ドラッグ
№1『ムーンライト・マイル』(2002アメリカ)
№2『ゾディアック』(2006アメリカ)
ムーンライト・マイルゾディアック
ライアン・レイノルズ(カナダ、34歳、身長188cm)
『グリーン・ランタン』(9月10日日本公開)
ライアン・レイノルズグリーン・ランタン
№1『ラブ・ダイアリーズ』(2008イギリス=アメリカ=フランス)
№2『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』(2007アメリカ)
ラブ・ダイアリーズスモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
MEMO:“7年目”の今の気分で選んでみたベスト5。
好きな米国雑誌『GQ』と『DETAILS』からお気に入りのポートレイトと、
今年中に日本公開される新作映画のポスターで紹介。
プラス、彼らの出演作で僕が好きな上位2作品をピックアップ。
この5人はもう僕の中で“鉄板”。
男優って30代に入った辺りから“オイシイ”年頃になってくるのかな。笑
ちなみに“鉄板”はもうひとり居て、
それは誰かと言うとメルヴィル・プポー(フランス、38歳、身長183cm)↓
メルヴィル・プポー
№1『ぼくを葬る(おくる)』(2005フランス)
№2『ブロークン・イングリッシュ』(2007アメリカ=フランス=日本)
ぼくを葬る(おくる)ブロークン・イングリッシュ

…と言う訳で(!?)、今後も“大”の映画好きは変わらずに、
好きな俳優を追いかけながらBLOG=記録を続けていきたい。
これからもこのE!Placeをどうぞヨロシクです♪

関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

rogue says..."祝☆ 6周年"
王子! こんばんは♪

6周年おめでとうございます☆ これからも楽しみにしてます!

「オールタイムベスト映画5」も「好きな映画俳優ベスト5」も、
“王子らしさ”が表れててほんといい感じ。
でも「俳優ベスト5」はちょっとショックです。
だってマカヴォイくんがいちばんじゃないやん!あかん!

ジョセフくんとライアンは私も一時期ハマってたけど、
鉄板入りには至らなかったな(もちろん今でも好きやけど)。
でも王子が彼らのことを愛してくれてるからそれでいいのだ!
『50/50』のジョセフくん、すごい楽しみ~♪

<男優って30代に入った辺りから
“オイシイ”年頃になってくるのかな
まったく同感!男性って30超えるといい感じになるよね。
落ち着いた雰囲気も出てくるからかな。
魅力的になったなと感じる俳優さんがたくさんいる!
マルーン5のメンバーなんか特にそう感じるわ。
みんな30超えていい感じになった!

というわけで、これからも末永くよろしくです♪
2011.08.14 23:56 | URL | #saqCtuag [edit]
Elijah(管理人) says..."rogueさん。"
rogueさん

こんにちは!そしてお祝いのコメントどうもありがとう!!
rogueさんといつもこんな風にやり取りが出来て本当に嬉しく思ってるよ♪

両方のベスト5。ね、僕らしさ全開でしょ!笑
うん、“好きな映画俳優ベスト5”の1位はジェームズ・マカヴォイくんにはなりませんでした。
その日(2011年8月14日)の気分で選んだから、今はライアン・ゴズリングに夢中なのです♪
マカヴォイくんの新作『The Conspirator』が年内に日本公開の予定があれば迷わず1位にしてたんだけどね。
でも基本マカヴォイくんは僕の“殿堂”入りなので、ホントは常に1位だから安心してね☆
それよりもrogueさんのジョセフ・ゴードン=レヴィットとライアン・レイノルズへの好き度の下がり具合の方が軽くショックだよ。笑
ジョーの『50/50』、どんな仕上がりなのか今から楽しみだね!

やっぱり30代を超えるとイイ感じになってくるよね!
確かに若さだけじゃない落ち着いた雰囲気が出てくるもんね。
でも逆に最近気づいたんだけど…43歳を境に容姿が悪くなってくるって。
もちろん、カッコいいのはカッコいいんだけど、全盛期ほどではなくなってくるというか。苦笑
うん、MAROON 5。今はアダムよりもジェシーの“30代”な魅力にメロメロだよ♪
…と言う訳で(笑)、もちろんこれからも末永くどうぞヨロシクです☆
2011.08.15 13:11 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
湛 says..."Happy Anniversary♪"
Elijahさん 7年目突入まことにおめでとうございます♪
お祝いが遅くなってしまい申し訳ありません。
いつも充実した記事をUPされ、長く継続されて本当に凄い!
と、自分でやってみて実感してます。

Elijahさんの中では、やはり『シンドラーのリスト』がベストなんですね。
きっと一番心に残る作品というのは、鑑賞した時の心理状態なども影響し
深く心地良い印象が脳裏に留まるのかも知れません。
それで、その時と同じかそれ以上の身体一致した感動と快感を得なければ
記憶を塗り替えられないんじゃ?
・・・なーんて、自分の場合を考えてました。
いつかそれを超える感動作に会えるかも?という楽しみが続いていいですね。

そうそう!私もrogueさん同様で、「マカヴォイ君が一番じゃないの!」って思いましたよ(笑)。
でも殿堂入りと知り安堵しました。
しかし、やはり流石(?)の審美眼!男前で然も表現力のある俳優に着目するところが師匠!
あ・・・ジェイク④位ですが、ちょっと不安(^^A(でも私も似たようなポジションです。爆!)
それからメルヴィル・プポーは嬉しい♪と言っても深く知らない人なんですが、
『ブロークン・イングリッシュ』で「素敵♪」と思って、後からデュラスの『ラ・マン』出演と知って
「わお♪」な気分と記憶が薄れてたのがショックで・・・。でも地味に注目している一人なんです。

ということで、遅れ馳せながらで失礼致しましたが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します♪
2011.08.22 13:04 | URL | #nxzuATHA [edit]
Elijah(管理人) says..."湛さん。"
湛さん

こんにちは!お祝いのコメントありがとうございます!!
気づけばアッという間の7年目なんですが、やっぱり基本BLOGで書くことが好きだからこそ、ここまで続けていられるんだと思います。

『シンドラーのリスト』を観た当時は思春期で(年齢を逆算しないで下さいね…笑)、些細なことを大きく捉えて悩んでいる時期でした。
この作品を観終わった瞬間、『人間は生きれてるだけでいいんだ』と思えて、その些細な悩みが吹っ飛んでしまったんですよね。
それくらい衝撃的な歴史的事実を突き付けられた感覚に陥りました。
今はその当時、何を悩んでいたのかさえ記憶していないですけど。苦笑
なので湛さんが言われている通り、この作品を超えるような映画とはなかなかめぐり逢えていない状態ですね。

あはは。やっぱりElijah=ジェームズ・マカヴォイが№1の方程式なんですね。
はい、マカヴォイくんは殿堂入りなので安心して下さいませ。笑
ジェイク・ギレンホールは『ジャーヘッド』と『ブロークバック・マウンテン』の頃が自分的にいちばん好きな時期だったような。
もちろん今でも大好きなんですけど、ご覧の通り4位辺りを常にキープですね。笑
湛さんのメルヴィル・プポーへの反応が意外でした!ご存じだったんですね♪
『ブロークン・イングリッシュ』の彼はホントに素敵でしたよね!
実は『愛人/ラマン』をきちんと見たことがないので、いつかじっくり見てみたいと思っている一本なんです。
…ではでは、こちらこそこれからもどうぞヨロシクお願いします☆
2011.08.22 14:09 | URL | #d/k.Dt.. [edit]
sabunori says..."遅ればせながら"
Elijahさん、大変遅くなりましたがブログ7年目突入おめでとうございます!
(・・・ということは私も同様に7年目に突入してしまったようです)
オールタイム・ベスト5・・・ふむふむ、なるほど。見事にElijahさんカラーが出ていますね。
1位の「シンドラーのリスト」は劇場公開を観逃して以来なかなか観る勇気が出ない作品です。
いつかは観てElijahさんと感想を語りあいたいです☆
↑のコメントを拝見して「ラ・マン」にメルヴィル・プポーが出ていたのを初めて知りました。(恥)
なんたって主役の2人と女の子のお母さんしか記憶にない・・・!
もしかして彼女の兄??(なんていた?)などと勝手に想像しております。
ところで私もマカヴォイくんが1位じゃないのね!と思いましたー。

それにしてもまる6年という月日はやっぱり長いですよね。
最近はツイッターに押されてブログ人口も減少しているような気がしますが
それでも続けているヒトというのは
やっぱり「文章を書く」ことが好きなのだと思います。
お互いこれからも自分のペース&自分のカラーで続けていけたらいいですね。
改めましてこれからもヨロシクお願いいたします♪
2011.08.24 23:03 | URL | #JalddpaA [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん

こんばんは。お祝いのコメントありがとうございます!
同時にsabunoriさんのBLOGも7年目ですね。そちらもおめでとうございます!

“オールタイムベスト映画5”は本当に僕の趣味が全開というランキングになりましたね。
案外、すぐに決めることができました。
実は僕も『シンドラーのリスト』は映画館で観たきり、それ以降見たことがないんですよ。
DVDも持っていますし、WOWOWのハイビジョン放送でも録画したのがあるんですけど、なかなか見る勇気が出ないんですよね。
確実に精神的なエネルギーを失うことが想像つきますので。

『愛人/ラマン』のメルヴィル・プポーはそうです、少女(ジェーン・マーチ)の下の兄役の方ですよ。
sabunoriさんの記憶に間違いはなかったです。
あはは。やっぱりsabunoriさんもジェームズ・マカヴォイが“好きな映画俳優”№1だと思ってましたか!
もうすっかり僕のマカヴォイくん好きはここの皆さんに浸透しているようですね。笑

BLOG…本当に運営している人が少なくなってきていますよね。
数多くコメントが付いていた方のBLOGのコメントの数を見ると痛感するものがあります(うちは昔から弱小ですけど…苦笑)。
twitterはtwitterの良さがあって好きなんですけど、やっぱり僕がいちばん好きなのはBLOGですね。
sabunoriさんが仰る通り、“文章を書く”ことが子どもの頃から大好きですので♪
最近は映画館で映画を観ることがめっきり減っていますので、好きな映画俳優のポートレイト記事を載せることがメインになりつつありますが。汗
これからも細々と長~く続けていこうと思っていますので、こちらこそどうぞヨロシクお願いします!
2011.08.24 23:59 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1183-f4b7c870
該当の記事は見つかりませんでした。