一二七時間。

127時間127時間②
『127時間』(2010)
●観た理由●
ダニー・ボイル監督の新作なので。
題材に惹かれたから。
●豆知識●
物語:【断崖に挟まれ、動けなくなった男の実話という、過酷な設定。】
主人公:【タフなヒーロー気取りで、
人と深く交わらずに生きてきたアーロン・ラルストン(ジェームズ・フランコ)。
開放的な陽気さとクールな一面をあわせ持つ、魅力的な青年。】
ダニー・ボイル監督は当初、アーロン・ラルストン役にキリアン・マーフィを考慮していた。
ほかにもセバスチャン・スタンがアーロン役の候補だった。
ケイティー・フェザーストンはクリスティ役のオーディションを受けている。
何らかの役でジェナ・マローンはオーディションを受け、レイク・ベルは候補のひとりだった。
●覚え書き:この映画を観て思ったこと●
観終わった瞬間に思いついた言葉は…『完璧!』だった。
オープニングとエンディングが一致する着地点が素晴らしい。
冒頭からタイトルがクレジットされるまでの疾走感と
物語の“あの”締め括り方に『ヤラれた!』と感じずにはいられなかった。
ダニー・ボイル監督のダイナミックかつ緩急ある演出、
ダニー・ボイル&サイモン・ビューフォイの優れた脚本、
アンソニー・ドッド・マントル&エンリケ・シャディアック両撮影監督の美しすぎる映像、
ジョン・ハリスのキレが冴え渡る編集、
A・R・ラフマーンの迫力ある音楽は『文句なし!』のひと言に尽きる。
大音量の効果音にもビックリさせられたり。
そして、ジェームズ・フランコの演技も本当に素晴らしかった。
これまで彼の出演作の中では『ミルク』(2008)のスコット・スミス役が
いちばんだと思っていたけど、
今回のパフォーマンスは文句のつけようがないくらいキャラクターに対する的確さがあった。
上映時間僅か94分ながら、それ以上に畳み掛けるようなスピーディーな展開で、
アーロンの“脳内映像”のおかげもありただの一度も飽きることはなかった。
主人公の“生”への執着と渇望が凄まじく。
アーロンの『生きたい!』という想いがひしひしと伝わってきた。
その想いに共鳴してしまい、最後の方になると僕は気づけば大泣きしていた。
最大のハイライトと言っても過言ではない“衝撃”のシーンは、
絶対に目を逸らしてはいけないと思いながら歯を食いしばって観た。
ある意味、観客に対する拷問のようにも思えたり。
再びこのシーンを見るにはかなりの勇気が要るな。
アーロンが現場を立ち去る時、
自分の“一部”に『ありがとう』と言うことができる冷静さと精神力の強さに感銘させられた。
鑑賞後は自分が口にするペットボトルの底が見えてくる度に、
アーロンの“あの時”の想いがフラッシュバックして切なくなってしまったな。
外出する時に誰かに行き先を告げていくことは大事だよね。
Elijah家は昔から当たり前のように実践しています。
…僕の2011年年間ベストテン入り確定!
ちなみにダニー・ボイル監督の次回作は犯罪スリラー『Trance』(2012年英国公開予定)。
ジョー・アハーン監督の英国TVM『Trance』(2001)のリメイク作で、
主演俳優がジェームズ・マカヴォイであることが嬉しいのと
監督デビュー作『シャロウ・グレイブ』(1995)のような仕上がりに期待したいところ。
更にボイル監督はロンドンオリンピック(2012年7月27日開幕予定)の
開幕式の芸術監督を務めることも決まっています。
●ダニー・ボイル監督作の好きな順番●
『トレインスポッティング』(1996)
『127時間』(2010)
『ミリオンズ』(2004)
トレインスポッティング127時間ミリオンズ
『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)
『シャロウ・グレイブ』(1995)
『28日後...』(2002)
スラムドッグ$ミリオネアシャロウ・グレイブ28日後...
『サンシャイン2057』(2007)
『普通じゃない』(1997)
『ザ・ビーチ』(1999)
サンシャイン2057普通じゃないザ・ビーチ
●満足度●
★★★★★

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

sabunori says..."次回作も楽しみです。"
Elijahさん、こんばんは。
ブログの模様替えですか。面白いレイアウトですね♪
青空に雲の写真もステキ。(私雲フェチなんです)
ところでこの作品、よかったですねぇ。
あの「127時間」というタイトルの出るタイミングも「おっ」という感じで。
いつもながらの疾走感、躍動感、色の洪水もワクワクしましたし
あの苦しい状況の中で1日15分間だけ身体に当たる日光のありがたみを感じるエピソードも印象的でした。

ところで・・・「ビーチ」もダニー・ボイル作品でしたか。
私アレだけは(って全作観ているワケではありませんが)少々ムムム・・・でした。
2011.07.21 21:03 | URL | #- [edit]
Elijah(管理人) says..."sabunoriさん。"
sabunoriさん

こんばんは。TBありがとうございます。
久しぶりに大幅にテンプレートを変えてみました。
このレイアウトにひとめ惚れしたんです。笑
ただ、コメントの編集機能が使えない仕様ですのでご迷惑をお掛けするかもしれません。
一発勝負でお願いします!笑
この青空も気に入った理由のひとつなんですよー。
sabunoriさん、雲フェチだったんですね♪

『127時間』本当に良かったです!
タイトルがまだ出ていなかったことをあの瞬間に思い出して(笑)、『巧い!』と唸らされましたね。
ダニー・ボイル監督の演出は心地いいですよね。
日常生活で当たり前のように陽を浴びていますが、ああいう時にこそ有難みに気づくのだと感じました。

『ザ・ビーチ』僕もご覧の通りに最下位です。
ボイル監督作はすべて映画館で観てきたんですが、この作品だけは鑑賞直後にブーイングしたことを今でも憶えています。苦笑
2011.07.22 00:33 | URL | #d/k.Dt.. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://eplace.blog19.fc2.com/tb.php/1177-78b20596
127時間
アーロン・ラルストン(ジェームス・フランコ)はある晩いつものように 1人でロッククライミングを楽しむためユタ州のブルー・ジョン・キャニオンへと出発する。 慣れ親しんだその場所で道に迷っている女性たちのガイド役を買って出るアーロン。 ところが彼女たちと別?...
該当の記事は見つかりませんでした。